令和元年度新着任研修

今年度の新着任研修も終了しました。
今年度は新転任者が例年になく多かったのですが、熱心に受講していただき、聴能・自立活動・手話など聞こえない子たちを教える教員として必要なことを身につけていただくことができました。
 
毎夏恒例の聴覚障害研究会を7月26日に行いました。
今年度は、午前は元・本校職員、井上良子先生による発音指導について実技を交えての講演、午後は島根県立松江ろう学校校長、福島朗博先生による、聴覚障害児を育てることについての講演を行いました。
地域の難聴学級担当教員等、外部から36人の参加があり、熱心に研修していただきました。
 


(アンケートから)
〇午前の部
・実際の映像や具体的な教具・教材を使っての方法を見せていただき、大変わかりやすかった。
・発音指導のポイントや指導の仕方に関する知識や指導方法をたくさん知ることができた。
・すぐに実践できるわかりやすい講義だった。もっと長時間ご講義を受けてみたい。
・VTRでの指導の実例は、子どもとのあたたかくも厳しいやりとりの中に、先生のお人柄やろう教育の愛情が感じられ、感激しました。
〇午後の部
・聴覚障害のある福島先生の体験談やお話を聞けて本当によかった。感動した。
・子ども達に自己肯定感を与えられる教員になりたい。
・子どもに寄り添った聴覚支援の方法、視覚支援の方法、語彙を増やすための手立て等、実践的な支援方法について学ぶことができた。
 
「平成31(令和元)年度特別支援学校教職員資質向上事業公開講座」にお越しの際は、公共交通機関をご利用下さい。校内に駐車はできません。ご協力をお願いします。
 

平成31年度特別支援学校教職員資質向上事業公開講座

名前
作成日
 

平成30年度 研究紀要について

研究紀要を発行いたしました。

○学校としての研究テーマ
充実した言語活動を通して、学力を伸ばし、豊かな心を育む授業づくり
~個を活かした支援のあり方~
○各学部のテーマ
【保育相談部・幼稚部】
「言語発達を促し、豊かなコミュニケーションを育む支援の工夫」
【小学部】 
「個に応じ、確かな言語の力を身につけさせるための支援」
【中学部】  
「自ら考え、評価し、表現する力を伸ばすための支援の工夫
~トゥールミン・モデルを取り入れた授業づくり~」
【高等部】
 「卒業後の社会自立をめざし、自主的に学び、考える力を伸ばす授業の工夫」
【寄宿舎】
 「生きる力を育む寄宿舎生活~豊かなコミュニケーションをめざして~」

研究紀要をご希望の向きは、本校研究研修部・小西(下記メールアドレス)までお申し出ください。
himeji-shn-ke@hyogo-c.ed.jp
 

平成30年度公開講座報告

平成30年度公開講座の報告はこちらにアップしています。ご覧ください。
平成30年度公開講座 報告.pdf
 

研究研修部の担当領域

〇職員研修会(新着任・全職員)の計画・実施
〇聴覚障害教育研究会の計画立案・実施
〇校内研究会・研究授業などの計画・事後研修の運営
〇近畿聾教育研究会・全日本聾教育研究会運営協力
 

研究研修部 平成30年度 指導の重点

(ア)聴覚障害に対する専門性の高い教育実践をめざし、職員研修会を計画し、実施する。
(イ)各学部で、研究・公開授業等、計画的に授業研究を行い、指導力の向上を図る。
(ウ)各学部・寄宿舎においてそれぞれのテーマに基づいて校内研究会を行い、教職員の資質向上を図る。
(エ)聾教育研究会(全日本聾教育研究会・近畿聾教育研究会)やその他関連機関への協力を行う。
(オ)地域の聴覚障害教育のセンター的役割を果たすための啓発的研修を実施する。
 

10月5日 近聾小学部研

参加:10校13人

内容:小学部授業公開(学習グループ別各教科・縦割りグループ「みんなの国語」)

研究発表・協議

実践発表

提案授業についての説明

グループ討議       

全体討議・情報交換

(感想から)

・研究テーマに基づいた課題別異学年集団の実践で、視点をしぼって参観できた。

16年まで全ての授業を見られてよかった。

・情報交換をして、どの学校も同じような課題があること、それに対して様々な取

り組みをされていることがわかって参考になった。

※来年度は京都府立聾学校が担当校となる。

 

