ブログ

第9回 高校生花と緑のガーデンに出展

2000年に開催された淡路花博から20周年。そこで今年は花みどりフェアが春と秋に淡路島各地で開催されます。

花みどりフェアの公式HPはこちら

春は3月20日(土)~5月30日(日)に開催されますが、催しの一つとしてメイン会場である淡路夢舞台エリアに県内の農林関係の過程を学ぶ高校生が、日頃学んだ知識や技術を生かして創作した庭を展示する、高校生花と緑のガーデンが設けられ、有馬高校人と自然科環境班の生徒2名が作庭を行いました。

高校生花と緑のガーデンの公式HPはこちら

今回持参した植物は、ゴールドクレスト、ノースポール、デージー、パンジー、ビオラ、プリムラ、サクラソウなど、自分たちが実習で栽培した草花苗、観葉植物です。作庭するデザインも自分たちで考えました。

まずは作品の中心に高さが異なるゴールドクレストを3本配置します。(ゴールドクレストをまっすぐ植栽するのが一番難しかったとのことです。)そしてその周囲にサクラソウを中心に白やピンクの淡い色の草花苗を定植します。

さらにその周辺にパンジーやビオラを中心に、カラフルな花苗をサークル状に定植していきます。どんどん鮮やかな雰囲気になってきましたね。完成した作品はこちら

タイトルは「芽生え」です。ようやく春を迎え、大地より勢いよく芽を出し、生育していく姿を、草花を使って表現しました。

私たちが作庭した作品は、3月20日(土)~5月30日(日)の期間中、淡路夢舞台と淡路島国営明石海峡公園の間の園路で見ることができます。淡路島を訪れた際、是非立ち寄ってごらんください。