ブログ

部活動・生徒会活動

空手道部 近畿大会出場決定

11月12日(金)~14日(日)の3日間、ウインク武道館で兵庫県空手道新人大会が開催されました。

秋の阪神丹有地区大会が新型コロナウイルスの影響で中止となり、6月の県総体以来、そして新チームとしての初の公式戦でした。

初日の形競技では、思うような結果を出すことができませんでしたが、2日目の個人組手ではキャプテンが勝負所で見事な上段蹴りを極め逆転勝利!階級別の女子個人組手競技で準優勝という結果を納め、個人戦では4年ぶりとなる近畿大会出場となりました。有馬高校の近畿大会出場はこれで9年連続となります。副キャプテンもベスト8まで勝ち進みましたが、近畿大会出場の枠には一歩及ばずでした。

3日目の団体戦では、人数が欠けた状態での中キャプテンが1勝を勝ち取ったものの残りを落としてしまい、1勝3敗1分で初戦敗退となりました。

部員数が少なく、新型コロナウイルスの影響で練習も十分にすることができない中でも一人一人が目標に向けて工夫して取り組んできました。残念ながら今回の試合では結果に繋がらなかった選手もいます。それでも確実に力をつけ始め、試合内容に表れるようになってきました。次の試合では更に成長した姿をみせ、納得のいく結果を残せるよう日々の練習を積み重ねていきたいです。