分教室の日々 2016
12345
2017/03/31

平成28年度 WEBページのカウンター

| by 阪神特別分教室管理者
2016.5.28~2017.3.31
<22169~66700>
16:35
2017/03/23

修了式

| by bun02
 平成28年度修了式を行いました。
まずは、それぞれが「今年度の思い出」を発表しました。

 2年生は多くの生徒が、修学旅行や現場実習を印象に残っていることを発表しました。
 1年生は体力作りやWORKでの取り組みが思い出に残ったようでした。そんな中、1年B組は、国語の授業で習った「比喩表現」を使って、この1年を表しましたので、少し紹介します。
 ・「大都会のような一年」→明るく、にぎやかな毎日でした。
 ・「キャッチボールのような一年」→これまではコミュニケーションをとるのが苦手でしたが、分教室で友人や先生とたくさん話をして、楽しくなりました。
 ・「イモムシのような一年」→何事にも取りかかるのに時間がかかってしまいました。
 ・「天候のような一年」→楽しい日(晴れ)もあれば、しんどい日(雨)もあり、毎日いろいろな思いを感じることができました。

その後は、谷古教頭先生から、終了証書を渡していただき、次年度に向けてのお話がありました。

「多くのことに挑戦し、成長した1年でした。『働く』という漢字は、人+動くに分けられます。自分のためだけでなく、人のためにも動ける人になってください。4月から新入生も入ってきます。先輩として後輩が困っていたら声をかけられる人になってください。」とお話をしていただきました。


次に、1年生の伴奏に合わせて、全員で校歌を歌いました♫
初めての伴奏で、少し慣れないところもありましたが、一生懸命弾いてくれました。その様子を見て、みんなもピアノの音をよく聴いて歌おうと心がけていました。相手を思いやる気持ちにあふれた校歌斉唱となりました。

最後になりましたが、この1年間、分教室の活動に際しまして、多く方々のご理解・ご協力をいただきました。本当にありがとうございました。
これからも、分教室は「なんでも挑戦してみる」「自分の力でやってみる」ことを大切にしていきます。そうすれば、何事も「It’s a piece of cake!」
来年度も分教室をどうぞよろしくお願いいたします。
12:58 | 儀式
2017/03/22

学年末大掃除

| by bun02
 いよいよ3学期も残りわずかとなり、新学期に向けて、自分たちの使った教室の大掃除を行いました。
日ごろビルクリーニングで培った技術を発揮し、教室や廊下を自分たちで段取りを組みながら、作業を進めていきました。


学年末大掃除ということで、ポリッシャーやバキュームなどの機械では届かない細かいところは、手で丁寧に磨きました。
いつも使っていた机もゴシゴシ…。落書きはだめですよ!


机だけでなく、ロッカーなどの大きなものも運び出し、床掃除を行いました。ワックスをかけると、一層ピカピカに絵文字:キラキラ
何もない教室は広く見えますね絵文字:笑顔
新1年生の教室もすっきり、きれいな状態になりました。4月に新入生を迎える準備もバッチリです!
18:14 | ビルクリーニング
2017/03/22

