トピックス

会議・研修 教育実習生による研究授業 その2

 6日~8日にかけて、教育実習の仕上げとして、実習生4名の研究授業が行われました。世界史、書道、国語、英語と様々な教科で、興味・関心を引く工夫がなされ、授業を受ける生徒側の視点もきっちりと意識されていました。また、ディジタル機器を利用するなど、わかりやすい授業が展開されていました。
 いつか母校の教壇に立つことを心待ちにしています。

産業社会と人間 学部学科説明会

6月2日(金)5・6時間目の1年次生「産業社会と人間」の時間に、学問分野研究の一環として、近隣の大学および短期大学より講師をお招きし、学部学科説明会を行いました。生徒は20の分野から3つの講座を選択し、それぞれの学問分野の内容、関連する職業、将来の見通し、求められる適性、心構えなどについて話をしていただきました。2学期に科目選択を控える1年次生にとって、各学部・学科の特徴や魅力を知る良い機会となりました。


会議・研修 教育実習生による研究授業

 本日、4限目に教育実習生による研究授業を行いました。
 2年次生対象の「化学」で、単元は『酸化還元反応』です。
 本校職員による綿密な指導・監修のもと、授業は進められました。
 前半は、本人が用意したパワーポイントによるわかりやすい一斉説明。後半は、グループに分かれて進んで教えあったり、質問し合ったりする中で学びを深めていく、いわゆる「アクティブラーニング」の手法がとられました。その間の机間巡視やアドバイスもきっちりと行われていました。
 教材研究のみならず、教授法も事前にしっかりと研究された素晴らしい授業でした。実習生と指導教官の労が報われるような学びの深まりが期待されます。

会議・研修 スポーツⅡ(ゴルフ実習)

 本日、3年次生対象の「スポーツⅡ」において、近隣のゴルフセンターでゴルフ実習を行いました。
 この実習前に、授業においてゴルフ理論やターゲット・バードゴルフを行い、基礎知識はしっかりと身につけてきました。しかし、実際にボールを打ってみると、まっすぐ飛ばないし、空振りはするし…悪戦苦闘していました。
 それでも、うららかな春の日に、屋外でスポーツができる喜びに、生徒たちは満面の笑みを浮かべていました。

会議・研修 実践英語

 本日、実践英語の授業で、生徒にはサプライズの来客がありました。
 テレビ会議システムを使った国際交流事業において、昨年度初めて生徒の話し相手を務めてくださった、mikiさん(写真左上)のご家族が、シンガポールから来日中ということで、本校を訪問してくれました。
 スクリーンを見ながらではなく、実際に顔を見ながら、さまざまな国際事情やmikiさんご夫婦の仕事について話を伺ったり、質問したりしました。