新着情報

パブリック

6月23日(木)、先週に引き続いて、実験を他の班の生徒に披露しました。今回は「すっ飛びストロー」「ダイラタンシー」「色変わりマジック」「ウェーブペンデュラム」。 意外に(?)、うまくコミュニケーションを取りながら進めている班もあって、今後が楽しみです。
保護者の皆さま、生徒のみなさんに向けた校長メッセージを毎月発信しています。 生徒のみなさんには、生徒玄関から階段に上がるところの壁に掲示しています。事務室の方に協力していただき6月号に貼り替えていると、階段を降りてきた生徒会執行部2年生の男子生徒さんが手伝ってくれました。 ありがとうございました! こちらからもご覧になれます。 【生徒のみなさんへ】 6月号.pdf 【保護者の皆さまへ】 6月号.pdf
1年生が自分のChromebook を持参した授業が始まっています。 1年生のとあるクラスの数学の授業風景をのぞいてみると… 中学生のときから使っているからか、サクサクと使いこなしています。 わからないところがあると隣近所で相談する様子も自然です。 2,3年生担当の先生方も大勢教室をのぞいて、授業の様子を見学しながら意見交換していました。 1年生は教科書、ノート、筆記用具、そしてChromebook ! それが当たり前の授業風景になっていきますね。  
 3年生選択科目「世界史の探究」では、授業の取組のひとつとして、世界史の問題作成プロジェクトに臨んでいます。既習の範囲内で、教科書・資料集や問題集を参考にしながら作成に励んでいます。  どんな問題が完成するか楽しみです。  先生の苦労もわかってくれたらありがたい・・・・  
 6月22日(水)、兵庫大学 生涯福祉学部 こども福祉学科より田邉哲雄教授をお招きして、教育講話を行いました。  「保育力の向上を目指して〜子どもの発達段階を踏まえた保育のあり方〜」と題して、幼稚園・保育園の現在求められているあり方をはじめ、法体制などさまざま観点から保育について学びました。  この教育講話にのぞむにあたり、3回の教育現場体験(幼稚園・保育園実習)を経験している生徒たちにとって、学ぶべきことも多く、有意義な時間となりました。  この学びを活かして、2学期の教育現場体験にのぞんでほしいと願っています。  はばたけ!子みらいフレンズ
 6月16日(木)~19日(日)、奈良鴻ノ池陸上競技場(ロートフィールド)で第75回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会が開催されました。本校からは3年生の生徒が男子800mに出場しました。学校の皆様からは温かく送り出して頂き、この場を借りまして感謝申し上げます。特に壮行会では、生徒の皆からの温かい声援が陸上競技部全員の励みとなりました。大会の結果を以下に報告します。   予選6組 2着 記録 1分55秒48 予選通過  準決勝2組 6着 記録 1分59秒64 決勝進出ならず  特に準決勝では、1周目がスローペースとなり最後のスパート合戦で離され、6着に終わりました。近畿大会で力を発揮することの難しさを学びました。しかし予選を通過したことは、将来につながる経験となりました。数人の3年生は7月9日(土)~10日(日)の兵庫選手権に出場予定です。受験勉強もたいへんですが、今後とも応援よろしくお願いします。
西陵祭文化の部を終え、現3年生の生徒会役員としての最後の仕事が終わりました。 これまでの3年生の背中を見てきた2年生と1年生は、これから新生徒会執行部としてますます学校を盛り上げてくれると期待しています! 今年度の生徒会執行部は西陵祭文化の部の後、1年生と2年生が1名ずつの2名が新たに加入し、2年生8名、1年生4名の12名で始まりました。先日は校長先生から、認証状を受け取り、より一層生徒会の一員としての自覚が芽生えたことでしょう。 教員もしっかりサポートし、生徒主体の学校を、生徒会中心に作り上げていきたいと思います!! 3年生の皆さん、お疲れ様でした!