日本絵本賞読者賞

 本校は「日本絵本賞読者」の実践校に選ばれました。この賞は日本国内で一年間に出版された絵本のうち24冊の中で好きなものを投票で選ぶものです。投票にあたっては小学部から高等部までの児童・生徒が絵本の宣伝ポスターを書き、投票所の設営・集計は高等部の生徒が行いました。
 この取り組みでは、自分が日ごろ選ばない本も対象にして比較することで視野を広げることができました。本校は聴覚に障害を持つ子どもが通う学校のため、視覚からの情報を活用するスキルをいかにして養うかが課題となっています。日本語の文章を読む力を助ける絵・写真は、スキルを育むために役立ちます。今回は本校の子どもたちにとって良い機会であり、今後の図書活動の参考になりました。
絵本の展示、投票場
 投票の様子 投票箱
 投票用紙の集計