教職員課 教員免許サイト内検索画面へ移動します 教員免許ページ内を検索
 
 

教員免許更新制の概要

教育職員免許法の改正に伴い、平成21年4月から教員免許更新制が実施されています。
現職教員などの更新講習受講対象者は、定められた期間に大学等が実施する免許状更新講習を30時間以上受講し、都道府県教育委員会へ更新の申請を行う必要があります。
(現職教員の場合は、更新講習の受講免除や、有効期限の延長ができる場合があります。)
 

更新講習受講対象者

(1) 現職教員

(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員

(3) 教員採用内定者

(4) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者

(5) 過去に教員として勤務した経験のある者

(6) 認定こども園、認可保育所、幼稚園を設置している者が設置する認可外保育施設で勤務する保育士

など
詳しくは、文部科学省ホームページ(外部サイト)をご確認ください。 
 

更新手続の期間の確認

1 有効期限の確認

下記のチャートで、お持ちの免許状の有効期限を確認してください。
今までに免許更新、更新講習の受講免除や休職等による有効期限の延長をしたことがある。 はい申請後にお手元に届いた証明書をご確認ください。


更新申請をされた方
・更新講習修了確認証明書がある
 あなたは旧免許状保持者です。
・有効期間更新証明書がある
 あなたは新免許状保持者です。


免除申請をされた方
・免許状更新講習免除証明書がある
 あなたは旧免許状保持者です。
・有効期間更新証明書がある
 あなたは新免許状保持者です。


延長申請をされた方
・修了確認期限延期証明書がある
 あなたは旧免許状保持者です。
・有効期間延長証明書がある
 あなたは新免許状保持者です。

旧免許状保持者証明書に記載の「修了確認期限」が有効期限となります。
新免許状保持者証明書に記載の「有効期間の満了の日」が有効期限となります。
いいえ  
初めて教員免許状を取得したのは平成21年4月1日以降である。 はいあなたは新免許状保持者です。
免許状に記載の「有効期間の満了の日」が有効期限となります。
複数の免許状をお持ちの場合は、最も遅い「有効期間の満了の日」が、全ての免許状の有効期限となります。
いいえ  
栄養教諭免許状を所持している。 はい栄養教諭免許状を取得したのは平成21年3月31日以前である。
いいえいいえ斜はい
あなたは旧免許状保持者です。
表1(別ウインドウ)により最初の修了確認期限を確認してください。
 あなたは旧免許状保持者です。
表2(別ウインドウ)により最初の修了確認期限を確認してください。

2 更新手続の期間

1で確認した有効期限2年2か月前から2か月前までの2年間が、更新手続期間となります。
 

更新講習の受講と更新申請

2年間の更新手続期間に、更新講習の受講と更新申請を行ってください。


更新講習の受講は、各自で大学等に申し込んでいただく必要があります。
講習の受講と開設情報のページを参考に、申込・受講してください。


講習の受講修了後、大学等から修了証明書(履修証明書)が発行されますが、この証明書を所持しているだけでは教員免許の更新は完了していません。
更新等の申請のページを参考に、更新申請を行ってください。

※教員免許更新制に係る更新等の申請は、
学校・幼稚園・こども園に勤務する教員…勤務校のある都道府県教育委員会
教員以外の方…住所地の都道府県教育委員会
で受け付けています。 

 

更新講習受講の免除(現職教員のみ)

校長、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、指導主事、社会教育主事等の職にあるなど、下記の免除対象者に該当する方は、更新講習の受講が免除されます。


免除対象者
 更新手続期間(2年間)内に下記の要件に該当する者

(1) 校長(園長)、副校長(副園長)、教頭、主幹教諭又は指導教諭の職にある者

(2) 指導主事、社会教育主事その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する専門的事項の指導等に関する事務に従事している者

(3) 更新講習の講師又は講師であった者

(4) 国若しくは地方公共団体の職員又は幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校もしくは特別支援学校を設置する国立大学法人又は学校法人の役員もしくは職員のうち、上記(1)、(2)に掲げる者に準ずる者として免許管理者(兵庫県教育委員会)が定める者

 有効期限の10年前~2月前の期間に、学校における学習指導、生徒指導等に関し、特に顕著な功績があった者に対する表彰等であって免許管理者(兵庫県教育委員会)が指定したものを受けた者


免除を受けるには、免除申請が必要です
更新等の申請のページを参考に、免除申請を行ってください。 
 

休職等による有効期限の延長(現職教員のみ)

産休・育休・病気休職など、下記の延長事由がある場合は、有効期限の延長を申請することができます。


有効期限の延長事由及び延長期間一覧
 延長事由 延長可能な期間 ※1
 産前及び産後の休業 当該事由がなくなった日から2年2月以内
 育児休業
 介護休業
 病気休暇(引き続き90日以上)
 心身の故障による休職
 刑事事件に関し起訴されたことによる休職
 指導改善研修中であること
 地震、積雪、洪水その他の自然現象により交通が困難となっていること
 在外教育施設等への派遣
 外国の教育施設等への派遣
 専修免許状取得のため大学院等に在籍していること
 〔旧免許状保持者のみ〕取得から10年未満の教員免許状を有していること 最新の免許状を授与された日の翌日から10年以内
 教員となった日から有効期限までの期間が2年2月未満であること 教員となった日から2年2月以内
 その他免許管理者(兵庫県教育委員会)がやむを得ないと認める事由があること 当該事由がなくなった日から2年2月以内
※1 この期間内であれば、任意に設定が可能です。


延長を受けるには、延長申請が必要です自動的に延長されることはありません。
更新等の申請のページを参考に、延長申請を行ってください。
 

現職教員以外の方で、既に有効期限を過ぎている場合

教員としてお勤めでない方の、有効期限を過ぎた教員免許状の取り扱いは、旧免許状・新免許状で異なります。


旧免許状保持者
免許状は休眠状態(無効な状態)になっています。
教員としての勤務を希望されるなど、免許状を使用する必要がある場合は、講習の受講と開設情報のページを参考に、更新講習を申込・受講の上、更新等の申請のページを参考に、更新申請(更新講習修了確認期限後確認申請)を行ってください。
なお、休眠状態の免許状については、お返しいただく必要はありません。


新免許状保持者
免許状は失効しています。
教員としての勤務を希望されるなど、免許状が必要な場合は、講習の受講と開設情報のページを参考に、更新講習を申込・受講の上、授与申請のページを参考に、改めて授与申請を行ってください。
なお、免許更新の有効期限が過ぎて失効した免許状については、改めて授与申請をされる場合を除き、お返しいただく必要はありません。
 
兵庫県教育委員会事務局教職員課 免許担当
〒650-8567(所在地記載不要)
兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号 電話番号:078-341-7711(代表)
Copyright © Hyogo Prefectural Board of Education. All rights reserved.