今年度前期の研修会を振り返り…①

8月27日 難聴理解啓発研修会
  (高等学校・特別支援学校の養護教諭・コーディネーター対象) 
 近年は、地域の高等学校に在籍している難聴生徒や他障害種の特別支援学校に在籍している難聴児童生徒が増加しており、難聴に対する理解や合理的配慮が必要になっています。
 そこで、聴覚支援センターでは、毎年夏休みに難聴児童生徒の特性や困り感などについて理解して頂くための研修会を計画し、今年度も実施いたしました。
 以下、ご出席いただいた先生方の感想です。

●お話しの中にあった軽度難聴の子どもの実態に関する内容は、現在対応している生徒にも大きく重なるところがあり、もっと早く様子を聞いてあげるべきだと反省いたしました。
●補聴器・人工内耳を装用した生徒がどのように聞こえるかが具体的にイメージできました。装用しているからと言って、完全に理解できるわけではないことがわかり、支援の必要性に気づくことができました。
●実際に補聴器を装用してみると、いろんな音が聞こえて、これをずっと・・・と考えるとしんどいなと感じることができた。軽度の難聴の生徒が本校にもいますが、もっとその生徒のことを考えて支援をしていかないといけないなと思いました。
●難聴生徒の困り感が理解できました。音声認識ソフトを初めて体験しました。
●難聴者の聴き取れるレベルの違いを実際に映像を見ながら知ることができ、難聴の方や生徒はこんなに苦労であったり、ハンデを抱えているんだなということを実感した。支援を行う教員の配慮がいかに必要であるかを再認識するいい機会となりました。