カテゴリ:情報図書部

コミュニケーション支援アプリの活用

 本校では今年度コミュニケーション支援アプリ「UDトーク」を導入し、活用が始まっています。
 「UDトーク」では、音声をマイクへ入力すると、アプリで文字に変換され、画面に表示されます。
 これまでの授業・講演会などでは、手話、口話、プレゼンテーションソフトなど様々な方法で必要とする情報を伝えていました。これに加えて、音声をリアルタイムに文字で表示することで、伝える情報を増やすことができます。
 今後事務室の窓口など活用する場面を増やしていく予定です。
  
  手話通訳者の横にUDトーク   訂正入力担当者(写真左) 
聴覚障害教育研究会


高等部工業技術科「1年情報技術基礎」