会議・研修 第17回 総合学科発表会 開催!

 平成30年度第17回総合学科発表会を29()に開催しました。来賓の方々をはじめ、中学生の皆さんや保護者の皆様にもたくさんお越しいただき、大変充実した会になりました。今年度は神戸甲北高校の生徒とのパネルディスカッションや、2年次全員による課題研究ポスターセッションなどを新しく企画し、昨年とはまた一味違う発表会でした。
 パネルディスカッションでは新しい時代の学び方@総合学科というテーマで、これまで総合学科で学んだ経験をもとに、これからの社会で自分のキャリア実現を果たすために総合学科でいかに学べばよいか学校の枠を越えて意見交換ができました。1年次生は「働く・学ぶ・生きるを考える」という発表の中で、「産業社会と人間」を活かして自己のキャリアビジョンをどう描いていくのか代表生徒が各自の考えを伝えました。3年次生は総合学科における学びの集大成である課題研究・クロスカリキュラムの発表を通して、目指すキャリアを具体的に見据えた研究活動の成果を堂々と披露しました。また、2年次ポスターセッションでは自分の興味関心がある研究だけでなく、多様な研究発表に真剣に耳を傾け、積極的に質疑応答している生徒たちの姿が印象的でした。そのほか特色ある授業での取り組みや学習成果の展示では美しく興味深い作品がたくさん並び、熱心に鑑賞する生徒で賑わいました。
 総合学科でこれまで身に付けてきた能力を発揮できたとともに、これからの学びの形を考えるきっかけを得た発表会になりました。
 ご来校頂きました皆様、ありがとうございました。