トピックス

質問教室 第2回

2月10日(金)5,6時間目の「産業社会と人間」の時間に、1年生6クラスに、しつもん財団より、認定講師6名に来ていただき、「なりたい自分になる魔法の質問 第2回~1年間を振り返って、2年生をどう過ごすか~」と題して、「質問教室」を行っていただきました。
「魔法の質問」は、次の3つの基本ルールによって進められます。
   1 答えは全部正解。
   2 答えは出なくても正解。
   3 他の人の答えを「いいね!」と言いながら、肯定的に受け止める。
各クラスとも、各ワークに熱心に、時に和やかに取り組み、今後に関して、自分自身の気づきを得たり、グル―プ内の生徒同士の理解が深まったと思います。本校が取り組んでいる、「自ら考え行動することができる生徒」になるための一つの活動としても、実り多き2時間となりました。

特別授業報告

 2月2日、1年次「家庭基礎」にて特別非常勤講師による授業を実施しました。
 講師は、神戸親和女子大学発達教育学部の間渕泰尚准教授です。
 社会学の立場から、現代社会における結婚と子育ての実情と課題についてご講演いただきました。

間渕准教授 授業風景
        授業風景①               授業風景② 

花丸 総合学科発表会 詳細

 お待たせいたしました!!
 「総合学科発表会」の詳細をアップいたしました。
 左メニューの「学校行事」よりご覧ください。

1年次進路講演会

 30日(月)7限LHRの時間に、ベネッセコーポレーションの安藤崇文氏より「後悔しない進路選択~今やるべきこと~」をテーマにご講演をいただきました。
 進路実現を行うためには、「家に近い大学よりも、夢に近い大学を目指すべきである。」また、「素敵な人物に出会うためには、自ら素敵な人物にならないと出会えない。」と述べられました。そして、今すべきこととして以下の3点を挙げ、当事者として自分磨きの必要性を説かれました。
 ①行きたい進路を目指す。②小テストの復習をする。③毎日の勉強時間を確保する。

総合学科発表会

 28日(土)  好天に恵まれて、第15回総合学科発表会が行われました。
 この日のために、生徒と教職員が一丸となって準備に取り組んできました。
 詳細につきましては、後日、左メニューの「学校行事」よりご覧いただけるよう、現在鋭意作成中です。お楽しみにお待ちください。

テレビ会議システムを利用した海外交流  実践報告

    26日(木)3時間目の実践英語α(2年次生9名)の時間に本校第1教育情報室において、テレビ会議システムを利用したフィリピン高校生との第3回海外交流プロジェクトを行いました。
 今回のテーマは「フィリピンの教育に対する貧困の影響について高校生として解決策を考える」で、本校生がフィリピンの高校生とグループで意見を交換しました。現在フィリピンが抱えている問題を共有し、どのような方法で解決していけば良いかについて意見を交換しました。
 今後もテレビ会議システムを有効活用し、いろいろな形で国際交流を進めたいと思っています。

雪 1年 百人一首大会

 23日(月) LHRの時間に1年次が新春にふさわしく、百人一首大会を行いました。
 学年団の先生方が、朗々と読み上げる和歌に反応して、「はい!!」という元気な声が体育館に響き渡りました。
 この日は、学校でもうっすら雪が積もるほどの冷え込みでしたが、体育館は熱気であふれていました。

特別非常勤講師による授業 家庭科

  本日、1年次の家庭基礎において、特別非常勤講師による授業を行いました。

    講師の先生 神戸親和女子大学 発達教育学部 児童教育学科
              勝木 洋子 教授

 男女共同参画社会についてのお話の中で、「イクボス」「イクジイ」、「マタハラ」といった生徒には耳新しい言葉についてのご説明もありました。普段とは違う授業の雰囲気に、最初はやや緊張していた生徒たちも、どんどんとお話に引き込まれていきました。

修学旅行 無事出発

  2年次修学旅行団は無事出発いたしました。

  スムーズな動き、時間厳守の姿勢は立派でした。
  これ以後の修学旅行団の様子は、トップページ左下の
  「修学旅行のページへ」からご覧ください。

1.17 震災追悼行事

 2年次の修学旅行日程の関係で、1日早い震災追悼行事を本日行いました。
 朝のホームルームの時間帯に、放送による以下のような校長講話があり、全員で黙禱をささげました。

 ・いつもやっていないことは、いざとなったらできない。
 ・知っておくことが安全安心につながる。
 ・防災に関する知識や体験を自分でも何か行動に移してみる。