「ちはやふる(千早振る)」は激しく荒々しいさま、「彦」は才徳の優れた美男子を差します。で、私の名前は「千早彦(ちさひこ)」です。名前と違いいたって平凡なおじさんです。そんな校長の私が日常や学校で感じたことを思いつくままつぶやきます。それがこの「ちはやふる通信」なのです。
 

ちはやふる通信

校長ブログ
12345
2018/10/15new

その57 PTA研修旅行で京大に行って来ました。

| by 井上
 13日の土曜日、行楽に最適な天気でした。8時に出発してまず向かったのは、京都大学です。正面の時計台の中は記念館になっており、京大の歴史についてや哲学者西田幾多郎などについての展示館があったり、京大グッズのショップがありました。先日ノーベル賞を受賞された本庶先生を祝して、記念金メダルチョコレートが売られていたので、思わず買ってしまいました。本校からも、多くの生徒が入学してくれるとこんなにうれしいことはないのですが・・・。
 その後は京都駅近くでショッピングとホテルでのバイキングの昼食をとって、帰ってきました。バイキングというのは私には毒です。ついつい食べ過ぎてしまいます。普段では絶対あり得ない量のスウィーツをデザートに食べてしまいました。また、太ってしまったか?
 計画頂いた役員の皆様、ありがとうございました。参加された会員の皆様、お疲れさまでした。

  
12:39 | 投票する | 投票数(0)
2018/10/11new

その56 ホームページが新しくなりました!!

| by 井上
 今週から、ホームページが生まれ変わりました。非常にスマートになったと思いますが、どうでしょうか?ホームページは世界に広げられた学校の顔です。明るく元気に頑張っている学校や、柏高生の様子を届けられればと思います。
 校長ブログがあまりにも目立つところにあるので、少々プレッシャーを感じております。また、校歌が聞けなくなったと、大先輩からご意見をいただいたりとまだまだ改善の必要があるかと思います。いろいろお聞かせください。それだけ、閲覧していいただいているのだと感謝し、改善に努めてまいりたいと思います。
10:13 | 投票する | 投票数(8)
2018/10/11

その55 ようこそ先輩 丸川先生講演会

| by 井上
 少し前になってしまいましたが、10月4日に進路探究WEEKの一環として例年、進路決定に役立つような講演会を実施しています。また、毎年数回、本校卒業生で各方面で活躍されいる方を講師に招いての講演会「ようこそ先輩」を実施していますが、今回は両方を兼ねて、大阪にある医誠会病院名誉医院長で、近畿大学医学部客員教授でもある丸川征四郎先生に講師を務めていただきました。
 丸川先生は、本校14回生で、神戸大学医学部をへ進学され、柏原荘病院(現柏原病院)、神戸大学病院、兵庫医科大学教授などを経て現在に至っておられます。とくに、救急医療の世界では日本の権威でもあり、阪神淡路大震災、尼崎でのJR西日本脱線事故では、救急医療センターの代表として、運び込まれて被災者等の治療の陣頭指揮をとられた方です。
 先生は、「高校時代の君たちに伝えたいこと」というテーマで、医療現場の取り組みではなく、丹波市の小・中学校時代、柏原高校時代を振り返りながら、今やるべきこと、そして今獲得したことが、将来の自分を形成する上で非常に大切であることを、エピソードを交えながら熱く語っていただきました。特に、進路決定の真只中にいる3年生には強く心に響いたようです。心に灯をつけられた生徒も多かったのではないでしょうか。校長室で休憩していただいていたところへ、話を聞いてほしいと訪ねてきた生徒もいました。
 先生は、終了後そのまま東京に向かわれました。そのような忙しい中、講演いただいたこと心より感謝申し上げます。
08:45 | 投票する | 投票数(3)
2018/10/04

