新着情報

パブリック

6月23日(木)、先週に引き続いて、実験を他の班の生徒に披露しました。今回は「すっ飛びストロー」「ダイラタンシー」「色変わりマジック」「ウェーブペンデュラム」。 意外に(?)、うまくコミュニケーションを取りながら進めている班もあって、今後が楽しみです。
保護者の皆さま、生徒のみなさんに向けた校長メッセージを毎月発信しています。 生徒のみなさんには、生徒玄関から階段に上がるところの壁に掲示しています。事務室の方に協力していただき6月号に貼り替えていると、階段を降りてきた生徒会執行部2年生の男子生徒さんが手伝ってくれました。 ありがとうございました! こちらからもご覧になれます。 【生徒のみなさんへ】 6月号.pdf 【保護者の皆さまへ】 6月号.pdf
1年生が自分のChromebook を持参した授業が始まっています。 1年生のとあるクラスの数学の授業風景をのぞいてみると… 中学生のときから使っているからか、サクサクと使いこなしています。 わからないところがあると隣近所で相談する様子も自然です。 2,3年生担当の先生方も大勢教室をのぞいて、授業の様子を見学しながら意見交換していました。 1年生は教科書、ノート、筆記用具、そしてChromebook ! それが当たり前の授業風景になっていきますね。  
 3年生選択科目「世界史の探究」では、授業の取組のひとつとして、世界史の問題作成プロジェクトに臨んでいます。既習の範囲内で、教科書・資料集や問題集を参考にしながら作成に励んでいます。  どんな問題が完成するか楽しみです。  先生の苦労もわかってくれたらありがたい・・・・  
 6月22日(水)、兵庫大学 生涯福祉学部 こども福祉学科より田邉哲雄教授をお招きして、教育講話を行いました。  「保育力の向上を目指して〜子どもの発達段階を踏まえた保育のあり方〜」と題して、幼稚園・保育園の現在求められているあり方をはじめ、法体制などさまざま観点から保育について学びました。  この教育講話にのぞむにあたり、3回の教育現場体験(幼稚園・保育園実習)を経験している生徒たちにとって、学ぶべきことも多く、有意義な時間となりました。  この学びを活かして、2学期の教育現場体験にのぞんでほしいと願っています。  はばたけ!子みらいフレンズ
 6月16日(木)~19日(日)、奈良鴻ノ池陸上競技場(ロートフィールド)で第75回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会が開催されました。本校からは3年生の生徒が男子800mに出場しました。学校の皆様からは温かく送り出して頂き、この場を借りまして感謝申し上げます。特に壮行会では、生徒の皆からの温かい声援が陸上競技部全員の励みとなりました。大会の結果を以下に報告します。   予選6組 2着 記録 1分55秒48 予選通過  準決勝2組 6着 記録 1分59秒64 決勝進出ならず  特に準決勝では、1周目がスローペースとなり最後のスパート合戦で離され、6着に終わりました。近畿大会で力を発揮することの難しさを学びました。しかし予選を通過したことは、将来につながる経験となりました。数人の3年生は7月9日(土)~10日(日)の兵庫選手権に出場予定です。受験勉強もたいへんですが、今後とも応援よろしくお願いします。
西陵祭文化の部を終え、現3年生の生徒会役員としての最後の仕事が終わりました。 これまでの3年生の背中を見てきた2年生と1年生は、これから新生徒会執行部としてますます学校を盛り上げてくれると期待しています! 今年度の生徒会執行部は西陵祭文化の部の後、1年生と2年生が1名ずつの2名が新たに加入し、2年生8名、1年生4名の12名で始まりました。先日は校長先生から、認証状を受け取り、より一層生徒会の一員としての自覚が芽生えたことでしょう。 教員もしっかりサポートし、生徒主体の学校を、生徒会中心に作り上げていきたいと思います!! 3年生の皆さん、お疲れ様でした!  
6月9日、10日に西陵祭文化の部が実施されました!! 有志や舞台の企画・運営などに加え、今年度は生徒会企画として『未成年の主張』を提案し、全校生への案内や企画の運営なども生徒会が中心となり行いました。 当日の盛り上がりは凄く、生徒会のメンバーも達成感があったと思います! 実施に伴い、準備などで忙しい毎日でしたが、よく頑張りました。お疲れ様でした。
6月22日(水)の神戸新聞 三田版(三田市の他、阪神、丹波、北摂方面と神戸市の一部)に本校の子どもみらい類型+調理部の取組みが掲載されました。 神戸新聞の記事はこちら  ↓↓↓ 2022年6月22日付け 神戸新聞・三田版.PDF 西陵祭(文化の部)2日目に親和幼稚園の子どもたちと”子みらいクラブ”の生徒で収穫した「西陵農園」のタマネギとジャガイモが三田市役所の「すくすく子育て課」を通じて、市内の子ども食堂に届けていただくことになり、その様子を神戸新聞の北摂総局の記者さんが取材してくださりました。 「西陵農園」や子どもみらい類型、調理部の取組みを熱心に取材いただき、どんな記事になるのかわくわくと楽しみにしていましたが、素敵な写真と心のこもった文章に感動しました。 (取材風景) これからも、三田西陵高校の取組みを地域へと広げていく活動を進めていきます。 神戸新聞 三田総局の記者さん、本当にありがとうございました。   https://twitter.com/kobe_hanshin/status/1539385771655761922?s=29&t=m5FHM9Y7RvExQyvZb3GQ3g
6月19日(日)に三木防災運動公園にて、近畿高校サッカー選手権大会(女子)の決勝戦が行われました! この試合に三田西陵女子サッカー部から3名が、ボールアシスタントとして参加しました。 日ノ本学園が2点リードする展開から大商学園が後半に1点を返すといった白熱した戦いが繰り広げられました。プレー面だけでなく、精神面でも、学ぶことの多い試合だったと思います! 三田西陵の選手もレベルの高い試合を間近で観戦することができ、良い経験になったと充実した1日を振り返っていました。 日ノ本学園vs大商学園   2         -        1
現在1年生5名、2年生2名、の計7名で活動しています。 【活動日】月・水・木・金・土【休 み】火・日(試合等により変更有) 今年度は三田祥雲館高等学校の女子サッカー部の皆さんと合同チームとして活動していく予定です!  
