進路指導部長による 進路状況のまとめ

 

1.進学について

(1) 国公立大学

大阪大学1名(現役)、神戸大学2名(現役1名)を含む44名が国公立大学に合格しました。他にも鳥取大学に4名、徳島大学に5名など、全国各地の国公立大学に合格者を出しました。また地元の兵庫県立大学に7名、兵庫教育大学にも2名が合格しています。合計では昨年の数に届きませんでしたが、第一志望を貫いて最後まで粘り抜いたヒガハリ生の頑張りに拍手を送りたいと思います。

 

(2) 私立大学

関関同立に88名(昨年より25名増)、産近甲龍に104名(昨年より20名増)が合格しています。近年、各大学が文部科学省の指導により合格者の数を絞ったため厳しい入試となっていましたが、今年はやや緩和傾向にあります。そんな中、ヒガハリからも、たくさんの合格者を出して健闘しています。

 

(3) 看護系

国公立大学看護学部に1名、私立大学の看護学部に27名、医療看護系の専門学校に9名が合格しました。

 

2.就職について

JR西日本に1名が就職しました。

 

 令和3年度の詳しい進路状況はこちら 3か年対比表.pdf