「ちはやふる(千早振る)」は激しく荒々しいさま、「彦」は才徳の優れた美男子を差します。で、私の名前は「千早彦(ちさひこ)」です。名前と違いいたって平凡なおじさんです。そんな校長の私が日常や学校で感じたことを思いつくままつぶやきます。それがこの「ちはやふる通信」なのです。
 

ちはやふる通信

校長ブログ >> 記事詳細

2019/09/14

その107 R1 文化発表会

| by 井上
 アメリカに行ったまま、行方不明状態のようなブログですが、帰ってきました。
さて、令和に入って最初の文化発表会が9月13日と14日に実施されました。14日には天候に恵まれ、一般公開の日でもあったので、大変多くの方に来校していただき、生徒の頑張りを見ていただきました。ありがとうございました。
 生徒たちの頑張りを見ていると、来年は自分も何かの形で参加しようかなんて、思ってしまいました。これから1年、構想を練らなければ。
 特筆すべきは、本校の前身である旧制柏原中学時代にゆかりのある人物を描いた演劇3部作が、今年度で完成したことです。1作目は音楽の教員、唱歌「旅愁」で有名な犬童球渓物語、2作目は卒業生で第47代内閣総理大臣 芦田均物語、そして3作目が今年の旧制中学2代目校長、島崎藤村の小説「破戒」のモデルといわれる大江礒吉物語。脚本演出等を本校の職員が行い、生徒たちが演じました。これからは、毎年この3部作を上演していく予定です。ぜひ、来年度以降もお楽しみに。

  
大江礒吉物語          生徒演劇

  
 大勢の観客           調子に乗ってる私
17:31 | 投票する | 投票数(3)