令和元年度 学校見学・聴覚障害教育研修会

 聴覚障害児に関わる方々に、本校のセンター的な役割の周知をはかり、早期の乳幼児相談、早期教育の必要性とその意義を理解して頂くことを目的とした「令和元年度 学校見学・聴覚障害教育研修会」を6月28日(金)に実施いたしました。市町の教育委員会特別支援教育担当の先生方を始め、福祉課や保健センターの保健師の方々、こども発達サポートセンターや保育園所・こども園・幼稚園の先生方等がご参加下さいました。
 学校見学では、保育相談部・幼稚部・小学部・高等部の授業や休憩時間の様子をはじめ、聴力測定室等の施設の見学をして頂きました。また、本校の聴覚支援センターの地域支援の現状も報告させて頂きました。今年度の研修会では、前京都聾学校校長で京都府のみならず近畿のろう教育を支えてこられ、現在は京都府総合教育センターにて教師力向上アドバイザーとしてご活躍中の、酒井 弘 先生に「聴覚障害とことば・早期教育」について、わかりやすくお話しして頂きました。実践に基づいた内容のお話しで、具体的な支援のあり方を伺うことができました。

[ ご参加頂いた方々の感想より]
・幼稚部でされている子どもにとっての分かりやすい表現での伝え方や保護者への関わり方、社会での自立への道筋など学ぶことができました。今後、言葉のとらえ方や日本語指導の専門性、早期発見からの保護者支援について学びたいと思います。
・聴覚障害の早期発見、早期教育の必要性がよくわかりました。
・酒井先生の講義内容で、耳が聞こえにくい子の困り感がよくわかった。障がいのあるなしにかかわらず、子どもには笑顔で肯定的な声かけが大切だと再認識できた。
・実際の場面を見学させて頂いたことで、講義の内容がわかりやすかったです。見かけにはたくさん話していても実際の理解とはギャップがあると知り、専門職としてしっかり子どもの困り感を把握できるようにしたいと思います。
・気づき→共感→手立てを考えること、また、語彙能力を高めるために太った言葉にしていくと、たいへんわかりやすく学ばせて頂きました。普段の子どもたちへのかかわり方を振り返ることができました。
・ことばの習得過程を丁寧に説明して頂き、そこに保護者や指導者がどのように関わるかを詳しく教えて頂けました。聴覚障害について学ぶ良い機会を与えて頂きよかったです。