校長室より

第43回生鷹祭開祭①

 第43回生鷹祭開祭 テーマ 「燦爛(さんらん)~ 再起せよ 火の穂のごとく ~」

― 中止となった昨年度の生鷹祭、そこで大成させるはずだった炎を再び起こし、瞼に焼き付ける ―(3年生文化委員長)

  6月11日(金)、第43回生鷹祭が開祭。今年は、1年生がモザイクアート合唱、2年生が舞台、3年生が展示等でした。コロナ禍の中、本来2日間の生鷹祭も校内祭の1日だけとなり、保護者など外部の方の入場もご遠慮いただきました。また、体育館も367席を上限として、写真にあるように入場制限を設けました。舞台の出演生徒はもちろん頑張っていましたが、それを見る生徒たちの醸し出す温かい雰囲気を一番感じました。生徒たちもよく言っていますが、この学校のとても良いところだと実感でき、嬉しく思いました。