9月27日 近聾研早期研

参加:11校19人

内容:幼稚部見学・保育相談部公開保育(1歳「親子あそび」2歳「おつきさまとあそぼう」)

公開保育についての質疑応答

本校の概要説明とアンケート報告

アンケートをもとにした研究協議

・早期教育の内容  ・保護者研修について

・人工内耳装用児、軽度中等度難聴児の現状と課題

3歳児からの進路の現状と課題

    ※今後の早期教育の在り方について、保育の内容・形態、学校の仕方、地域に進んだ子どものフォロー方法などの面から、金沢大学の武居先生との懇談の内容も盛り込みながら、意見を交換することができた。来年度は滋賀県立聾話学校が担当校となる。

 

9月22日 「手話と日本語」講演会(午前:保護者 午後:教職員)

金沢大学教授・武居渡先生は、聞こえる世界と聞こえない世界の両方を知るコーダ

Coda,Children of Deaf Adults:聾の両親を持つ聞こえる子ども)として、日本語と

手話の世界のどちらに関しても造詣が深く、聾教育の専門家として大活躍されてい

ます。

聴覚障害のある子どもたちと関わる中で、コミュニケーションというものをどう

とらえていくべきか、手話をどうとらえ、子どもたちの育ちにどう生かしていく

べきなのか、さらには、聞こえない子どもたちのアイデンティティ形成における、

周りの大人たちの「聞こえない」ことに対するとらえ方の影響などについても、

示唆に富んだお話をお聞きすることができました。

 

感想

(保護者)

・手話の大切さを改めて感じた。

・強く心に残ったのは(障害の受け止めは)「周りの大人の問題」ということです。

・「コミュニケーションとは」のお話がわかりやすく、これからは子どもに向けて

丁寧に話をしていきたい。

   ・「分かる手段は一つより二つがいい」というお話を聞いてがんばって手話もして

いきたいと思った。

   (教職員)

   ・大変勉強になり考えさせられる内容だった。保護者と共有できて良かった。

・ろう者のアイデンティティ、「自己認識」について、改めて考えることができた。

・手話を共通言語とする教育を継続し、積極的に手話を活用していきたい。

・「わかる経験を十分にしておくことで分からないことが分かるようになる」とい

う言葉が印象的だった。「わかるということがわかる」「わからないということが

わかる」「もう一度言ってください」と言える子に育てたい。

・聾学校が、聞こえない子どもたちの学校として存続していくよう、手話を途切れ

させないよう頑張りたい。

 

聴覚障害教育研究会

地域の聴覚障害教育のセンター的機能として、毎年行っている研究会です。
午前中は本校教員が講師となっての講習会、午後は講演会です。
今年は県下から聴覚障害教育に携わっておられる先生方28人をお迎えし、7月31日に行いました。
                           
 

職員研修会

新着任研修
4月5日   聴覚障害教育についてのガイダンスと手話入門研修(「手話とは何か」・始業式で使う
       自己紹介と校歌の手話)を行いました。新着任の先生方のフレッシュなまなざしが印象
       的でした。
4月12日  耳の聞こえのしくみについて
4月26日  自立活動について
5月15日  聴力測定とオージオグラム
7月27日  聴能についての研修を自立活動部の職員を講師として行いました。

1学期を通して

       放課後に手話奉仕員養成講座のテキストをもとに、12回の手話研修を行っています。
       みなさんめきめき腕を上げました!夏休みには手話のまとめテストも行いました。
       担任の子どもの聴力測定見学を含めた授業見学の期間を設けています。


全職員研修
7月27日   聴能研修を自立活動部の職員を講師として行いました。
7月31日   講演会「聴覚障害と人工内耳」をもちました。
9月22日   金沢大学の武居渡先生をお招きして講演会を開きます。
2学期     全日聾研報告会を開きます。
 

10月8日更新

 

10月1日更新

 

10月1日更新

 

9月11日更新

 

9月6日更新

 

9月2日更新

 

8月29日更新

 

8月22日

 

7月9日更新

 

6月14日更新

 

2018年10月10日更新