その54 知の探究コース 1年生探究発表会

| by 井上
  本校、「知の探究コース」は総合的な学習の時間を「探究」として、「地域課題から世界を考える」というコンセプトで課題解決学習に取り組んでいます。1年生は夏休みの課題として地元丹波市の抱える課題や振興策について、テーマを設定し、関係機関などにインタビューするなどして、自分なりに考察を加え、まとめるということに取り組みました。
 その成果発表会が、昨日行われました。人口減少問題、空き家問題、特産品を使った町おこし、その発信方法など1人1テーマを発表し、お互いに聞き評価しあいました。同時に10人ぐらいがパネル発表なので聞きたい発表を聞くという形ですので、全員のものを聞くことはできませんが、ここでは、設定テーマの面白さとプレゼン能力が試されますね。1年生から、こういった経験を積むことが将来役に立っていくと思います。

     
12:24 | 投票する | 投票数(4)
2018/10/04

その53  ただいま進路探究WEEKです。

| by 井上
 今週は、進路探究WEEKということで、7時間授業の月木は短縮授業、6時間の日はそのままで放課後に、進路を考えるうえで参考になるような講義を様々な分野の方に来校いただき実施しています。毎日、国公立大学、私立大学、専門学校から教授、准教授、講師の先生に来ていただき40を超える数の講座が開かれています。生徒は希望に応じて講座を選択しています。
 そこでも非常にありがたいのは、柏原高校出身の先輩たちが、本当に忙しい中、母校の後輩のため貴重な時間を割いて来て下さっていることです。私も毎日どこかの講座に参加し、話を聞かせてもらってます。東大の平田教授のナノ粒子に関する世界トップレベルの研究の講義。佛教大学の高見教授は教員を目指す生徒たちへの熱い講義、大阪音楽大学の足立特任准教授の講座では、柏原高校の応援CMを生徒ともに作成されるなど、どれもこれも生徒の心に灯をともすような素晴らしい話が聞けました。武庫川女子大学の村山先生のお話は重なっていて聞けませんでしたが、どの先生方も後輩たちのため熱いメッセージをいただき、本当に心強く感じました。こんな時間を過ごせる、本校の生徒たちは幸せです。
 それぞれの先生方が共通しておっしゃられていたのは、高校時代にいろいろな教科を学ぶことがとても大事であること、受験に関するとかしないとかではなくいろいろ学ぶことが、将来、社会人としてしっかりやるうえでつながりが出てくるということだったと思います。在校生の諸君が、この機会に進路や高校生活のあり方をしっかり考える機会にしてほしいです。

  
10:59 | 投票する | 投票数(2)
2018/10/01

その52 柏原病院フェスタに行って来ました。

| by 井上
 29日(土)柏原病院フェスタが柏原病院で行われました。本校の吹奏楽部と、インターアクト部の諸君が演奏や運営で協力してくれているので、ちょこっと覗いたわけです。台風の影響か、雨も思いのほかしっかり降りましたので、お客さんも少し少なかったのかもしれませんが、吹奏楽部がオープニングコンサートで楽器紹介などを織り交ぜながら、大いに盛り上げてくれました。観客の皆さんも大喜びでした。インターアクトの皆さんは、受付やら各会場での補助を開始から終了まで頑張ってくれていました。
 柏原病院は、来年には新しくできる医療センターへ移転しますので、同会場では最後の開催ということでした。看護学校を含め、これまで本校はいろいろお世話になっています。新しいところに変わってもよろしくお願いしたいと思います。

   

 台風24号が通り過ぎ、台風一過という言葉がぴったりくるような快晴になりました。福知山線の運行が少し遅れましたので、一部の生徒は遅れました(公欠扱い
)が、2時間目には全員そろうことができました。それにしてもまた25号が、発生しているようで気になります。毎回週末は勘弁してほしいです。
10:30 | 投票する | 投票数(3)
2018/10/01