1・2年合同出前授業『「楽しいコミュニケーション」を考えよう!』

| by bun08

 3月17日(金)にLINE株式会社の中西さんをお迎えし、ネットコミュニケーションリテラシー『「楽しいコミュニケーション」を考えよう!』のワークショップを行っていただきました。周りの人との考え方や感覚の違いについて講義を受けた後、 1、2年生がグループに分かれ、与えられた課題をカードを使いながら話し合いをしました。
 LINEの「既読」の捉え方の話では、”既読は読んだ”という意味ではなく「了解しました。わかりました。」ということを知り、「知らなかった。そういうことなんだ。」と日頃SNSを利用している生徒が改めてネットコミュニケーションについて考え直す場面もありました。
 また、ワークショップでは、5種類の言葉が書かれたカード(『まじめだね』『おとなしいね』『一生懸命だね』『個性的だね』『マイペースだね』)を、人にいわれたら嫌だと感じる順番に並べました。お互いにその順番を見せ合いながら、その理由について話し合いをしました。グループによっては、「なるほど、そういうことなら私もこっちかなぁ」と友だちの意見を聞いてカードの順番を並べ変える生徒もいました。
 カードの順番について、講師の先生から説明をしていただいたり、質問を受けたりする中で、それぞれのグループがもう一度意見を出し合いました。
 そして、ネット上のコミュニケーションではお互いの感覚の違いがあり、それを理解することが必要であること。また、相手の気持ちや状況を考えてコミュニケーションをすることの大切さを学ぶ貴重な機会となりました。
ワークショップ様子1ワークショップ様子1ワークショップ様子3ワークショップ様子4

10:32
2017/03/15

校外学習2年生(兵庫県立美術館・人と防災未来センター)

| by bun09
 3月14日(火)に兵庫県立美術館と人と防災未来センターへ校外学習に行きました。
王子公園駅と岩屋駅に集合し、兵庫県立美術館に向かいました。

 美術館ではまず兵庫県立美術館の概要と建物の説明を受けた後、企画展示「彫刻大集合」を中心に鑑賞しました。生徒たちは思い思いに気に入った作品を眺めていました。「こんなたくさん作品が観れて幸せです!」など感想をいいながら嬉しそうに鑑賞する生徒もいました。
 また、
展示を鑑賞後は、美術館の外に行き、安藤忠雄さんが設計された兵庫県立美術館の建築の紹介や、外に展示されている彫刻作品を見て回りました。「海も山も両方見れるこの場所に来れてよかったです。」と感想を述べる生徒もいました。

美術館での鑑賞後、近くにあるJICA関西の食堂に行き、昼食を食べました。

 昼食後は人と防災未来センターに向かい、防災についての学習や阪神・淡路大震災や東日本大震災についての学習をしました。生徒たちも「阪神・淡路大震災の再現映像がすごくわかりやすかった」や「震災の怖さが改めて分かった」という感想を言っていました。

貴重な体験ができ、とても有意義な学習になりました。

18:35
2017/03/15

1年生ダスキンミュージアム

| by bun05
 3月14日(火)、ダスキンミュージアムへ校外学習に出かけました。
 各自決められた集合場所(阪急梅田、阪神梅田、JR大阪駅)に時間通りに集まることができました。
 そこから大阪市営地下鉄に乗り換え、「江坂駅」に到着。駅からは地図を見ながらダスキンミュージアムに無事到着することができました。
               
 ミュージアムに着くと、早速楽しみにしていた「ミスド キッチン」でのドーナツ作りの体験です。
   手洗い消毒後、エプロン・ゴム手袋を付けて身支度が完了!!ミスタードーナツの「なつこちゃん」から説明を受けながら取り組みました。
          
ドーナツ型を6つ取れるように、生地を伸ばしてから、型抜きを行います。
       

 出来上がったドーナツにデコレーション。14日はホワイトデーということで、特別に「ホワイトチョコ」を使用し、テンションもあがりました。思い思いにトッピングをし出来上がりです。

         
  チョコの入ったトレーに        クランチチョコ等をトッピング!                デコレーション完成!
  チャポンと!

 ドーナツを入れる箱にオリジナルのイラストを描いたり、スタンプを押したりしました。
 また、ドーナツ箱が出来上がった頃に、最初に型抜きしたドーナツの発酵が終わり、揚げるところを見せていただくことができました。揚げたてのドーナツにグレーズをたっぷりつけ、あつあつの状態で食べることができました。自分たちで作ったオリジナルのドーナツに感動しながら、「美味しい、美味しい」と口をそろえて食べていました。『もう一つ食べたいけれど、お土産として家族に見てもらいたい』という気持ちで箱に詰めていました。
        