6月20日(月)の放課後、前期環境委員会の発案によるボランティア清掃を行いました。生徒会執行部、調理部、女子バレーボール部、男子バレーボール部、剣道部及び当日参加30名が加わり、総勢120名近くの生徒が参加してくれました。
 6月20日(月)、過日、幼稚園児との交流会を兼ねて収穫した西陵農園のタマネギとジャガイモを、三田市役所の「すくすく子育て課」を通じて、市内の子ども食堂に届けていただくことになりました。  子どもみらい類型では、生徒たちの取組みが少しでも地域のお役に立てればと考えています。  翔べ!子みらいフレンズ
今週からBYODが本格的に始まりました。 Bring Your Own Deviceということで、生徒が自らのタブレットを持参して学習活動に利用していきます。 ESS部では、今週からタブレットを使って英会話表現を学ぶ活動を始めました。年度当初に部員にアンケートを実施して、やりたい活動として一番声の多かった英会話を楽しく学ぶこととしました。 具体的に、道案内をテーマに海外からの旅行者に乗り換え案内をスムーズにできることを目標として活動を始めました。今後、さらに様々な場面に対応しつつ、魅力を発信できる表現を身につく活動をゆっくりまったり楽しく勉強していきます。
学校中にカラフルな素敵なイラストのポスターが貼り出されました。 家庭科の専門科目「フードデザイン」を選択している生徒が、6月の『食育月間』にちなみ、授業で日本の食糧自給率が低いという課題に対する改善策を考えたのをきっかけに、各自1枚、計22枚のポスターを作成しました。 改善策としてあげられた、 ・地産地消で旬の食べ物を食べよう。 ・お米や野菜は食料自給率が高めなのでどんどん食べて、食品ロスを減らそう。 ・自給率を上げる取組みを応援する消費行動をとろう。 といった学びをポスターで西陵生に広く周知して考えてもらおうというものです。 どのポスターもそれぞれ素敵ですが、フードデザインを生徒している生徒のみなさんが選んだ優秀作品はこちらです。 <1位> <2位> ※同票 <3位> これら以外にも、生徒棟を中心に校舎の各所に22枚のポスターが貼り出されています。西陵生のみなさんはポスター巡りをしながら『食育月間』に食を考える機会にしてみましょう。
令和4年6月16日(木)6・7限  西陵祭の文化の部も先週末に無事終了し、3年生はいよいよ進路実現に向けて本腰を入れる時期になりました。  今日の進路ガイダンスは、関西の私立大学13校、短期大学2校、専門学校12校、そして就職講座1講座を含め28の講座に分かれて行い、生徒は2つの講座に参加しました。  みんな真剣な眼差しで受講していました。                        ガイダンスノート                        私立大学の講座                        専門学校の講座                        就職の講座
 6月15日(水)、子どもみらい類型2年生が幼稚園・保育園実習に行きました。雨もあがり、園児たちと元気いっぱいに活動することができました。今回で3回目となり、自ら課題を設定して、実習をとおして課題研究のテーマを模索している生徒もでてきました。  次回は9月28日(水)に実施します。4回目はさらに成長した姿をみせてくれるものと期待しています。  梅雨を乗り切れ!子みらいフレンズ!!       
食堂がプチリニューアルしたので見に行くと、、、。 さて、どこがプチリニューアルしたかわかりますか? ヒント:生徒のみなさんの間隔   そうです、机の上に、85個のパーテーションが出現! これまで間隔を空けて座っていましたが、隣同士くっついて食べれるようになりました。   本日、朝にパーテーション一式が届き、事務室のみなさん、校長、教頭先生、はたまた用事で来校された食堂業者の方まで巻き込んで、ビニールとパーテーションに貼られていたシート(これがなかなか剥がれない、しかも両面)を剥がし、食堂に置いてみたところ風で飛ぶのでテープで固定し。食堂に設置が完了したのは昼休み直前でした。 生徒のみなさんが隣同士で食事を楽しんでいる様子に、間に合ってよかったとほっと一息。 これまで人数制限があったため食堂を利用していなかった人も、どんどん活用してくださいね。
6月14日(火)、当面の目標である三田サイエンスフェスティバルに向けて、講座の生徒を相手に実験を行いました。今日は気圧をテーマにした班がいくつかの実験を披露。はじめての経験で戸惑いつつも、なんとか説明をすることができました。来週は残りの3班がトライします。   机に置いたゴムシートが、大気に押されて持ち上がらない 注射器の中のマシュマロが膨らんだり縮んだり・・・ ペットボトルの中に一瞬にして雲が出現
6月9日、西陵祭文化の部1日目に合唱部による発表~Lorelains~が本校多目的室にて行われました。 活動人数が少なく、部活動が大変だった時もありましたが、美しいハーモニーを作れるよう励んできました。 今回、色々な方々がたくさんの拍手をくださり、またアンコールを頂き、とても嬉しく思います。本当にありがとうございました。 曲目:なんでもないや、Jupiter、残酷な天使のテーゼ、あなた、どこまでも、渡月橋(アンコール)    
花緑委員会のみなさんが植えた6カ所×7で42のプランター♪ 本日、5カ所に旅立っていきました。 本日お休みだった、ゆりのき台コミュニティハウスには後日お持ちします。 ① あかしあ台コミュニティセンター ② すずかけ台コミュニティセンター ③ ウッディータウン市民センター ④ けやき台コミュニティセンター ⑤ 駒ヶ台運動公園 ⑥ ゆりのき台コミュニティハウス これからプランターからはみ出すぐらいにお花が咲き誇って、 地域の皆さまの笑顔につながりますように♪  
西陵祭(文化の日)2日目 校舎内では昨日に引き続き、1,2年生の展示・装飾、各文化部による発表 体育館では3年生5クラスの舞台発表と吹奏楽部による演奏♪ (吹奏楽部演奏では、先生方によるダンスあり、アンコールでは私もアルトサックスで一緒に参加させてもらいました。吹奏楽部のみなさん、ありがとう!!) 西陵農園では、親和幼稚園の年中さん60名をお招きして、子どもみらい類型有志「子みらいクラブ(1年生21名、2年生2名)」の生徒による、「じゃがいもほり交流会」を実施しました。 最初は少し硬さが見られた「子みらいクラブ」のみなさんも、子どもたちと一緒にじゃがいもを掘り、玉ねぎを引っこ抜くと、たちまち和気藹々に♪ 収穫したじゃがいもと玉ねぎの途中経過!これだけあります。 文化祭の役割が当たっていない教職員がバックアップしています。 この写真に写っていませんが、これ以外にもたくさんの先生が交代に参加しました。中には西陵祭のマリオの扮装のまま参加して子どもたちから大人気の先生も。 ここが三田西陵のイイトコ! 生徒のみなさんを輝かせるためには労を惜しみません! 「今日は楽しかったですか?」の問いかけに、ピ...
