新着情報
保護者の皆様へのお知らせをこちらに掲載しました。  (生徒の同居家族が発熱した場合等の新型コロナウイルス感染症にかかる出席停止の解除)
11月25日(木)13:00から図書室で、第2回図書館ミニコンサートを開催しました。3年生音楽選択クラスの発表で、元気な歌声でアップテンポの曲が披露されました。曲名は、 ①A whole new world(アラジン) ②朝の風景(美女と野獣) ③Under the sea(リトルマーメイド)です。ミュージカルのような演出で、セリフを歌で表現する場面もあり、歌唱力とともに表現力もまたすばらしかったです。
11月19日(金)15:50から16:30まで、図書室でブックカフェを開催しました。本に囲まれた空間でリラックスして過ごしていただけますように、図書委員会が企画運営を担当し、文化部の部活動も参加しました。お茶とお菓子は、三田西陵高等学校PTAよりご支援いただきました。 プログラムは、1.ビブリオトーク、2.茶華道部の発表、3.調理部の発表です。 ビブリオトークでは、おすすめの本2冊を紹介しました。紹介した本は、「探偵さえいなければ」東川篤哉著 光文社と「月の落とし子」穂波了著 早川書房 です。 美術部はポスターを描き、放送部は告知放送と司会進行を担当し、茶華道部&調理部は部活動発表と「お茶とお菓子のサービス」を担当しました。今後も気軽に図書室に足を運んで、本に触れてください。    
11月17日(水曜日)、食堂購買委員会に参加してきました。学校指定用品の値上げについて検討し、学校とPTAの間で様々な意見交換が出来ました。生徒たちにとって、いい学校にしていきたいですね。  
11月17日(水)8:00~8:30の間、校外登校指導にPTAも参加し、校門前の交差点と正門前で登校する様子を見ながら挨拶をしました。数台の車が、徒歩で道路を横断するのを止まって待ってくれる場面がありました。自転車に乗って登校する生徒は道路上に広がって走らず、車に気をつけてください。  
11月18日(木)13:05から、図書館にて吹奏楽部によるミニコンサートがありました。図書委員の司会で進行し、2曲演奏されました。曲はジェイムズ・スウェアリンジェン作曲の「ロマネスク」と、キリン氷結のCMで有名な東京スカパラダイスオーケストラの「Paradise Has No Border」でした。今週の11月21日にこの曲を丹有音楽会で演奏するとのことでした。
 11月17日(水)放課後、環境委員と生徒会、野球部、調理部、女子硬式テニス部等の生徒有志、計50名以上によりボランティア清掃を行いました。清掃場所は学校の中庭と近くのあんずの花公園でした。おかげで中庭と公園がとてもきれいになりました。  
 11月17日(水)放課後、花緑委員会の活動で、体育館前の花壇にパンジーとビオラの苗を190株植えました。この後は、花緑委員が分担して水やりを続けます。来年の初夏までこの花壇で咲き続けてくれるのがとても楽しみです。
11月16日(火)6限に1年生が体育館で「薬物乱用防止講演会」を行いました。密を避けるため、2年生と3年生はリモートで教室で行いました。講師は本校薬剤師の橋尾先生で、演題は「STOP 危険ドラッグ」です。危険薬物の分類から始まり、人体への影響、法律での規制状況、海外との比較、最近の動向など、具体的なデータやスライドを交えての講演でした。改めてこれからの生活を見直す契機としてほしいです。最後に生徒代表のお礼がありました。  
 11月13日(土)、第3回 オープンハイスクールが実施され、多くの中学生・保護者の方々にご参加いただきました。学校説明会では、学校案内・子どもみらい類型の紹介を、生徒が主体となり中学生に本校の魅力を語りました。今回は学校説明の後、事前に選択してもらった個人相談または部活動見学を行いました。大盛況の中で、あっという間に時間が過ぎて行きました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。  
11月9日(火)6限の総合的な探究の時間に、2年生は課題研究発表会を行いました。自分の興味関心に合わせて、11講座に分かれて課題研究に取り組み、各講座の代表者が半年間の成果を発表しました。1時間ではすべてのグループが発表できないので、前後半に分けて発表を行いました。今回の代表者による発表内容は、「手相の不思議」、「勝利に直結するのはどの要素があるチームだろう」、「漢字の意味は?」、「幼児の情緒の発達」、「大阪といえば?!」の5講座でした。また、色鉛筆画の講座を受講した生徒の作品は、本館3階に展示されています。どの講座も興味深い内容で、一生懸命取り組んだ様子が伝わりました。
11月4日(木)、7限に1年生全員で学校及び学校周辺の清掃活動(落ち葉拾い)をしました。次の場所をそれぞれ真剣に清掃しました。①バス通り(東)②バス通り(西)③アンズの花公園内④通用門前通学路⑤学校周辺 と、5グループに分かれて、回収袋いっぱいに大量の落ち葉やゴミを収集しました。
10月28日(木)7限、防災学習会を行いました。講師は 人と防災未来センター主任研究員の 河田慈人 先生で演題は『みんなで考えるこれからの防災・減災』でした。1995年1月17日の阪神淡路大震災の教訓から始まり、50枚に及ぶスライドを用いてコロナ禍での避難行動の注意点や、災害時の気象庁のホームページからの情報などについて、これまでのご自分の災害派遣の経験を生かしたご説明をいただきました。最後に生徒代表のあいさつがあり、今後の生活で防災に気をつけていきたいと述べました。また、PTA役員の方にも学習会に参加していただきました。河田先生、本日は大変ありがとうございました。
 10月26日(火)、北摂中央幼稚園、ぽるとこども園の園児をお招きし、1年生の子どもみらい類型の生徒たちと芋ほり交流会をしました。手を土で真っ黒にしながら、園児も生徒も楽しんでサツマイモを掘り出していました。2グループに分かれ、芋ほりをしていない時間は宝探しゲームをしました。子どもみらい類型の生徒たちが事前に準備していた折り紙で作った宝物を園児たちは必死に探して楽しんでくれました。新型コロナウイルスの影響で、例年通りとはいきませんが、マスクの着用、アルコール消毒の徹底等、感染症対策をおこない、交流を楽しみました。
令和3年10月18日(月)14:00~15:00、職員研修会を行いました。 「三田西陵高校のSWOT分析」と題し、学校の現状分析を行い、それを踏まえて、「三田西陵高校の教育を通して育てる生徒像・育てる力」について協議しました。 「SOWT分析」は、タブレットを使用し、Google Jamboard上で行うことで、スムーズに意見交換でき、情報共有を進めることができました。 11月の公開授業週間における研究授業では、「生徒がタブレットを活用する授業実践」をテーマの一つとしています。このたびの職員研修会でのタブレットの活用も一例とし、今後もICTを効果的に活用した授業づくりについて研究を進めていきます。
 9月28日に行われた第67回青少年読書感想文兵庫県コンクール丹有高校支部審査会において、本校3年の藤井菜永帆 さんが課題読書の部で優秀賞を受賞しました。作品名は「変化に向かって」で、書名は『水を縫う』(著者:寺地はるな、発行所:集英社)でした。10月7日の人権講演会の後、3年生の学年集会で表彰が行われました。