 ドーナツ作りの体験後、「おそうじ館」へ移動しました。掃除道具の歴史や用品などを見学したり、普段は見えないけれど、特殊な光を照らして、実際にどれくらいのほこりが浮遊しているかを見ることができました。「うわぁーー」とびっくりした様子。クッションをたたいて出てきたほこりには、『こんなに飛んでいるのだ』ということが理解でき、掃除道具を使っておそうじ体験もできました。
 また、タブレットを一人一台お借りすることができ、スタンプラリーにも挑戦しました。答えが書いてある場所を迷いながら、見つけていきました。無事、全員スタンプラリーをクリアすることができ、達成感でいっぱいの様子でした。
       
 
 生徒の感想の一部を掲載します。
 ・ドーナツ型に繰り抜く時に、難しかったけど、発酵後にふくらみが良い感じになっていました。揚げるところも見ることができ、揚げたてのドーナツを食べられて、外はふわふわ、中はもっちりして美味しかったです。
 ・お掃除体験では、ホコリが大分飛んでいてビックリしました。モップで掃除すると、簡単にホコリが取れて凄いなと思いました。
 ・スタンプラリーのクイズは、1つずつ答えを見つけることが大変でしたが、全問正解できて嬉しかったです。

 ダスキンミュージアムの皆さん、とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。今回の校外学習は、分教室での食品加工やビルクリーニングに役立つ内容でした。これからの学校生活に生かせるように頑張ります。
17:29
2017/03/14

身だしなみ教室

| by bun02
 3月10日(金)、株式会社マンダムの方を講師に迎え、「身だしなみ教室」を開催しました。
 まずは、「身だしなみを整えることはどうして大切なのか?」「身だしなみとおしゃれの違いは何か?」などを、パワーポイントを使って説明していただきました。

 次はいよいよ実践です!株式会社マンダム様の製品を使って、実際に洗顔・寝癖直しなどに取り組みました。
 「洗顔フォームはしっかりと泡立てて使いましょう。」と指導を受けて、優しく泡で包み込むように洗っていました。その後は、男子はローション、女子はシートマスクを使って、お肌を整えました。
顔中泡だらけ・・・、正しい洗顔です!
男子は、ローション、パシャパシャ絵文字:冷や汗  そしてマスク女子、参上!!

 寝癖直しも、専用のヘアウォーターを使い、鏡を見ながら行いました。頑固な寝癖もすぐに直せることがわかり、「おぉ~!」と歓声が上がりました。また、休日のおしゃれとして、ワックスを使ったヘアアレンジも教えていただき、みんな真剣に挑戦しました。

 マンダムの方にコツを教えてもらうと、いつもと違う髪型になりました。女子から「カッコイイ!」「そのほうが似合ってるよ!」と声をかけられ、男子たちはニッコリ笑顔でした。
 
 最後に、株式会社マンダムの方より、「初対面の人に与える印象として、身だしなみがきちんと整っていることはとても大切なことです。でも、それ以上に大切なことは、『笑顔できちんと挨拶ができること』だと思います。このことも忘れずに、卒業後に向けて頑張ってください。」との言葉をいただきました。
清潔感があり、きちんと挨拶のできる爽やかな分教室生を目指しましょう!!

(分教室生の感想)
・洗顔フォームで洗うときに、正しい泡の立て方を習ったので、これからはしっかりと泡立ててから使いたいと思いました。
・髪にワックスをつけて、前髪をいつもと違う分け方にしたら、友だちに「似合ってる」と言われました。恥ずかしかったけど、うれしかったです。
・初めてローションをつけると、肌がつやつやしてきました。
・身だしなみとおしゃれの違いを学習できてよかったです。今まで経験できなかったシートマスクにも挑戦できてうれしかったです。
・就職するにあたり、身だしなみを整えることは重要だということがわかりました。これからの生活に活かしていきたいと思います。

