2019年10月の記事一覧

今年度前期の研修会を振り返り…②

9月20日 福田先生の講演会並びにケース会議
 岡山大学病院で人工内耳の施術を受けた子どもたちのその後の支援として、松本耳鼻咽喉科でマッピングや補聴器の調整でお世話になっている言語聴覚士であり、大学でも教鞭をとっていらっしゃる福田章一郎先生をお迎えして講演会並びにケース会議を実施いたしました。
 講演会では「聴覚認知の障害と言語発達」という演題でお話しいただきました。人工内耳の装用効果に時間を要することなどを始め、発達障害に起因する聴覚認知障害で課題となる症例などについても具体的にお話ししていただき、理解を深めることができました。
 ケース会議では、学校生活の中で気にかかる難聴の子どもたちについて、配慮すべきことや支援の方法、人工内耳のマッピングや補聴器の調整状況などを具体的に教えていただきました。
 以下ご参加頂いた地域の学校の先生方の感想です。
・聞きにくさの課題や聴覚認知を困難にする要因について細かく詳しいお話があり、理解しやすかった。いろいろな発達障害の特性にも紐づけて聴覚認知について聞くことができたので、身近な子供を浮かべながら考えることができた。 

・聞こえなくて困っている人が多く、その特徴(困難さ)について理解できました。また、言語獲得における音韻ループ(構音リハーサル)の話を聞いて理解できました。  

・聴覚認知について詳しく学んだことがなかったので、今回教えていただけてとても良かったです。

・聞こえにくいことが難聴ということだけでなく、脳機能障害による聞きづらさがあるということがわかり、話を聞いていない、聞こうとしないと簡単に判断していた生徒にも、こういう原因があるかもしれないとわかった。