西陵祭(文化の部)1日目 今年のテーマは「百花陵乱 ~1人1人が輝く瞬間(とき)~」です。 開会式は、雲一つない晴天のもと、中庭を取り囲み見つめる全校生のなか、吹奏学部のファンファーレから始まりました♪ 最初に、学校長挨拶として西陵生のみなさんに伝えたのは、 ☑1,2年生は展示や装飾、3年生は舞台発表とこれまで準備してきたことを、お家の方も含め、西陵生みんなが楽しんでもらえるように披露してください。 ☑文化部のみなさんにとっては本日はメインキャストの日なので、日頃の練習の成果を存分に発揮してください。 ☑そして、お客さんの立場として、これまでのみんなの努力や工夫を感じながら、心を動かして思いっきり楽しんでください。 ☑輝きはいつも一生懸命の中にしかありません。それぞれが思いをこめて『輝け、西陵生!』でひとつになろう。 ということです。 久しぶりの2日開催、西陵生はどんな風に楽しむのだろう?とそんな心配はよそに、生徒会長挨拶、各クラスと各文化部のアピールタイムに、中庭を囲む3年生、各階の窓からのぞく1、2年生から大きな拍手と歓声が! 生徒会が自ら案を出して実施した、校舎の上から思いを叫ぶ企画『未...
毎年西陵高校では、文化祭の時期に花緑委員が、玄関前や体育館前、学校周りなどにお花を何百株も植えています。写真は3年生が学校周辺に植えているところのものです。
 学校生活におけるマスクの着用については、基本的な感染対策の一つとして着用を徹底しておりますが、これから夏季を迎えるに当たり熱中症対策が必要となります。つきましては、別紙のマスク着用の必要がない活動例を参考にし対応していきます。 05 (別紙)マスク着用の考え方等について.pdf
 6月1日(水)、子どもみらい類型2年生が幼稚園・保育園実習に行きました。今回は2回目とあって、前回の気づきなどを活かしながら各生徒は積極的に園児と関わっていました。  次回は6月15日(水)に実施します。さらに充実した実習となることを期待しています。  全集中!子みらいフレンズ  
放課後、西陵祭の準備がはじまるなか、通用門では何やら、、 そうです!三田西陵高校のイイトコ!番外編「花緑委員会」 先週、各クラスの花緑委員のみなさんが集まって打ち合わせをしていましたが、今週は実際に花を植える活動を行っています。 今日は通用門横の敷地に、有馬高校から購入した色とりどりの花の苗を植えていきます。 ポットを配置し、色のバランスを見ながら、わんさかといるナメクジにたじたじしながらも、配置が決まったら苗を植えていく花緑委員のみなさん。 最後に水やりをして、 全員で水やりが終わると、颯爽と文化祭の準備へと散っていく行く後ろ姿を眺めながら、これぞ西陵生!!と頼もしくなりました。 通用門以外にも校内各所に色とりどりのお花が植わりました。 これからは各クラスの花緑委員のみなさんが交代で花の水やりをしてくれます。
陸上部からもお知らせのあった、令和4年度県総体 陸上競技 男子800mで第5位(1分55秒12)に入賞し、近畿大会への出場資格を獲得した3年生の生徒さんに表彰状を授与し、近畿大会へ向けてエールを送りました。 近畿大会は奈良県で開催されます。 三田西陵高校生徒、教職員みんなで応援していますよ!! (文責:校長)   写真は陸上部顧問の先生と
これまで校内のイイトコ!を紹介してきた「ブラ校長♪シリーズ」ですが、今回は校外へ! 本日は子どもみらい類型2年生が「教育入門Ⅱ」のプログラムで実施している幼稚園・保育園実習の第2回目♪ 実習でお世話になっている幼稚園や保育園にご挨拶にうかがうと、どの園長先生や先生方もあたたかく笑顔で迎えてくださり、元気に遊ぶ子どもたちの中に笑顔で関わる西陵生の姿を見つけると「がんばれ!!」とエールを送りながら、計7カ所の実習先を駆け足で巡りました。 まだ2回目なのに、さっき来たばかりなのに、ずっとそこにいたかのように馴染んで子どもたちと関わっている”子みらい”のみなさん♪ さすが、子どもみらい類型での学びが生かされています!! 今回のイイトコ!はその子どもみらい類型の学びを支えている、本校、教育推進部の先生方です。 8カ所の実習先をお願いするだけでも大変なのに、それぞれの実習先の園長先生や先生方とすばらしいコミュニケーション♪ こんな先生方に支えられ、本校の子どもみらい類型の”子みらいフレンズ”は輝くのですね。 幼稚園・保育園実習だけではありません。地域や関係団体、小学校(学童保育)等、新しい企画もどんどん進行中...
三田西陵高校の新しいイラストができました。 本校 芸術科(美術)の三浦先生による作品です。 キラキラとした笑顔♪ 気持ちのよい挨拶♪ 笑い声がこだまする♪ そんな西陵生をよく表したイラストになっています。 こちらのイラストは全面リニューアルする学校案内、オープン・ハイスクールのチラシ等々、いろんなところに登場しますので探してみてください。    
5月28日(土)神戸弘陵学園学園高等学校にて、第66回兵庫県高等学校総合体育大会が行われました。 試合結果 1回戦 三田西陵高校 0ー2 香寺高校 第1セットは24ー26、第2セットは23-25と接戦でしたが、惜しくも敗退してしまいました。3年生はこの試合で引退となります。今までご支援、ご協力していただいた方々に感謝を申し上げます。ありがとうございました。  
5月27日(金)~29日(日)神戸ユニバー記念陸上競技場で令和4年度県総体が行われました。3日間朝早くから夕方遅くまで熱戦が続き、本校の3年生が男子800mで第5位に入賞し、6位以内という近畿大会への出場資格を獲得しました。他の種目に出場した選手も、3日間応援や補助員、サポートに徹した生徒もチーム皆で歓喜しました。特に3日目は炎天下のもと、よく走り切ってくれました。以下に結果をご報告します。   男子800m 決勝 第5位 記録 1分55秒12         準決勝1組 第2位 記録 1分55秒64        予選6組 第1位 記録 1分55秒05    四国インターハイ近畿地区予選会は、6月16日(木)~19日(日)に奈良県奈良市鴻ノ池陸上競技場で行われます。自己記録を更新し、徳島への切符獲得を目指して走りますので、応援よろしくお願い致します。          
5月29日(日)、県総体2日目の会場は神戸常盤女子高校でした。本校は市立姫路高校と対戦。結果は、 本校 0ー2 市姫路 2セットとも接戦でしたが、力及ばず敗退してしまいました。とても悔しい結果となりましたが、チーム一丸となって戦うことができました。 応援ありがとうございました。
5月28日(土)、いよいよ県総体が始まりました。1回戦の会場は神戸高塚高校で県立尼崎高校との対戦でした。結果は 本校 2-0 県尼崎 課題の1セット目、終始リードを許しましたが粘ってセットを奪取。2セット目は圧勝で2日目にコマを進めることができました。 明日も頑張ります。  
生徒のみなさんと保護者の皆さまへ何か校長のメッセージをお伝えする術はないかな?と考えてハッとひらめいた校長通信。 タイトルは『Go for 3E!』に決定! 保護者の皆さま向けはホームページで掲載し、メールでお知らせ。 生徒のみなさん向けは拡大して生徒のみなさんが通る階段に、、、。 大きすぎて一人では困っていると、上から降りてきた1年生女子4名が、自然に「お手伝いしましょうか?」と声をかけてくれました。 無事に貼り終えて”西陵ポーズ”で記念撮影! 助けてくれたみなさん、ありがとうございました!!   そして、校長室に戻ってくると、今度は2年生男子が校長室へ。 クラスの文化祭企画のお手伝いの依頼でした。喜んで!!   三田西陵高校にはこんな素敵な西陵生ばかりです。
  5/26(木),お昼休みに「美女撫子(ビジョナデシコ)」の芽を花壇に植えかえました。 普段は切り花を生けているので,お花を育てるのは初めてです。 久しぶりの花植え体験に,「10年ぶりに土いじりをした!」という部員もいました。 今回植えた「美女撫子」は,ナデシコの中でもこんなに美しい花は見たことがないと絶賛されたことから「撫でし子の中でも美女」,「美女撫子」と名付けられたそうです。   開花が楽しみですね。   (↑ ビジョナデシコの芽をそ~っと土にかぶせます。)   (↑ 等間隔になるように・・・。日差しもたっぷり確保できそうです!)   (↑ 大きくなりますように!)  
