日誌

トピックス

全校集会

 11月2日(金)7時間目に本校体育館にて全校集会がありました。
内容は以下の通りです。
1.校長講話
  20周年記念式典を振り返って
  「逃げればピンチ、挑めばチャンス」の精神をもってさまざまな場面で全力を出し切る
  命の大切さ
2,表彰
(1)剣道部
  ・丹有新人 男子団体 2位
  ・丹有新人 女子個人 3位 
  ・三田市総体  男子団体 2位
(2)柔道部
  ・丹有新人(兼 三田市総体)男子団体 2位
  ・丹有新人(兼 三田市総体)男子60kg級 優勝 
  ・丹有新人 男子60kg級 2位 
  ・丹有新人 男子60kg級 3位 
  ・丹有新人 男子73kg級 2位 
(3)陸上競技部
  ・丹有駅伝区間賞 男子 第1区 第2位 
  ・丹有駅伝区間賞 女子 第4区 第2位  
(4)三田ボランティア連絡会 20周年記念事業~作文応募~
  ・ボラタン大賞
  ・ボラタン賞 
(5)第28回 みなぎの書道展(墨華香るまちフェスティバル実行委員会)
  ・銅賞 
  ・入選  
3.生徒指導部長講話
  ・「みだしなみ」について
  ・服装頭髪点検 
 
 
 

創立20周年記念式典

 10月27日(土曜)、13時より創立20周年記念式典および記念講演会を実施しました。ご来賓・PTA役員・保護者を含め、300名以上の方にご来場いただきました。
 今後は、お寄せいただきましたご厚情を胸に、さらなる教育の充実と発展を図るよう全校あげて努力してまいります。どうぞこれからもご支援をいただきますようお願いいたします。
 

玄関で職員と生徒が受け付け
 
1 記念式典 13時~
 
司会は放送部です 
 
 
 
黒田校長の式辞
 
松田教育次長の挨拶
 
 
大澤三田市教育長の挨拶
 
 
 
吉田実行委員長(同窓会長)の挨拶
 
松野PTA会長の挨拶
 
 
前田生徒会長の喜びのことば
 
 
華道部作成のモビール
 
 
2 生徒表彰・生徒発表 14時~
創立20周年キャッチフレーズ等の表彰

本校吹奏楽部・合唱部による演奏
 
3 記念講演会 14時50分~
 講師は芸能人の 間 寛平 氏で、「アースマラソンのすべて」という演題で講演をしていただきました。巧みな話術で、とても楽しい時間を過ごせました。
(所属事務所の意向で本人の写真は掲載できません)

ハイスクール特派員登場

 10月16日(火)17:15~の「ハイスクール特派員登場」に放送部、生徒会、そして生徒会顧問の藤川先生が出演されました。
 初めに放送部が9月から開始されたお昼の放送について紹介し、その後10月20日(土)のふれあいコンサート、11月4日(日)の放送コンテストへと話が移りました。生徒会は10月4日(木)の人権講演会での寸劇、そして10月27日(土)の二十周年記念式典、11月18日(日)のオープンハイスクール、12月13日(木)の楽寿荘訪問のお話をしてくれました。最後に、「地域のみなさまのご理解、ご支援のもと、三田西陵高校は今後一層の活躍をしていきたい。」という藤川先生の言葉で放送が締めくくられました。出演した放送部員は、「DJの方のインタビューの技法に感動しました。」と大満足でした。
 
 

全校集会

 9月28日(金)7限目に全校集会がありました。集会の内容は以下のとおりです。
 1.校長講話 
    学習環境の整備について、
    「いじめ」のない安心安全な学校づくりについて
 
 2.表彰
    ・陸上競技部 丹有ジュニア 男子やり投げ  3位   
                      男子三段跳び  2位
                      女子400m    3位
                      女子100mH   3位
                      女子円盤投げ  1位
                      女子やり投げ   2位 
    ・サッカー部 丹有カップ  3位
                    優秀選手  2名

 3,生徒会より
    ペットボトルキャップ 回収キャンペーン
    かわら版(生徒会会報
 
 4.指導部長講話
    服装頭髪チェック
    「いじめ」のない学校に                  
    自転車マナーを守ること
    3ない運動を守ること
 

ハイスクール特派員登場

 9月18日(火)17:15~のハニーFM「ハイスクール特派員登場」は男女バレー部が出演してくれました。
 男子バレー部は当初出演を予定していたメンバーが当日欠席だったので、急きょピンチヒッターとして1年生に白羽の矢が立ちました。少し緊張気味の2人でしたが、9月初旬のリーグ戦で1部残留出来たことが非常にうれしく、唯一の2年生に1年生らが迫る勢いで頑張っているというチーム事情がうかがえました。
 女子バレー部はチーム全体が和気あいあいとしており、課題である声かけをしっかりすることを意識しながら練習に励んでいるとのこと。非常にリラックスした状態で放送に臨んでいました。
 両チームとも、次の大会10月7日(日)、8日(月)の春高バレー予選大会に向け猛練習中です。