活動報告2019

インターアクトクラブ同好会
12345
2019/11/23

インターアクトクラブ かにまつり ボランティア

| by 岩本
インターアクトクラブ かにまつり ボランティア
豊岡市観光協会の依頼で第29回「とよおか津居山港かにまつり」のお手伝いをさせていただきました。
セコがにつり大会の竿渡し、景品渡し


大抽選会の受付

ちびっこビンゴゲームの進行やミニチュアランドセル、わたがしを景品として提供いたしました。

ごみの回収・分別やバス乗降者の誘導もしまいした。

来場者の大人はともかく、子どもたちがなかなか楽しめることがなかなかありませんでした。インターアクトクラブは、綿菓子の販売、くじ引きなどをして、子どもにも楽しいでもらえるよう活動をしました。売り上げの一部は、東北、熊本の被災地などにお送りいたします。



豊岡ローターアクトクラブのかたにも応援にきていただました。お疲れさまでした。


海上自衛隊ミサイル艇「はやぶさ」が寄港していたので、見学をしました。
17:39
2019/11/22

インターアクトクラブ 首里城火災募金活動

| by 岩本

インターアクトクラブ 首里城火災募金活動

募金活動といえば、コープこうべ豊岡店を利用させていただきことが多いです。

今回も、店長から快諾をいただき、募金活動をしました。

感謝いたします。ありがとうございます。

首里城は、琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城でした。

戦前は沖縄神社社殿としての正殿などが旧国宝に指定されていましたが、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている状態でした。

 

1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元さました。1993年(平成5年)に放送されたNHK大河ドラマ「琉球の風」の舞台になりました。1999年(平成11年)には都市景観100選を受賞し、2000年(平成12年)12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

登録は「首里城跡(しゅりじょうあと)」であり、復元された建物や城壁は世界遺産に含まれていません。

しかしながら、惨劇は突然おきました。

20191031日未明、沖縄の首里城から出火し、主要施設が全焼した。

首里城の建物自体は1992年に復元されたものだが、それは2000年の沖縄サミットで各国首脳をもてなす夕食会に使われるなど、沖縄を象徴する建物だっただけに焼失の衝撃は大きいと言われている。

 

生徒たちは復興再建のため、募金活動を考え、過日活動をしました。

コープこうべの組合員の方々の関心も高く、「寒いのにご苦労さま、「頑張って」などの激励の声もいただきました。中でも沖縄出身で豊岡在住の方からも激励の言葉をいただきました。火災の3日前に現地にいたそうで、ショックの顔を隠し切れない様子でした。

みなさまの熱いお志は28,057円でありましたので、公益法人神戸新聞厚生事業団を通じて首里城再建の一助となります。






19:20
2019/11/21

インターアクトクラブ 手に手つないで

| by 岩本
インターアクトクラブ 
ロータリークラブには「手に手つないで」のソングがあります。
行事の後に、輪になり左右の人と手を繋ぎ、歌う歌です。
1.手に手つないで つくる友の輪
  輪に輪つないで つくる友垣
  手に手 輪に輪
  ひろがれまわれ 一つ心に
  おおロータリアン
  おおロータリアン
2.手に手つないで つくる友の輪
  輪に輪つないで つくる友垣
  手に手 輪に輪
  ひろがれまわれ 世界とともに
  おおロータリアン
  おおロータリアン

 

これを台湾の屏東の社会福祉協議会のような老人ホーム「隘寮活動中心」で歌います。しかも、中国語で。
おそらく世界初の試みです。楽しみです。

18:24
2019/11/20

インターアクトクラブ 首里城の義援金募金活動

| by 岩本
11月22日(金)には首里城の義援金募金活動をコープこうべ前で行います。皆様のお志をよろしくお願いいたします。


09:57
2019/11/20

インターアクトクラブ ミニチュアランドセル作製

| by 岩本
インターアクトクラブ ミニチュアランドセル作製
1カ月ぶりのミニチュアランドセル作製です。10月の上旬に石巻市で作って以来で忘れている1年生もいましたが、なんとか思い出しながら100個作りました。13人もいれば強力です。