 5月25日(水)、子どもみらい類型の調理部員が昼休みに西陵農園で野菜の苗植え(第一弾)を行いました。今回は、茄子、キュウリ、トマト、ピーマン、スイカを植えました。  食材を苗から育て活用する「食育」の観点から、水やり、草引きなど、しっかりとお世話してくれることを期待しています。
先日、オンラインで実施した生徒会立ち会い演説会の後、引き続き実施表彰伝達式を実施しました。 その際は表彰状の紹介だけでしたが、今週、順番に表彰状を受け取りに校長室を訪れてくれています。 昨日は女子バスケットボール部 本日は陸上部 まだまだあります。 ソフトテニス部、剣道部、女子バレー部、女子サッカー部の表彰を受けたみなさん、校長室で待っています。 お互いの活躍を讃え合える、そんな三田西陵高校でありましょう♪ 「輝きはいつも、一生懸命の中にある!」 次はあなたの番です!!
5月25日(水)、乾電池(単1を3個まとめたもの)の自由落下を記録タイマーで記録し、重力加速度の測定を行いました。 記録タイマーとテープの抵抗を最小限にするため、写真のように机の上で手を伸ばし、テープをまっすぐにして乾電池を落下させています。  
5月24日(火)、久しぶりの総合的な探究の時間でした。今回は、班ごとに決めた実験を実際にやってみました。簡単にできてしまって、さらに工夫をしようとする班、実験はうまくいったけれども、服が汚れるなどの問題点を発見した班、そもそも実験がうまくいかなくて苦労している班とそれぞれでした。これらの経験を通じて、小学生相手に実験をやる場合に、どんなことに気を付けなければならないのか考えていけたらと思っています。          
三田西陵高校では、教育課程推進事業(特別非常勤講師)を活用した特色ある授業を推進しています。 今年度のトップバッターは幼児教室 Smile 代表の出口先生にお越しいただき、「子どもの発達と保育」(家庭科専門科目)で授業をしていただきました。 出口先生は大きな台車いっぱいの荷物を運んで来られたのですが、なんと中にはこんなにたくさんの絵本が!! 1時間目は出口先生の絵本の読み聞かせから♪ このときにはちょっと緊張していた生徒のみなさんも、 それぞれに好きな絵本を選びはじめると自然と笑顔になり、 手遊びをしながら、それぞれが選んだ絵本の読み聞かせが始まると、たちまち笑い声が広がりました。 2時間目は飛び出すロケットづくり♪ 最後は子どもたちの気持ちになって実際に飛ばしてみました。 出口先生、「子どもの発達と保育」を学ぶ生徒のみなさんにとって貴重な体験をありがとうございました。 次回は10月、またよろしくお願いします。
 すべての照明がLEDライトになり、光が天井に広がり明るく館内を照らしています。  生徒の皆さんが、本を読みながら落ち着いて過ごせるように工夫を重ねています。   1学期中間考査期間中の様子です。   中間考査が終わり、西陵祭に向けて、どのような展示品にするか話し合っています。
本日から3週間の教育実習がスタートしました。 1時間目、実習生(家庭科1名、保健体育科2名)のみなさんから3週間の実習をとおして何を学びたいのか、どんな力をつけたいのか夢を聞きました。 キラキラした目がまぶしい!! それを受け、校長からは三田西陵高校がスクール・ミッションとしてどのような生徒を育成したいのか? めざしている学校像は?等々の話をさせていただき、エールを送りました。 さあ、三田西陵高校でそれぞれの夢を実現していきましょう!!
定期考査明けの5月21日(土)、本校で練習試合を行いました。粘り強く拾ってくる小野高校に苦戦しましたが、目前に迫った県総体に向けて中身の濃い練習ができました。
4月20日に『令和4年度生徒会役員選挙』を行いました。 今年度は、 生徒会長に1名 生徒会副会長に2名 会計監査に1名 が立候補し、各々の作り上げたい学校像や取り組みたいことなどについて演説してくれました。 また、応援演説として、4名がそれぞれの候補者の魅力について演説してくれました。 選挙管理委員会を中心に投票の管理や司会進行も、生徒が行いました。 今年度の生徒会役員選挙は、コロナ禍により、リモートでの開催となりましたが、立候補者以外の生徒が立候補者の演説を真剣に聞いている姿は、生徒全員が学校をより良い場所にしたいという気持ちが伝わるものでした。 今年度は『生徒が中心となって取り組む』という考えを尊重し、生徒会には様々な事に取り組んでほしいと思います! 教員一同、生徒達の積極的な取り組みに期待し、全力でサポートします!!
本年度、PTA会長に選任されました小西正明です。今回このような大役を仰せつかり身の引き締まる思いです。 至らぬ点も多々あるかと思いますが、他のPTA役員の方々、先生方、保護者の皆さまと共に西陵生の学校生活が充実したものとなるよう努力してまいります。 これからもご理解とご協力のほどどうぞよろしくお願いします。
令和4年度PTA 教育振興会定期総会 5月13日に書面による定期総会が開催され、令和4年度新メンバーによるPTA活動が無事始まりましたことを、ここにご報告いたします。 旧役員の皆様には今日まで多大なるご尽力をいただき、ありがとうございました。 今年度も、より良い活動ができるように頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
中間考査最終日、応接室の扉に張り紙が…。 さて、中に入ってみましょう。 今回のプロジェクトリーダー 教頭先生のお話を聞く生徒会のみなさん それでは、生徒会のみなさんが自分たちの力であちこちアポをとり、動画を撮影し、編集して制作した学校紹介DVDのはじまりはじまり♪ きれいな洋式トイレもちゃんと押さえてくれています! 授業の一場面も先生にお願いして撮影してくれていました。 最後のシーン。オープン・ハイスクールの告知で締めくくります。 バッチリです! 素晴らしい! このDVDを見た三田市立の中学生のみなさんが、三田西陵高校を身近に感じて、たくさんオープン・ハイスクールに来てくれますように。 三田市立以外の中学生のみなさん向けには、放送部がナレーションを追加した動画を、5月下旬に本校HPで公開予定です。しばらくお待ちください。   さあ、今日から生徒会のみなさんは6月に実施する西陵祭 文化の部の実施に向けてシフトチェンジ!
