異文化理解講演 「インバウンド論」

 10月10日(水)に神戸山手大学副学長の小野田先生をお迎えし、訪日観光客を増やす取り組みや、魅力ある観光プランについての講演を行いました。
 訪日外国人旅行客は年々増えており、政府は日本の経済成長のために、2030年には6000万人に増やす目標を掲げています。講演では「日本文化を知る」等のテーマ旅行や、欧米からの長期旅行者向けのプラン、奇抜なアートを商品にした旅行プランなど様々な取り組みを教えていただきました。
 グループワークでは、神戸を起点にした10日間200㎞圏内の旅行プランを考えて発表し、楽しく学習できました。