 生徒たちは、初めてのローションやワックスを使用し、恥ずかしながらもうれしそうに取り組んでいました。楽しいだけでなく、身だしなみの重要性や本当に大切なことなど、分教室生の今後に大きく役立つことを学ぶことができました。
 株式会社マンダムの方には、事前の打ち合わせの段階からきめ細かい対応をしていただき、また当日も、生徒たちの様子を見ながら、丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました。貴重な体験ができました。
09:48 | 総合的な学習の時間
2017/03/09

本校卒業式

| by bun09
3月9日(木)に阪神特別支援学校高等部卒業式に分教室2年生が参列しました。

分教室生にとっては本校の卒業式は初めての体験だったので、それぞれが緊張した面持ちでした。中には中学校時代の先輩もいて、感慨深そうにしている生徒もいました。

来年には自分たちがあの場に立つことのイメージを膨らませることができたと思います。


分教室一同、卒業生の皆さんに幸多からんことを、切に願っています。
43期生のみなさんご卒業おめでとうございます!
18:04 | 儀式
2017/03/08

武庫荘総合高校ALTの授業

| by bun06

分教室1年生が、武庫荘総合高校のMac & Ash 先生の特別授業を受けました。

 

Ash先生から「What are you going to do on your spring vacation?」を質問され、「んん?」と一気に緊張感が走っていました(笑)

それでも、「春休み?」「Whatって言ってたから何する?ってこと?」など、聞こえてきた単語を理解し、質問の内容を考え、答えることができました。

 「先生あってる?」と助け船

go」と「buy」を言い間違えて「To buy grandfather’s home」と答えてしまい、「君の家、お金持ちなの!?」と驚かれる場面も…(笑)

 

 

まずは、英語の正しい「発音」について教えてもらいました。

Rice」と「Lice」。日本語では、どちらも「ライス」ですが…

正しく発音しないと、英語圏では、「ごはん」がなんと、「しらみ」に聞き間違われてしまいます!!

生徒たち、これにはびっくり!「全然違うや~ん!」とツッコミが…。


「R」は、口の形をあいうえおの「う」を意識すること、「L」は、口の形を「い」を意識して行うと正しい発音になることを教わり、練習しました。「Think」 の「t」音、「Good」の「g」音などの発音の仕方も教えてもらいました。


    正しい発音をみんなで練習!

Pronunciation Treeゲームは、発問者は正しく発音できるか、解答者は正しく聞き取れるかを試すゲームです。

無事、発問者の答えに辿りつけるかな?? Ash先生やMac先生も一緒に挑戦! 

 
 口の動きで答えが分からないように紙で隠して発音。正しく発音できるかな??
 みんな見事正解です!!

 

「正しい発音を覚えると、英語が楽しくなってきますよ。」というMac先生のお話。

本当にその通りで、生徒たちは正しく発音しようと何回も自分から練習していました。

その後、筆記体を教えてもらいました。「難しい~」と言っていましたが、書けると嬉しそうにしていました!

 

Mac先生、Ash先生、英語の楽しさ、魅力が伝わる授業を本当にありがとうございました!!

また、来年度も一緒に交流できるのを楽しみにしています(^-^)


<生徒の感想>

・今までの授業では、そんなに発音を意識していませんでした。これからの英語の授業では、少しずつ意識していきたいです。

・timeやgoodは、普段日本人がよく使う言葉ですが、やっぱり本格的になると口の動かし方や発音もまた今までと違うので、口を動かすのに精一杯でした。

・「Lice」がシラミだと言うことが分かって、気持ちがゾクッとしました。

・16歳と伝えるつもりでも、60歳に聞こえることがわかりました。面白かったです。

・筆記体を上手に書けなかったですが、先生に教えてもらって少し上手に書けるようになりました。


18:47
2017/03/06

総合的な学習発表会(分教室)

| by bun02
 この1年間、武庫荘総合高校生と一緒に学習した「総合的な学習の時間」は、武庫荘総合高校3年次生と、分教室生が10のグループに分かれての活動でした。この日は、お互いの学習内容を分教室生同士で学び合い、深めるため、分教室内での発表会を開きました。  
 
