新型コロナウィルス感染症に関する「出席停止」の取扱いについて

                       令和3年12月2日

保護者・生徒の皆様へ

県立姫路商業高等学校 

校長 塚田 誠司 

 

新型コロナウィルス感染症に関する「出席停止」の取扱いについて

 

 師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日ですが、新型コロナウィルス感染症につきましては、ワクチン接種も進み、新規感染者数が大幅に減少しています。このような状況の中で、県より出席停止の取扱いについて通知がありました。通知に沿って、本校では以下の内容で教育活動を行います。

なお、今後の情勢によっては感染予防策が強化される場合もありますので、学校からの情報にはご留意くださいますようお願いいたします。

 

1 「出席停止」の取扱い

 これまで生徒には、発熱等の風邪症状がある場合は、「出席停止」として登校させていませんでしたが、新規感染者が大幅に減少し、地域での感染レベルの指標が低い場合において、本人、同居家族に発熱等の風邪症状がある場合、医療機関を受診し、医師から登校を控えるよう診断を受けた場合は「出席停止」の措置とする。(新規事項)

ワクチン接種を受けるための欠席、ワクチン接種による発熱等の副反応による欠席については、変更なく現状のまま「出席停止」の措置とする。(継続事項)

 

2 感染予防対策(再確認)

「学校に持ち込まない、学校内で感染拡大させない」を基本に、十分な感染防止対策を実施したうえで教育活動を行います。

(1)登校前の健康チェックと検温の入力の徹底をお願いします。

(2)食事中は感染リスクが高まることから、黙食とし、食事前の手洗いや換気を徹底する。

(3)心のケアが必要だと思われる場合は、本校教職員、キャンパスカウンセラー、もしくは外部 の相談機関等に必ず相談してください。

 

3 部活動

(1)十分な感染防止対策を実施したうえで、部活動(練習試合、合宿等を含む)を行う。

(2)活動日及び時間は、「いきいき運動部活動(4訂版)」を踏まえ、平日4日2時間程度、土 日1日3時間程度を厳守し、完全下校時刻を18:30とする。(継続事項)

 

 

   新型コロナウィルスの変異株「オミクロン株」が感染の第6波の主体となることが懸念されていますが、生徒および保護者の皆様におかれましても、従来と同様に感染予防をとり、「学校に持ち込まない、学校内で感染拡大させない」を基本とした感染予防対策の徹底を引き続きお願いします。