兵庫県総合学科高等学校研究発表会 参加

 2/2(土)に、県立加古川南高校で行われた第20回兵庫県総合学科高等学校研究発表会に参加し、本校からは3年次生2名が、産業社会と人間・課題研究を中心とした本校の3年間の学びについてポスター発表を行いました。特に、近年力を入れている「クロスカリキュラム探究」についての発表は、聞いてくださった加古川南高校の生徒さんも興味ありそうな様子でした。発表を予定していた1名が急遽来られなくなったにもかかわらず、残った2名が臨機応変に対応し立派な発表をすることができました。これも3年間で培ってきた力なのではないでしょうか。
 加古川南高校さんの舞台発表で印象的だったのが、2名の卒業生による発表でした。授業や課題研究の時間の中で能動的に自発的に行動したことが、現在のベースになっているというお話をしていただきました。総合学科ならではの学びをもっと大切にしていきたいと強く思いました。

fig1fig2fig3fig4