(午前のつづき) 生徒のみなさんが帰った午後の校舎、多目的室に先生達が集まってきました。 こちらは本日の研修会のために大阪からはるばる来てくださった大阪市立新巽中学校 山本先生です。 そうです!先生達も生徒のみなさんの学びのために、自分たちも学んでいるのです。そんな先生方の真剣な様子がこちら。 ワークショップ1「学ぶって何だろう?」 ワークショップ2「これからの未来で身につけたい力って?」 Google Classroomで配布されたワークシートを使いながら、実際の授業と同じようにグループになって作業をしていたら、2時間があっという間、参加した先生方はこれからの授業づくりにICTをどう取り入れていくのか、そのきっかけやヒントをいただきました。 最後に見せていただいた、山本先生の中学校での授業風景動画、中学生のみなさんがイキイキと楽しく積極的に活動している様子に、三田西陵高校の授業の景色もこうありたいと思います。 山本先生、ありがとうございました。
毎日、三田西陵高校に来るのが楽しくてしょうがない♪ まさに、「生徒が笑顔で登校し、挨拶がこだまする学校」それが三田西陵高校です。   その理由を考えてみました。 まず、校舎に入るところから広々として明るく、手入れされた花壇があり、さあ今日も一日頑張るぞ!という気持ちになります。 校舎に入って左手、事務室の横にある校舎配置図がこちらです。  本校はもともと10クラス規模で建てられているので、5クラス規模になった現在ではずいぶん広々とした印象を受けます。 この開放感と整えられた素敵な教育環境♪ これが本校のイイトコ!  広々とした中庭の向こうに、体育館(2階)と食堂(1階)があります。 左手にはHR教室がある生徒棟 こちらは4階、1年生(30回生)のフロアです。 ただいま中間考査のまっただ中、そっと教室をのぞくと、真剣に試験に取り組む西陵生の姿がありました。 写真はありませんが、トイレも素敵♪ もちろん洋式、あったかい便座、洗面所は自動水栓、掃除も行き届いていてホテルか百貨店にあるようなきれいなトイレです。 そして、学校の周りに広がる閑静な住宅街と素敵なアーチ型窓♪ 中間考査が終わると、校長室の横を試...
先日お知らせしていた「みんなで広報プロジェクト!」の一つ、生徒会&有志のみなさんが自ら各所で動画を撮影し編集した、西陵生の手による学校紹介DVDが完成し、三田市教育委員会にお渡ししました。 その中にある素敵な”ことば”を紹介します。 「輝きはいつも、一生懸命の中にある」 生徒のみなさんが自ら考えてキャプションとして入れてくれたこの”ことば”素敵じゃないですか? まさしく、今のキラキラした西陵生の一生懸命が詰まった内容になっています。三田市立中学校のみなさんがどんな風に感じてくれるかなと楽しみです。 三田市立中学校以外のみなさんは、本校のホームページでも内容を一部編集し、5月下旬ごろに公開しますのでお楽しみにしてください。 生徒のみなさんに「夢の実現力」を育て、一人ひとりがキラキラ輝けるよう、私たち教職員は、正直に、丁寧に、一生懸命に「Go for 3E!プロジェクト」を進めていきます!! その様子は、随時、こちらで紹介していきますので、ちょくちょく本校のHPをチェックしてみてください。  
第2回 ビブリオバトル 練習会 日時: 5月6日(金) 放課後 場所: 三田西陵高等学校 学校図書館 ≪紹介した本≫ 「探偵さえいなければ」 東川篤哉著 光文社   第2回は、3年生が1年生を応援する気持ちで駆けつけてくれました。3年生は、原稿を全く見ずに、抑揚をつけて、ポイントをわかりやすく、楽しい雰囲気で伝えてくれました。聞いている人を笑わせてしまう余裕があり、「さすが3年生!」という声があがりました。 1年生の感想としては、「本の題名についての説明がよかったです。」「発表の中で『目を閉じて想像してみてください』と言って、聞いている人に場面を想像させたのがよかったです。」「導入や結論の部分がよかったです。自分も、全体の構成について見直したいです。」などでした。 3年生が作品のおもしろさを制限時間内で上手に発表してくれたことを受けて、発表を聞いた1年生は内容や構成について大変参考になったそうです。またユーモアを取り入れる工夫もしたいそうです。
ビブリオバトルとは? ビブリオバトルは,会場にいる人に対して、自分が好きな本を紹介して、それを聞いた人たちが「読んでみたい!」と感じるかを競うものです。本校では図書委員会の活動の1つとして「高校生ビブリオバトル大会」に参加しています。  第1回 ビブリオバトル 練習会 日時: 4月25日(月) 放課後 場所: 三田西陵高等学校 学校図書館 ≪紹介した本≫ 「月の落とし子」 穂波了著 早川書房  今年度、出場予定者(1年生)のために、2年生が本の紹介をしてくれました。2年生は、「もし自分がこの状況におかれたらどうしたろうか?」という視点で話してくれました。 1年生の感想として、「本はコロナ感染が広がる以前に書かれたものですが、予言のように感染が広がった時のことが描写されていました。」「コロナ感染が拡大してすごく不安になったことを思い出しました。」「命を失うかもしれないという危機的状況でも、人々は助け合うことができるのだと感動しました。」などがありました。 本好きの発表者が多数の本を読んできて、この本を紹介すると決めただけに、この作品のもつ深い洞察力に圧倒され、みんなが読みたくなるような発表となりま...
 5月11日(水)、子どもみらい類型2年生が幼稚園・保育園実習に行きました。  本校では近隣幼稚園・保育園7園と連携し、年間8回の実習を受け入れてもらっています(今年度は5回)。実習では“おにいちゃんせんせい”“おねえちゃんせんせい”として園児たちと「学びの場」を体験します。  生徒たちにとって有意義な実習になることを期待しています。  煌めけ子みらいフレンズ!    