豊岡市観光協会主催のカニ祭りのキッズのビンゴゲームの景品に提供します。


09:20
2019/11/17

インターアクトクラブ 山陰海岸ジオパーク 中高校生実践コンテスト

| by 岩本
山陰海岸ジオパーク 中高校生実践コンテスト
新温泉町の浜坂でありました。
2年生2人、1年生3人で発表を行いました。
1年生は慣れないながら、初の人前でのスピーチ。オープニングとエンディングをしました。
2年生は余裕ながらも、下読みの時間があまりなく、少々焦りと緊張でした。
結果は、優秀賞でした。米作りのコンセプトと山陰海岸ジオパークとの活動の若干の差があったことは否めないが、入賞できて良かったです。




17:03
2019/11/13

インターアクトクラブ 清掃活動

| by 岩本
インターアクトクラブ 清掃活動
学校から豊岡駅までの通学路のゴミ拾い駅の駐輪場の清掃をしました。





相変わらず、たばこの吸い殻が多かったです。
数年前の生徒は、「豊岡市は大きな灰皿」とまで言ってました。
喫煙者が室内で吸えなくなっているようですが、車で吸って、ポイ捨ての現状は変わっていません。なんとかならないのですかね。回収したゴミは分別しておきます。
07:38
2019/11/11

インターアクトクラブ 令和元年台風19号災害義援金募金活動

| by 岩本
インターアクトクラブ 令和元年台風19号災害義援金募金活動をコープこうべ前で行いました。
10月12日から13日にかけて北上した台風19号により、東日本において広域に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。

この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。中央共同募金会では、被災された方々の支援のため義援金を募集をしていますので、それに協力をさせていただきました。
受け付けた義援金は、義援金募集を行っている都県の被災状況に応じた按分率に基づき各都県に送金し、被災者へ配分されます。

1年生も随分とコーラーの第一声がでるようになってきました。
2年生は落ち着いて、貫禄もつき、読売新聞の取材にも堂々としていました。
生徒はさることながら、コープこうべの利用者に方々の災害に対する関心は高く、相当の募金をしていただきました。
ありがとうございました。
また募金以上に生徒たちに声をかけていただきましたことに感謝いたします。
11月22日(金)には首里城の義援金募金活動をコープこうべ前で行いますので、あわせてよろしくお願いいたします。







19:01
2019/11/10

インターアクトクラブ 『絆』ボランティア 発表会

| by 岩本
インターアクトクラブ 『絆』ボランティア 発表会に参加しました。
高校生等防災ジュニアリーダーと合同の発表会でした。

兵庫県立豊岡総合高等学校インターアクトクラブは
①2019年度 東北支援交流活動 の報告
②2019年度 インターアクト米 の報告をポスターセッションをしました。
2年生が報告、1年生はチラシ配布やお米を見ていただくなどアシスタントをしました。




その後ワークショップも班に分かれ、一生懸命していました。


私が13年前に外務省のJICAの関係でスリランカに視察に行きました。その時のメンバーの方で今回、教頭先生として引率でいらっしゃったり、本校で臨時講師をされていた先生が防災の先生として活躍していて、嬉しかったです。生徒たちもわずかな時間でも共有した防災の担い手として、交流を図り、共有して欲しいものです。
19:07
2019/11/08

インターアクトクラブ と 農業の授業

| by 岩本
インターアクトクラブと3年生の選択授業「農業と環境」でサツマイモを作り、収穫しました。
芋づるや葉っぱを中竹野小学校のウサギちゃんたちに進呈しました。
45リットルの袋14袋×2=28袋を校長先生自ら軽トラで2往復の運搬をされました。
ウサギちゃんは12羽いますが、みんなむしゃむしゃと食べていました。
農業って無駄がないんですよね。





ちなみに、クイズで、「ウサギの数え方は?」という問題で、「1羽」が正解とされています。
鳥でもないのに、なぜウサギは「羽」で数えるのか。
ウサギを「1羽」「2羽」と数える由来には諸説あります。
獣を口にすることができない僧侶が二本足で立つウサギを鳥類だとこじつけて食べたためだという説。
ウサギの大きく長い耳が鳥の羽に見えるためだとする説などが有力です。それだけでなく、ウサギの数え方の謎は、ウサギの名前の由来とも少なからず関係があるようです。
蛇足ですが、現代では、ウサギを「羽」で数えることは少なくなり、鳥類とウサギを「羽」でまとめて数える場合以外は、「匹」で数えます。


