検索
QRコード
明石北高校ホームページ
 
 
カウンタ
アクセス数205677

学校長挨拶

 本校は、校歌にもありますように、緑さやけく、萌えたつ園、ここ松陰の丘に昭和47年に明石学区第3番目の全日制普通科高等学校として創立され、本年で49年目を迎えます。創立以来の校訓である「自主・協調・創造」を基盤として「確かな学力(知)」「豊かな心(徳)」「健やかな体(体)」に裏打ちされた「生きる力」をはぐくむとともに、本校が育てる生徒像である「基礎的な人間力の上に、探究心を核とした、主体性、協働性、表現力を持つ生徒」を育成することを目標として、日々の教育活動に邁進して参りました。

 卒業生は、18,000名を突破し、国内外を問わず、社会のあらゆる分野で活躍しています。

 さらに、本校は理数系教育に重点を置き、平成15年には自然科学コースを、続いて平成24年には自然科学コースを自然科学科に改組し、平成22年には文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、本年度から第3期5年間の研究指定がスタートします。

 このように本校は常に時代の最先端を見つめ、国際的に活躍できる科学技術人材の育成を核とし、その成果を文科系人材育成にも波及させることによって、より質の高い教育を引き続き志向して参りたいと思います。

 また、来年度創立50周年を迎えるにあたり、その記念行事としてICT環境の整備を県の整備計画と連動しながら積極的に進め、「主体的・対話的で深い学び」を指向したICTを活用した授業改善(探究学習)を行う予定です。

 このような学習環境のもとで、生徒一人ひとりが高い学力と学習意欲を醸成し、崇高な志のもと、進路を主体的に選択し,夢を実現できる人材に成長することを願っています。

 どうか、このホームページで、本校の教育活動の一端をご覧いただき、今後とも、ご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年4月
                       第18代校長 安岡 久志