36回生 租税教室開催

 本日、12月13日(木)3・4限目に「租税教室」を行いました。「租税教室」とは次代を担う生徒に税の意義や役割を正しく理解してもらい、税に対する理解を広げてもらうことを目的とした活動です。
 今回は税理士の日原勉様に「税の仕組みから社会を考える」をテーマに講演をしていただきました。税の基本的な知識を学ぶだけでなく、税理士の先生ならではの税理士の仕事についてや税の公平な分配に関するグループディスカッションを行い、36回生にとっては税についての学びがどのようなものなのかを知るよい機会になりました。