5月7(土)、8日(日)に三木防災陸上競技場で丹有総体が開催されました。晴天のもと、一部の観客の方々にも観戦頂くことができました。その主な結果、個人3位以内入賞者をご報告します。 男子800m 第1位 記録 1分56秒61 女子800m 第2位 記録 2分31秒81 男子1500m 第2位 記録 4分1秒18 女子円盤投 第3位 記録 20m85cm 男子8種競技 第3位 記録 3424点 男子4×400mリレー 第3位 記録 3分34秒07 5月27(金)~29日(日)に開催されます県総体に向けてチーム一丸となって取り組んでまいりますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。                
5月6日(金)に、子どもみらい類型2年生で調理部の生徒2名の協力を得て、西陵農園で実った玉ねぎを一部ですが収穫しました。 早生(わせ)種で、これが結構デカく、調理し甲斐がありそうです。 残りはジャガイモとともに、6月の西陵祭文化の部で交流会のイベントとして収穫予定です。
 4月29日(金)有馬高校、30日(土)篠山鳳鳴高校にて、令和4年度総合体育大会丹有地区前期リーグ戦が行われました。  試合結果 三田西陵高校 2-0 氷上高校       三田西陵高校 2-0 篠山東雲高校       三田西陵高校 0ー2 有馬高校       三田西陵高校 0-2 篠山鳳鳴高校(リーグ入れ替え戦) リーグ入れ替え戦のチャンスでしたが、篠山鳳鳴高校に0-2で敗退しました。2部残留となりましたが、2部2位という結果を残すことができました。たくさんのご支援ありがとうございました。
4月30日(土)に行われました丹有総体の結果です。 女子個人 Yさん 第3位(準決勝進出)県総体への出場権を獲得      Mさん 2回戦進出      Bさん 初戦敗退 男子個人 Kさん 初戦敗退 女子団体 第5位  以上の成績を収めました。6月初旬の県総体へ向けて、より一層の稽古に励んでいきます。
2022年度がスタートしました。 今年度は、3年生9名(うちマネージャー1名)、2年生9名(うちマネージャー1名)、1年生9名(うちマネージャー3名)で活動しています。 先日の丹有総体では、目標としていた準優勝を果たすことができました。たくさんの応援ありがとうございました。今年度もチーム一丸となって頑張ります!   【丹有総体結果】 1回戦 三田西陵 84-23 有馬 準決勝 三田西陵 58-50 篠山産業 決勝  三田西陵 32-127 三田松聖    
5月2日(月)6限、今年度2回目の実験を行いました。 単振り子は測定した周期から重力加速度を求め、ばね振り子は測定した周期とばね定数から求めた周期を比較しました。 各班まずまずの結果が出たようです。  
今年度の西陵祭に向けて、ESS部は本日より準備を始めました! 英語を楽しみながら、頭を動かす展示物を目指します。かわいくて見応えのあるものになるように、新入部員も一生懸命頑張っています。
4月30日、丹有総体2日目は篠山産業高校でした。 1部リーグ戦の残り試合結果は、  三田西陵 2-0 篠山鳳鳴  三田西陵 0-2 柏原 1勝3敗で1部4位となりました。 2部5位の北摂三田との入れ替え戦では、  三田西陵 2-1 北摂三田 で、昨年度の後期リーグ戦から1部での順位を1つ上げることができました。次の県総体も頑張ります。    
4月29日、本校で丹有総体が行われました。結果は、 三田西陵 0-2 氷上 三田西陵 1-2 三田松聖 明日の柏原戦、鳳鳴戦で今日の雪辱を果たしたいと思います。                
三田西陵高校では、ホームページ等々のあらゆる媒体を使って「みんなで広報プロジェクト!」を始動していきます!! その一つをちらっと紹介♪ 生徒会のみなさんが見つめる先には教頭先生が… 何やら生徒さんと打ち合わせ中です。 ん、撮影が始まりました。 ちなみに職員室前に並ぶ机。 ここでは普段、先生と生徒のみなさんがずらっと座って、勉強を教えてもらったり、相談をしたりしています。 (放課後に撮影を始めたのですが、生徒のみなさんの賑やかな声で音声が撮れなかったため、再度、時間をずらして撮影をしました。) 次は、職員室に入って何やら撮影しています。 最後は撮影に携わった生徒会のみなさんで記念撮影♪ 今回撮影した動画は生徒会のみなさんが各所で撮影した動画と合わせて編集し、学校紹介DVDとして三田市立の中学校で見ていただく予定です。 後日、ホームページでも公開しますのでお楽しみに。
4月ももうすぐで終わらんとするギリギリに、やっと食堂におじゃますることができました!! たくさんのメニューに迷いに迷ったあげく、ここは王道、本日の日替わりシリーズ ▶日替わりランチ 塩からあげ定食 450円 ←写真を拝借 ▶日替わり丼 ソースカツ丼 400円 ←こちらをチョイス ご飯がいい炊き上がり具合でカツも柔らかく,ソースとマヨネーズの相性もおすましの味の加減もバッチリでおいしくいただきました。 4時間目が終了するとすぐ食堂に生徒のみなさんが集まってきます。 食券の販売機では何やら楽しそうにメニューを選んでいます。 食堂に張り出された沢山のメニュー。 三田西陵高校の食堂にはお手頃価格の美味しいメニューがいっぱいで選ぶのに迷うほど。これなら毎日が食堂でも大丈夫ですね。
4月26日6時間目、今日から2年生の総合的な探究の時間は、12の講座に分かれて活動を始めています。「おもしろ実験教室をプロデュース講座」は、生徒が小学生向けの実験教室を企画します。初回なのでおもしろ実験を体験してもらいました。 上の写真は、音声電流で発生させた磁場の中で、紙コップに磁石を入れて音楽を聞いているところ、下の写真は、骨が透けて見えるという特殊なシートを通して自分の手を見ているところです。
先日、ラキラした目で主体的に学びを進めていこうとする子どもみらい類型2年生「教育入門Ⅱ」の授業風景をご紹介したところですが、ついこの間入学したばかりの1年生も負けてはいません!! 教育推進部からのブログで紹介があったように、キラキラ輝いている”子みらいフレンズ”が本校のイイトコ!  ↓ ↓ ↓ 1年子みらいフレンズ「自己紹介絵本」披露会 (グループごとに披露する様子) (各班から選ばれた素敵な作品を披露する様子)1班~8班 披露が終わるごとに、みんなから大きな拍手が贈られます。 代表で披露した人以外の作品も、みんなどれも素敵な作品ばかり。 このクオリティーの高い「自己紹介絵本」を入学前の春休み課題で仕上げてきたというのには驚きです!!
