ニュース

校長のひとりごと その3

今週も、日本各地で豪雨により甚大な被害が出てました。犠牲に逢われた方、ご遺族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。また、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、今週は、中学部と高等部は期末考査でした。小学部も学習の成果を試すためにテストを行っています。学校再会から一月ちょっとの短い期間ですが、学習の成果を十分に発揮できるように願っています。幼稚部では、私の顔を見ると「こうちょう せんせい だ!」と手話をしながら呼んでくれるのが恒例となりました。そして、挨拶をしてくれます。うれしいですね!先生方の保育のお邪魔にならないように気をつけていますが・・・。

 14日は、西上教育長が訪問されました。短時間でしたが、小学部の授業を参観されました。聴覚特別支援学校のことについて話すことができました。

校長のひとりごと その2

今週は、雨降りの日が続きます。熊本県南部をはじめ九州地方、日本各地では豪雨により甚大な被害が出ております。犠牲に遭われた方に深く哀悼の意を表します。また、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 さて、保育相談部は今週はお誕生会がありました。みなさん、おめでとうございます。幼稚部は七夕会がありました。かわいい笹の葉が各教室に飾られていました。小学部の体育での一輪車の共演は、息を合わすなど協働的な学びでした。中学部の国語の授業にゲスト出演しました。敬語の学習です。緊張しながら、私を相手に丁寧語を上手に使っていました。高等部は、期末考査前で真剣に学習していました。
 子供たち一人一人の願いが叶いますように!

小学部の笹の葉です。

校長のひとりごと その1


学校再開から一月ほどが過ぎました。校舎に子供たちの笑顔や語らいが戻ってきました。学校は、やはり子供たちが主人公であり、先生方、職員が、子供の健全な成長を目指してサポートし、お互いが切磋琢磨することで、作り上げられるものと改めて実感しました。

6月15日は、小学部児童会役員任命式が、22日は、高等部生徒会役員任命式がありました。役員は責任を持って取り組み、リーダーとして他の児童生徒のよきモデルになってもらいたいです。そして、他の児童生徒はよきフォロワーとして協力することが大切です。お互いの関係があってこそ、よい仲間づくりができます。

また、19日は、小学部1、2年生の4人が「学校探検」の学習で、校長室に来てくれました。私は、度々校内を歩き回り、子供たちの様子を見ていますが、幼稚部では、かわいい子供たちが私を見つけ、「校長先生、おはようございます」とかたことの手話を使って挨拶してくれます。中学部の授業では、「校長先生に発表するところを見てもらいましょう!」とか、高等部の授業での会釈の練習では、実際にその相手役をしたりするなど、子供たちの学びの機会に触れるケースがあります。
 子供たちから元気とパワーをいただいている毎日です。

令和2年度高等部オープンハイスクールの中止について

本校では例年、高等部本科の教育内容について理解を深めていただき、進路選択の一助としていただくための機会として「オープンハイスクール」を実施しておりますが、新型コロナウイルスの感染防止のため、本年度は中止することにいたします。

しかしながら、進路の決定における情報提供は必要なので、入学希望者対象の学部説明会については、現時点では下記のとおり実施する予定です。

また、来年度本校への入学を希望されている方は、なるべく2学期の学部説明会までに教育相談をさせていただきますので、ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

令和3年度高等部入学希望者対象学部説明会 令和2年11月12日(木)(予定)

R2オープンハイ中止案内.pdf

学校再開


2020610日  授業再開

 本校の実態に即した3密・飛沫感染防止対策として ①換気、座席間隔をとった授業 ②ムーヴィングシールド(移動式) ③フェイスガード(教師・生徒) ④マスケット(教師・生徒)等を使用して授業に臨んでいます。 (ハンドソープでの手洗い、マスクの取り扱い方、食後の歯磨き、職員による消毒も全校で励行実施しています。)

 ムーヴィングシールド  フェイスガード  マスケット