トピックス

異文化理解 校外学習

    6月14日(水)に、異文化理解の授業で校外学習を行いました。中央区の「海外移住と文化の交流センター」を訪れ、日伯協会の方によるブラジル移住についての講義を拝聴し、関連する展示資料を見学しました。文化や言葉の違いを乗り越えてブラジル社会に定着し、農業などの分野で貢献した日本人移民たちの歴史について教えていただきました。展示資料の中にはコーヒーの木があり、幸運にも2日しか咲かないと言われるコーヒーの花を見ることができました。


テコンドー体験

 6月13日(火)に外国語の科目「ハングル」において、テコンドー体験を行いました。この科目の目的は、ハングルの読み書きを習得するとともに、文化体験にも力を入れ、日本と韓国の文化交流を行うことです。テコンドー以外にもチマチョゴリ着用体験や調理実習なども用意されており、生徒も楽しんで授業に参加しています。
 この日は、テコンドーの先生をお迎えして、女子生徒も普段とは違うりりしい姿を見せていました。

平成29年度友高祭(校内祭)6月9日(金)

生徒会文化委員長の開会宣言・学校長の挨拶の後、書道部の力強いパフォーマンスで平成29年度友高祭が幕を開けました。

          続いて演劇部「ヘンゼルとグレーテル」

               ダンス部「PARTY」

          吹奏楽部「The Music Festival -笑顔満祭-」

 一般祭につきましては、左メニューの「学校行事」からご覧になれるよう、現在急ピッチで工事中です。お楽しみにお待ちください。

会議・研修 教育実習生による研究授業 その2

 6日~8日にかけて、教育実習の仕上げとして、実習生4名の研究授業が行われました。世界史、書道、国語、英語と様々な教科で、興味・関心を引く工夫がなされ、授業を受ける生徒側の視点もきっちりと意識されていました。また、ディジタル機器を利用するなど、わかりやすい授業が展開されていました。
 いつか母校の教壇に立つことを心待ちにしています。