  それぞれのグループの活動内容を簡単にまとめますと、
①「インテリア製品の製作」トンボ玉やショットブラストでのガラス製品や木工製作を行いました。
②「日用雑貨を手作りで」ポーチや筆箱など、自分が使いやすくデザインし、手作りしました。
③「わが街ウォーキング」自分たちが住んでいる「尼崎」について、実際にフィールドワークに出かけて、調べてきました。
④「パワーストーンについて学ぼう」天然の石の持つ不思議なパワーについて、多方面から調べました。
⑤「観光マップを作ろう」武庫之荘・塚口周辺の名所や名店を訪ね、その特徴を地図にまとめました。

 
⑥「昔のこと」歴史上の人物について、人物像や死因などなど…興味ある内容を調べました。
⑦「方言から見る地域性」方言とは?武庫総生とペアを組んで、広島、福岡、沖縄の方言について調べました。
⑧「ZINEで自己表現」”ZINE”とは個人で作った自由な本のこと。「ブラジル」や「空」、自分の好きなテーマで写真を撮り、一冊の小冊子にまとめました。
⑨「植物を育てよう」とうもろこし、かぶ、ほうれん草・・・、栽培方法を自分たちで調べ、そして育てました。
⑩「Open the Door to the World」・・・韓国の民族楽器チャンゴの演奏や韓国文化について調べました。

 1年間かけて、自分で調べたり、武庫総生と相談したり、作ってみたり、まとめたり・・・・と、試行錯誤を繰り返しながらの活動でした。
 今回の発表では、作品を作ったグループは実際の道具を使って製作過程を紹介したり、フィールドワークに出かけたグループは模造紙に地図を大きく書いて場所の説明をしたり、みんなに興味をもって聞いてもらえるようにクイズ形式にしてみたり・・・と、発表方法にも工夫がみられる発表会となりました。
 
 トンボ玉作りはバーナーやガラス棒を使っての説明を行い、マップ作りでは実際に出かけた場所を地図で説明しました。クイズにはみんなが手をあげ、興味をもって答えていました。司会も自分たちで行い、和やかな雰囲気で進めることができました。

 1年間の「総合的な学習の時間」の感想
 ・最初は武庫総の先輩たちとどう話したらよいかがわからなかったけど、先輩たちから声をかけてくれて、うれしかった。
 ・武庫総生と最初は話ができなかったが、慣れてきて話ができるようになると、「先輩たちと話をすることはこんなに楽しいことなんだ」と思った。
 ・分教室の先生だけでなく、武庫総の先生にも教えてもらえてうれしかった。
 ・武庫総の先輩たちと一緒に活動できて、楽しかった。自分から、活動内容を提案することはドキドキしたが、武庫総生も賛成してくれてほっとした。
 ・1年間かけて活動したので、作品作りの過程も理解し、できるようになった。もっと上達するために来年も続けていきたい。
 ・水やりを忘れていて枯らしてしまうこともあったので、次からは気をつけたい。

 まとめとして、谷古教頭先生から、総合的な学習の時間のねらいや、各グループの活動内容の意義などをお話していただきました。また、それぞれの活動に対して、その努力を評価していただき、分教室生一同、達成感を感じることができました。
 最後に、1年間、分教室生にご指導くださった武庫荘総合高校の先生方、ともに学び、多くのことを教えてくださった武庫荘総合高校のみなさんに、お礼申し上げます。ありがとうございました。
17:07 | 総合的な学習の時間
12345
本校ホームページ
分教室だより
保健室より
分教室の日々
2015年3月までの交流及び共同学習

進路より
 

分教室  WEBサイト内

2015.5.28~

COUNTER240835

<リンク>兵庫県教育委員会 事務局

特別支援教育課へのリンク
 

無断転載禁止:当校ホームページ内に掲載の写真・文章等の無断転載を禁じます。

 
Copyright (c)2015 
兵庫県立阪神特別支援学校 
All rights Reserved.