R2年度 オンライン国際交流
 令和2年度は、コロナウイルス感染症防止対策のため、ホームステイ、語学研修などは中止となりました。それらの代替行事の一つとして、オンラインでの国際交流を行いました。
〇 台湾 豊原高級中等学校
 11月30日(月)2限、3年次の選択科目『英語会話』の授業で、台湾の姉妹校である豊原高級中等学校と、オンラインでの交流授業を行いました。
対象生徒  英語会話を選択している生徒65名
 豊原高級中等学校1・2年生65名
授業内容  中国語と英語を交えての自己紹介
 
 英語会話の授業では、豊原高級中等学校の生徒たちと手紙のやり取りを行うなど、交流を続けてきました。
 今回はオンライン上ではありますが、初めての対面での交流となりました。生徒たちはお互いに、初めて顔を見て自己紹介し、会話することができ、とても有意義な時間となりました。


〇 オーストラリア  イースタンヒルズ高校  
10月13日(火)3限、3年次の選択科目『異文化理解』の授業で、オーストラリアの姉妹校であるイースタンヒルズ高校と、オンラインでの交流授業を行いました。
 教室のスクリーンと、各グループ1台のタブレットを通して、交流しました。
     
対象生徒  異文化理解を選択している生徒45名
 イースタンヒルズ高校YEAR7日本語選択の生徒32名
授業内容  日本文化紹介 
 ①食べ物    ②芸能    ③アニメ・ゲーム 
 ④観光・産業  ⑤伝統文化
 
 太子高校の生徒は、① ~ ⑤ のグループに分かれ、日本の鉄道や観光地、日本の食べ物、アイドル、伝統文化などの日本文化を英語で紹介しました。
 イースタンヒルズ高校の生徒は、紹介に対して、日本語で質問することもありました。折り紙について紹介した時には、画面を通して、一緒に折り紙を折り、交流を楽しみました。
  
     折り紙についてポスターを使って説明しています
     
 
     イースタンヒルズ高校の生徒との交流の様子