その51  祝 全国大会出場 陸上女子100mH

| by 井上
 丹波新聞にも大きく取り上げていただきましたが、1年生の黒川さんが、10月19日に名古屋の瑞穂競技場で行われる陸上のU18日本選手権に出場することになりました。おめでとうございます。ぜひ、本番でも自己記録の更新を目指して頑張ってほしいです。まだ、1年生ですのでこれからの伸びが期待されます。応援よろしくお願いします。
10:22 | 投票する | 投票数(1)
2018/09/28

その50 スズメバチバスター!

| by 井上
 北体育館の軒先にいつの間にか、スズメバチが巣をつくっていました。結構な高い位置だったのと、もうハンドボールぐらいの大きさになっていたので、今日夕方、業者の方に退治してもらいました。嬉しがりの私は、どんなバトルが繰り広げられるのかと興味津々。近寄ると危ないとのことで、迷惑かけないように少し離れたところから、野次馬よろしく見学です。さあいよいよと思っていると、なんと勝負はあっさりあっという間に巣は撤去されてしまいました。さすがプロですね。巣の中にはたくさんの幼虫がいました。キイロスズメバチだったようです。
 ともかく被害者が出る前に撤去できてよかったです。

   
 
  
 見にくいですが白く見えるのが
 幼虫です。
17:56 | 投票する | 投票数(4)
2018/09/25

その49 カプレカ数って知ってます?

| by 井上
 先週、数学科の公開授業が行われたので私も参加しました。3年生文系の選択授業(学校設定科目)です。基本的に数学を受験に使うことはないけど数学が好きな子たちが集まっている講座なので、担当者はいろいろテーマを工夫して実施しています。この日は、「〇〇数といえば」という問いから始まりました。数学には、自然数、実数、虚数などなど、いろいろな〇〇数がありますが、本日のメインは「カプレカ数」でした。???、聞いたことなかったです。
 で、「カプレカ数」とは? という話はここでは書きません。というよりここで説明する能力が私にはないので、ぜひ興味のある人は調べてみてください。私はとても面白く授業を受けることができました。普段使ってない頭を使うのはいいことですね。なぜ、そうなるのかってことがわかると、もやもやも晴れて気持ちのいいものです。
 学ぶってことは、未知のことを知ることができることでもあるので、好奇心を駆り立てられますね。だから、本来楽しいことだと思うのですが、なかなかそうではないのが現実ですかね。楽しく学ぶって、私たち教員にとってもすごく大事ですね。また、次が楽しみです。
10:26 | 投票する | 投票数(4)
2018/09/25

その48 波々伯部神社 万燈会

| by 井上
 再び、私事です。

 毎年、9月の第4土曜日の夜、私の地元篠山市の波々伯部神社では万燈会という行事が行われます。日本各地で行われていますが、本来、東大寺から始まった行事であったようで多くはお寺で開催されているようです。供養や懺悔が目的であったようですが、波々伯部神社では、供養に加えて今後の繁栄を祈願して行っています。
 明治21年から続いている行事で、波々伯部地区の八ヶ村から世話役が出て実施しています。基本的には世話役は世襲していたようですが、高齢化、人口減に伴いそうでない地区も出てきました。で、私はその世話役を義父から受け継ぎもう10年ぐらいになるでしょうか。土曜日の朝から準備し翌日の午後に後片付けと毎年、土日がつぶれるのですが、今年は月曜が振替休日だったので今年は少しゆっくりできました。
 1800余りの個人や、企業から献灯いただきましたので、1800を超える明かりが神社の境内にともされます。なかなか幻想的な美しさであります。灯篭ではなく、小さなお皿に油を注ぎそこから灯芯を出して灯しているため、風をよけるためにテントと幕を張っているのが少し残念なのですが、それでもいい感じです。今後も、伝統行事は続けていくことが大切だとは思いますが、引き継いでいく人の確保が大変です。これからの大きな課題であります。
 今年は天候に恵まれましたのでよかったですが、来年はどうでしょう。また、これを読まれて興味のある方は、来年ぜひ献灯してください。

   
08:41 | 投票する | 投票数(2)
12345