ユネスコスクールとは    

 

 

 

 

 

 

 〇ユネスコスクールは、1953年、ASPnet(Associated Schools Project Network)として、ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践するため、国際理解教育の実験的な試みを比較研究し、その調整をはかる共同体として発足しました。

○2019年11月現在、世界182の国・地域で11,500校以上のユネスコスクールがあります。日本国内の加盟校は1,120校です。

○ESDの推進拠点と位置付けられています。

ESD= Education for Sustainable Development=持続可能な開発のための教育
→ 持続可能な社会の担い手を育む教育です。


SDGs(持続可能な開発目標)とは
SDGsは「誰一人取り残さない」持続可能で多様性(様々な種類があること)と包摂性(ある範囲の中に包み入れること)のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標です。本校の達成状況は下図のとおりです。