星 阪神淡路大震災 追悼行事

   本日、1.17阪神淡路大震災追悼行事を行いました。
 「朝の読書」の時間帯に、放送による以下のような校長講話があり、全員で黙禱をささげました。

    ・阪神淡路大震災から24年目を迎え、追悼の行事は減少しつつあるが、震災の事実 
  を風化させないだけでなく、震災で得た教訓を今後の防災・減災の取り組みに生か
  していくことが求められている。
 ・いつもやっていないことは、いざとなったらできない。
 ・周囲の物や人について、知っておくことが安全安心につながる。
 ・防災に関する知識や体験を自分でも何か行動に移してみる。

 本校生、一人一人が防災・減災の担い手となってくれることを望んでいます。