 4月26日(火)、1年子みらいフレンズ(子どもみらい類型)の総合的な探究の時間で、春休み課題「自己紹介絵本」の披露会を行いました。  各班に分かれて披露した後、各班の中から素敵な作品を一点選び、全体で披露しました。どれも創意工夫を凝らした素敵な絵本で、読み手の生徒も聞き手の生徒も笑顔いっぱいの時間を共有しました。  輝け!子みらいフレンズ  
三田西陵高校が目指す教育のキャッチフレーズが誕生しました! Go for 3E! Emotion     感情が突き動かされる Energy       生き生きと活力にあふれる Education  そんな教育を目指します! ただいま校長室では、先生方と「グランドデザイン2022」「Go for 3E!」のベクトルで、これからの三田西陵高校の未来に向けて、それぞれの先生方の「私の夢」を聞かせていただきながら、「三田西陵高校の夢」を語り合っています‼️
三田西陵高校に着任して、早いもので4月も後半になりました。。 まだ一ヶ月にもなりませんが、三田西陵高校にはイイトコ!がいっぱい。 生徒のみなさんも、先生方も、事務室の方も、もちろん私も毎日ごきげんに過ごしています。 そこで、三田西陵高校をブラブラと歩き回りながら発見したイイトコ!を「ブラタモリ」ならぬ「ブラ校長♪」で紹介をしていきます。   まず、三田西陵高校は環境がすばらしい!! 昨年度に長寿命化工事が終了して外壁は真っ白で、生徒のみなさんも気持ちよく、笑顔で登校してきます。自転車組は広々とした道を自転車置き場のある通用門へ向かって颯爽と走りさっていきます。 学校に入れば、いたるところできれいな花が出迎えてくれます。 こんな風に気持ちよく学校生活がスタートできるのが本校のイイトコ!   そして、生徒のみなさんの授業が始まって静かになった校舎横の西陵農園ではジャガイモ、玉ねぎ、スナップエンドウ、青ねぎがぎっしりと。 西陵農園を管理している総務部長の先生から直々に、玉ねぎは葉が倒れて色が変わってきたら収穫時であるとか、青ねぎの葱坊主ができると堅くなるので煮物に向いているとか、いろいろとお話...
1年生で「教育入門Ⅰ」を学んだ子どもみらい類型2年生の生徒を対象に、「教育入門Ⅱ」の授業で森田先生(マイナビ)をお迎えして教育講話が開催されました。 教室をのぞくと、もくもくと何やら熱心に記入している様子。 それぞれ書いたものをもとに意見交換をします。 森田先生が加わると、みなさんの真剣なまなざしが一気に森田先生へ。 自ら手を上げて積極的に意見を発表していきます。 「こども」をキーワードに、保育士、幼稚園・小学校教諭だけではない仕事って何があるか、夢を広げていくと、 こども ✕ 人の役に立ちたい ≒ 施設案内 こども ✕ ワクワクさせたい ≒ 育児グッズ企画開発 こども ✕ 新しさを追求したい ≒ 編集者 ワクワク ✕ 前向き 「どんな自分になるか想像してみてください」 冊子を見ながら、夢を膨らませていきます。 子どもみらい類型2年生は、1年生の「教育入門Ⅰ」課題研究発表会で一人ひとりが模擬保育題材(タイトル)をもとに保育指導案を立て発表しました。 さあ、子どもみらい類型での学びを深めていく2年目の学びがスタートします! 【これから進学先を考えている中学生のみなさんへ】 本校の子どもみらい類型では、写真に登場し...
昼休み、なんだか中庭がにぎやかに…。 のぞいてみると、吹奏学部のみなさんの演奏が始まりました! 教室の窓からは生徒のみなさんが聴き入っています♪ 音楽はいいですね♪ 思わず音にのってスイング♪ 1年生のみなさん。吹奏学部も楽しそうですよ!
2,3年生は校外学習の日 3年生は現地集合で国立民族博物館へ 2年生はバスで京都(平安神宮~清水寺周辺)へ 朝、登校してきた2年生を見送り、 さて、校舎を独占して、新入生オリエンテーションのはじまり! まずは、体育館で「校長講話」を皮切りに、各部オリエンテーション。 「校長講話」では、入学式で新2、3年生にお話した内容に加えて、新1年生にだけ特別バージョンでお話ししました。 続いて、「集団訓練」 体育館の広いスペースを使って、〇列縦隊、〇列横隊と動き回ります。 だんだんに手を上げて位置取りする人、声をかけ合いながら、みんなで考えて行動していました。   あれ?いつの間に大縄が!? 各クラス、「全員が飛ぶこと、2人が綱を回す、7分間で何回飛べるか?」だけの指示でいきなり始まった大縄飛び!! (舞台側から、3組、4組) (舞台側から、2組、1組) (子ども未来類型 5組) 先のクラスの様子を見ながら、自然と集まって作戦会議をする様子、綱の持ち方、回し方を相談する様子、「いっせいのーで」って声をかけようと提案する様子など、7分間のなかでみんなで考えて行動する1年生。ついこの間入学したところとは...
ここ数日、開け放っている校長室のドアをグランドからの気持ちのよい風が吹き抜けていきます。 その風にのって、校長室から眺めていた満開の桜の花びらが散っていき、日に日に葉桜に。 これからの新緑の季節に向けて、校長室の扉を少しリニューアルしました。   さあ、それぞれの”夢”の実現に向けて、ここ、校長室で寄って集って戦略会議です!
<新入生⇔新2・3年生> 新2・3年生と新入生が一堂に会した顔合わせ 吹奏学部の演奏のなか緊張した面持ちで入場した新入生を先輩が拍手で出迎えます。 コロナ禍で一同に会する対面式は久しぶりだそうです。 さあ、これからみんなで三田西陵高校を盛り上げていきましょう! <生徒会執行部⇔校長・教頭> 生徒会執行部のみなさんが校長室を訪ねてくれて、日ごろ思ってることをいろいろ教えてくれました。 できるところから改善して、みんなが過ごしやすい三田西陵高校にしていきましょう! そして、教頭先生を中心としたプロジェクトが動き始めます! 詳細はこれから、乞うご期待!!
お天気に恵まれ、満開の桜のもとで第30回入学式が晴れやかに挙行されました。 入学式の後は、満開の桜をバックにクラス写真撮影。 さあ、これから三田西陵高校で様々な経験ができるのが楽しみですね。 ”夢”を大きく広げて、「夢の実現力」を育んでいってください。   (式 辞)  暖かな春の日射しが降り注ぎ、美しく桜が咲き誇る、そんな今日の佳き日に、兵庫県立三田西陵高等学校第30回入学式が挙行できますことを大変うれしく思います。  まずは、ただいま入学を許可いたしました200名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。私たち教職員一同、皆さんの入学を心から歓迎いたします。 そして、今日までお子様方を大切に育ててこられました保護者の皆様、お子様方のご入学を心からお祝い申し上げます。  さて、本校は、平成5年4月、三田市のニュータウンとして誕生したゆりのき台の地に開校し、今年で創立30周年の区切りの年を迎えます。10月22日には創立30周年記念式典を郷の音ホールにて行う予定になっています。  本校の校章は、生徒と教師が一体となって創造する学校で高校生活を送る生徒たちが未来に向かって大きく飛翔する姿を象徴したもの...
