活動の様子

カテゴリ:幼稚部

幼稚部 クリスマス会

幼稚部のクリスマス会を17日に行いました。

おしゃれをして登校した子どもたちはいつもと違う雰囲気にそわそわもぞもぞ。

きぐみ・ももぐみの子どもたちはこの日をとても楽しみにしていました。どの子も、「サンタさんが見てるよ!」と言われるだけで、頑張る力が湧いてきます。

クリスマス会に向けて、ツリーを飾ったり、リースや、ツリーの飾りを作ったりと、楽しみながら準備をしました。

サンタさんに「さんたさんへ。がっこうに きてね。」とお手紙を書いて靴下の中にいれました。「サンタさん持って行ってくれているかなー?」と何度も何度も靴下の中を確認していました。


クリスマス会当日。まずはじめはきぐみ・ももぐみによる合奏です。

曲は『きらきら星』でした。先生をしっかり見ながら演奏することができました。

合奏が終わると、次は『サンタが街にやってくる』の歌を歌いました。

お母さんたちから大きな拍手をもらい「サンタさんに聞こえているかなー。」

「サンタさんは来てくれるかなー。」と、ニコニコ嬉しそうな子どもたちでした。

その時です!!アコーディオンカーテンの向こうからリンリンリン鈴の音が聞こえます。「あれ?何の音?」先生が問いかけると子どもたちも耳を澄ませます。

いよいよ『サンタさん』の登場です。カーテンを開けると…「あっ!サンタさんだ!」サンタさんを見つけて子どもたちは大喜び。トナカイさんが引くそりに乗ったサンタさんが登場すると、みんなの笑顔は最高潮!11人、プレゼントを手渡してもらい、サンタさんやトナカイさんにお礼を伝えました。

プレゼントを貰った後は、そりに乗せてもらう事になりました。

嬉しそうにそりに乗り込みます。ドキドキしながらサンタさんと一緒にそりに乗ることができました。



 

教室に戻ってからは、貰ったプレゼントを開けて子どもたちは大喜びでした。「24日は自分のお家にサンタさんが来てくれるか」や、「どんなプレゼントがほしいのか」などの話にも花が咲いていました。

サンタさん、トナカイさん、今年も幼稚部にやって来てくれて、ありがとう。

24日はおうちに来てね。待ってるよ