17:29
12345

活動報告2018


2019/01/17

気仙沼向洋高校交流

| by 岩本
1・17の日に宮城県から気仙沼向洋の生徒3名と先生1名が来校されました。震災の翌年から交流を図り、2016年度には本校の学校祭に来校し、バザーを出店されました。サンマ缶詰、フカヒレスープなど販売し、売れ上げ金を熊本の被災地に寄付されました。被災校舎が昨年8月に落成され、お礼を兼ねて全国行脚され、広島、岡山、神戸、尼崎そして豊岡と訪問されました。
引率の先生は防災の担当でもあり、教職員に防災研修の講師を務めていただきました。生徒は生徒会役員、インターアクトクラブとミニチュアランドセルのワークショップで交流をしました。


15:14

活動報告2017

インターアクトクラブ同好会
12
2018/04/30

表彰報告

| by 岩本

豊岡総合高等学校インターアクトクラブ
2017年 受賞関係

・4月 円山川を美しくする会 「河川美化愛護活動功労賞」
・5月 但馬ソロプチミスト 「ドリーム賞」
・11月 ボランティアスピリットアワード 「コミュニティー賞」
・3月 RID2680地区 「ガバナー賞」
15:15
2017/11/06

豊岡市展ボランティア

| by 岩本

第68 回 豊岡市美術展 豊岡市美術展が 展覧会期 平成 29 年11 月1日(水)~ 5日(日)、会 場 豊岡市立総合体育館(大磯町)で開催されました。
毎年、インターアクトクラブではこの豊岡市展の準備、受付、片付けのボランティアに参加しています。今年も活動しました。

作品の展示の準備をしました。児童、生徒の作品の展示作業は、デリケートなので緊張しました。どれも力作ばかりで、感動しました。



ハロウィンを味わってもらおうと、子どもたちにプレゼントを渡しました。


受付では、パンフレット配布、入場者数のカウント、生け花の説明などをしました。


表彰式の会場準備もしました。表彰台の設置、椅子の運びだし、椅子ならべなど非常に重いものもありましたが、かつて受賞した馴染みのある豊岡市展のためなら・・と、全部員で一生懸命頑張りました。


08:12
2017/11/04

第19回 全日本身体障害者野球選手権大会のボランティアにいきました

| by 岩本

今日は但馬ドームで行われた全日本障害者野球選手権大会のボランティアに参加しました。
開会式は地元小学校の鼓笛隊の演奏。開会セレモニーに地元保育園の歓迎の太鼓演奏がありました。
身体障害者の障害区分は上肢、下肢、体幹、療育、聴覚など様々で、名簿にも記載されています。ルールも打者代走、盗塁やバンドはなし。パスボールやワイルドピッチなどはキャッチャーのミットに触れた時点でボールデッドになるなどの違いはあります。しかしながら、3アウトチェンジ、3ストライク1アウトは通常の野球と同じです。



インターアクトクラブのメンバーは但馬ドーム応援隊『ファンクラブ』の方と一緒に、豚汁の振る舞いの補助。また、喫茶コーナーではフランクフルト、コーヒーの製造、販売そしてインターアクトクラブ恒例の綿菓子の振る舞いをしました。




ケチャップやマスタードをかけたり、コーヒーをくんだりとちょっとはやい学校祭のようでした。



今年度は初めての綿菓子つくりでしたが、非常に上手にできて、子どもたちに好評でした。






スタッフ間で即興手話講座が始まりました。
朝昼晩のあいさつ。「ありがとう。おいしい。好き。そして、自己紹介」を覚えました。今後の活動や日常生活で生かすことができます。
17:40
2017/10/27

開花しています

| by 岩本

学校祭に出展したプランターの花が満開です。
ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)とビゴニアです。
10月22日の台風でも倒れることなく大丈夫でした。
インターアクトクラブのメンバーが毎日水やりをしています。


11:20
2017/10/20

幼稚園での交流

| by 岩本

お弁当持参で近くの豊岡ひかり幼稚園に伺いました。

園長先生や園児たちにあいさつをして、ホールに入りました。
今年度は初めて訪問させていただきましたので、生徒たちはワクワクでした。

園児たちと一緒にお弁当を食べ、話しをながら和気藹々な雰囲気で過ごせました。
食事の少しゆっくりした園児たちを最後まで見届け、歯磨きのお手伝いもしました。

園庭で鬼ごっこ、かけっこ、ブランコ、竹馬、砂場遊び、虫取りなど・・・一緒に楽しみました。
最後は、ハイタッチでお別れ。
定期考査終了後にもかかわらず、生徒たちは終始笑顔いっぱいの交流でした。






08:51
12