新年度のスタートにあたって、始業式で新2・3年生の生徒のみなさんに伝えたことは、今年度、三田西陵高校が育成を目指すメインテーマ 「夢の実現力」を育てる ということ。 その中で、「ユメタン」(英語の副教材)の著者、キムタツ先生こと木村達哉氏の言葉を紹介しました。 「夢をかなえる勉強法」 他人に寄り添い、社会のちからになるために勉強をしているのです。 せっかく生まれてきたのです。勉強をして、レベルアップして、人々を幸せにできるように、これからも勉強し続けてくださいね。 高校生になった今のあなたが、 毎日食べている食事によってカラダが大きくなったように、 日々の授業や部活動、学校行事etc.や、様々な人との出会いにより経験が広がったことで、あなたの”夢”は自分が幸せになるための”夢”から、人々の幸せをも考えた”夢”に大きく広がってきているのではありませんか? その”夢”を実現していく力を、ここ三田西陵高校での3年間でつけていってください。 そのために、これから大事にしてほしいこと、それは「あいさつ」です。 周りの様子に気を配りながら意識して「あいさつ」をするということをやってみてください。 そして、自分を信じて...
 明日の入学式に向けて、茶華道部の生徒のみなさんがきれいなお花を生けてくれました。みんなで和気藹々と楽しそう♪ 時間をかけて納得いく作品が仕上がりました。 せっかくなので記念撮影。 (玄関にて) (校長室にて) さすが、茶華道部のみなさん!! ありがとう!! 明日は着任式、始業式、入学式と式のオンパレードです。 (文責)校長 切原
満開の桜の下で何やら楽しそうな声が…。 のぞいてみるとソフトボール部の生徒のみなさんがお花見の真っ最中! もちろん新型コロナウイルス感染防止対策はバッチリで、マスクをつけての歓談をしていました。 新入生のみなさんも、三田西陵高校に入学すると、こんな素敵な先輩たちが待っていますよ。楽しみですね。 (文責)校長 切原
雲一つない青空と満開の桜が咲くなか、入学式を控えて新入生のみなさんが初登校しました。 クラス発表 担任の先生から初めてのSHR 学用品等引き渡し 体育館での入学式練習 帰りは両手に大きな荷物を抱えて。 4月8日(金)の入学式ではもっと満開になった桜が咲き誇っていることでしょう 教職員一同、新一年生のご入学を楽しみにしています。 (文責)校長 切原
3月28日(月曜日)、三田市郷の音小ホールにて吹奏楽部の定期演奏会が行われました。コロナ禍で思うように練習ができなかったと思いますが、素敵な音楽を奏でてくれました。感動をありがとうございました。  
新入生と保護者の皆様、合格おめでとうございます。3月23日に三田西陵高等学校にて合格者説明会があり、PTAからの説明は中田PTA会長がさせていただきました。本校には、専任のPTA事務局担当もいます。質問等あればPTA事務局に遠慮なくお問合せください。保護者のみなさま、よろしくお願い致します。
3月23日(水)、午後から合格者説明会を開催しました。感染症対策として出入口にて手指消毒と検温を実施した上で、換気をしながらの実施となりました。先日配布した書類をもとに、入学されるにあたり注意すべき点の確認や書類の提出などを行いました。説明会終了後は、あわせて物品購入も行いました。4月から本校の30回生として入学される皆さんの、第一歩が始まりました。    
3月23日(水)、3学期の終業式を体育館で行いました。校長先生の式辞では、コロナ対策で実に212日(7か月)にわたる蔓延防止等の中での1年で行事が思うようにできなかったことを振り返り、今後も気を緩めずにコロナ対策をお願いされました。また、1年の自分自身を振り返り、自分の悪いことや直す事ばかりでなく、自分の良いところをさらに伸ばしてほしいと述べられました。できることをさらに一層頑張るようにとのことでした。春休みを活用して、得意分野での皆さんの成長に期待しています。  
3月11日に実施した第2学区複数志願選抜の合格者発表を行い、合格者には合格校の書かれた封筒を配布しました。合格したみなさん、おめでとうございます。 本校に合格したみなさんは、説明会資料を受け取りに明日もう一度登校してください。  
3月16日(水)4限目に、1年生・2年生が交通安全学習をリモートで行いました。講師は三田警察署交通総務係の末沢様です。「自転車」は通学の方法として利用する生徒も多く、自ら利用せずとも身近な存在です。この「自転車」の交通ルールやマナーについて、前半は質問形式で解説があり、後半は映像を用いて講話がありました。また、自転車に乗る場合は、兵庫県の条例で加入が義務付けられている、自転車損害賠償責任保険に加入することを勧められました。最後に歩行者として横断歩道を渡るときは、「ドライバーに合図」をするようにお願いがありました。これを機に、登下校中のみならず日常生活の中においても、これまで以上に「自転車のマナー」に気をつけてほしいと思います。  
3月9日(水)、本校の特色類型「子どもみらい類型」2年生による課題研究発表会(模擬授業)を行いました。  授業や教育現場体験(小学校実習)等で学んだことをもとに、早くより学習計画案を作成し、実習園小学校ごとで発表に向けて取組んできました。コロナ禍の影響で、本来予定していた実習が充分に実施できず、生徒たちは試行錯誤を繰り返しながらの取組みではありましたが、多くの先生方に参観いただくなかで良い発表会となりました。  この日の発表会では、神戸海星女子学院大学濵田誠二郎教授にご出席いただき、ご講評を賜りました。心よりお礼申し上げます。  この課題発表会が生徒にとって進路選択の一助になってくれることを願っています。
 3月8日(火)、本校の特色類型「子どもみらい類型」1年生による課題研究発表会(模擬保育)を行いました。  授業や教育現場体験(実習)等で学んだことをもとに、早くより保育計画案を作成し、実習園幼稚園・保育園ごとで発表に向けて取組んできました。コロナ禍の影響で、本来予定していた実習が充分に実施できず、生徒たちは試行錯誤を繰り返しながらの取組みではありましたが、多くの先生方に参観いただくなかで良い発表会となりました。  この日の発表会では、湊川短期大学田邊哲雄教授、三田あさひ幼稚園高澤憲司園長、三田けやき台幼稚園船津美沙子副園長、北摂中央幼稚園芝本和美主幹教諭にご出席いただき、ご講評を賜りました。心よりお礼申し上げます。  この課題発表会が生徒にとって進路選択の一助になってくれることを願っています。