産業工芸科から工業技術科へ

産業工芸科は平成25年度から工業技術科へ変わりました。
 

高等部 工業技術科 教育目標

もの作りを通して、工業に関連した専門的な知識と技能を習得させる。
 

平成30年度 工業技術科の取り組み

 高等部工業技術科では、今年度「公益財団法人俱進会」様より助成をいただきオリジナルマインド社のCNCフライス盤「KitMill RZ300」を購入しました。
 学科が産業工芸科から工業技術科に変わり、教育内容も電気・機械・情報を学ぶようになりました。しかし実習設備が不足しており、どのようにして設備を整えるかが課題となっていました。
 聴覚障害を持つ生徒も、他の工業高校の生徒と同じような環境で学ぶことができるようにと、助成に応募し、採択され、購入することができました。
 
    RZ300                                    切削した結果
 

平成29年度 工業技術科の取り組み


姫路工業高等学校溶接科での共同授業

 工業技術科では今年度(2017年度)も、姫路工業高校溶接科で共同学習を行っています。
 工業技術科からは、2年生1名、3年生2名が参加しています。
 
 

ロボットを利用したものづくり教育 

 高等部工業技術科では、今年度「中谷医工計測技術振興財団」より科学教育振興助成をいただきました。

 この助成金で「レゴマインドストームEV3」を購入し、「ロボットを利用したものづくり教育」を工業技術科の授業で行います。
 授業に先立ち平成29年5月24日(水)に「レゴマインドストームEV3」の教員向けプログラミング研修会を行いました。
   

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が平成28年4月から施行され、「・・・合理的配慮を的確に行うために・・・必要な環境の整備に努めなければならない・・・」とされています。工業技術科の生徒が学んだ知識や技術を活かして、環境改善に役立つものを作ろうとしています。
 小学部からの依頼で製作したものをいくつか紹介します。
①スロープ
 教室と中庭を行き来する所に窓枠があり段差ができています。車いすを利用する児童もおり、スムーズに出入りできるようにスロープを造ってほしいという依頼を受けました。必要な大きさを実測し、木材の加工を行い、屋外で使用に耐えられるように塗料を塗りました。
  

②書見台
 教室で教科書を読むときに、本を立てて読めるような台が欲しいと依頼を受けました。本を立てたときに、めくれないように透明なストッパーもつけました。
 
 

平成28年度 工業技術科の取り組み

文化祭準備
 工業技術科では、文化祭に向けて準備を始めています。例年「製作物販売」、「ものづくり体験教室」、「授業紹介」をしていますが、今年は「ゲームコーナー」を開設します。
 現在実習の授業の中でプログラミング言語「スクラッチ」を使い、ゲームを制作中です。
 


寄宿舎
ネットワーク工事
 寄宿舎のLANが接続できなくなっていました。事前にLANケーブルへコネクタを取り付ける方法を練習して工事をしました。
 
壁の剥離
 寄宿舎では雨漏りがあるために、雨が壁にしみこみ、カビが生え、腐り始めています。工業技術科では、校務員さんと一緒に、応急処置として壁を剥がす作業をしました。
  

姫路工業高校での共同授業
 工業技術科の2年生は、2学期の8日間姫路工業高校溶接科で溶接を学んでいます。
 工業高校生が学んでいる同じ施設で、実習に合流し、彼らの授業を受ける姿勢に学び、技術を身につけようとしています。
 本校を卒業すれば一般企業に勤める生徒もいるため、在学中から校外の世界に触れることが大切です。この共同授業を通じて彼らがどれだけ変化するか、楽しみにしています。
 

 

平成30年度入学生 教育課程

 123456789101112131415161718192021222324252627282930




A


科学

人間
社会




コミュ
ニケー
ション
英語
基礎 
工業
技術
基礎














総合
的な
学習

時間 
L
H
R









A


A


コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ














総合
的な
学習

時間 
L
H
R
















コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ














総合
的な
学習

時間 
L
H
R
・背景色がついている科目は専門科目です。
・選択は「工業数理基礎」「電気基礎」「機械設計」から選びます。
 

平成29年度入学生 教育課程

 123456789101112131415161718192021222324252627282930




A


科学

人間
社会




コミュ
ニケー
ション
英語
基礎 
工業
技術
基礎














総合
的な
学習

時間 
L
H
R









A


A


コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ














総合
的な
学習

時間 
L
H
R
















コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ




コン
ピュ
ータ
シス
テム
技術







総合
的な
学習

時間 
L
H
R
・背景色がついている科目は専門科目です。
・選択は「工業数理基礎」「電気基礎」「機械設計」から選びます。
 

平成28年度入学生 教育課程

 123456789101112131415161718192021222324252627282930




A


科学

人間
社会




コミュ
ニケー
ション
英語
基礎 
工業
技術
基礎














総合
的な
学習

時間 
L
H
R










コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ














総合
的な
学習

時間 
L
H
R



A













コミュ
ニケー
ション
英語Ⅰ




コン
ピュ
ータ
シス
テム
技術







総合
的な
学習

時間 
L
H
R
・背景色がついている科目は専門科目です。
・選択は「工業数理基礎」「電気基礎」「機械設計」から選びます。
 
 

12月18日更新

 

12月4日更新

 

12月3日更新

 

11月28日更新

 

10月10日更新

 

9月18日更新

 

9月3日更新

 

8月8日更新

 

5月12日更新

 

4月26日更新