2018年1月の記事一覧

阪神淡路大震災 追悼行事

    本日、1.17阪神淡路大震災追悼行事を行いました。
 「朝の読書」の時間帯に、放送による以下のような校長講話があり、全員で黙禱をささげました。

    ・阪神淡路大震災から23年目を迎え、追悼の行事は減少しつつあるが、震災の事実 
  を風化させないだけでなく、震災で得た教訓を今後の防災・減災の取り組みに生か
  していくことが求められている。
 ・いつもやっていないことは、いざとなったらできない。
 ・周囲の物や人について、知っておくことが安全安心につながる。
 ・防災に関する知識や体験を自分でも何か行動に移してみる。

 本校生、一人一人が防災・減災の担い手となってくれることを望んでいます。 

お知らせ 韓国料理 調理体験(ハングル)

 1月16日(火)5・6時間目のハングルの授業で、韓国料理の調理体験を行ないました。
 今回は韓国料理のトッポギ(餅煮込み)とタッカンジョン(甘辛いタレのから揚げ)に挑戦しました。コチュジャンやトックなど、生徒たちは普段とは違う食材を使って、いろいろ苦労しながらも、韓国料理に楽しそうに取り組んでいました。
 最後にできた料理の味は・・・・「マシッソッソヨ~!(とてもおいしかった~!)」みんなとても満足した笑顔で、自分達の作った料理を食べていました。
 今回は、食の異文化体験。思い出に残る経験になりました。

晴れ 異文化理解 講演会

 1月10日(水)異文化理解の授業で、講演会が行われました。世界4大過酷マラソンの一つである、チリ、アタカマ砂漠マラソンに参加された、絵本作家の石本幸四郎さん、奥様で一筆アーティストの石本昭子さんを講師にお迎えし、その時の様子を収めたドキュメンタリー映画を鑑賞したのち、お二人にトークショー形式で当日の様子を中心に語っていただきました。
 生徒たちは、熱心に映画を見た後、マラソン中リタイヤしそうになった時の苦労話や、今までの人生において苦境を乗り越えた話などに、興味深く聞き入ったり、積極的に質問をしたりしていました。人生が深まるような実り多き講演会になりました。

第3回学校説明会開催

 1月6日(土)に第3回学校説明会を開催しました。年明けすぐにもかかわらず、約100名もの中学生・保護者の方々にご参加いただきました。これまでの説明会と同様に、学校概要説明に加えて、本校3年次生による「課題研究」の発表と、生徒会による座談会を行いました。こうした中で、総合学科一番の特色である「課題研究」や興味深い選択科目についての理解が深まったり、座談会において生徒会から入試に向けた勉強方法などの解説を受けたりする中で、中学生の皆さんの本校への入学意欲は、大いに高まった様子でした。
 夢いっぱいの中学生の皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
 頑張って下さい!