活動報告2019

インターアクトクラブ同好会
12345
2019/12/27

インターアクトクラブ 葉ボタン

| by 岩本
インターアクトクラブ 葉ボタン
学校の玄関です。
本年は誠にお世話になりました。奉仕活動や交流活動をさせていただき、感謝につきます。明日からはスタディツアーです。不安と緊張で一杯ですが、精一杯活動します。台湾のレポートは年明けにいたします。
今後とも、兵庫県立豊岡総合高等学校インターアクトクラブにご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

16:59
2019/12/27

インターアクトクラブ プランター寄贈

| by 岩本
インターアクトクラブ プランター寄贈
漂着ブイから加工したプランターを関係各位に寄贈しました。
・豊岡市観光協会


・竹野振興局


。カバンスリート じばさんショップToyobra

・但馬信用金庫 浜坂支店

・じS新年をめでる花としてお客様をお迎えし、海岸漂着物回収活動の理解のため寄贈うさせていただきました。
10:41
2019/12/24

インターアクトクラブ 大根贈呈

| by 岩本
インターアクトクラブ 大根贈呈
西成に大根を持っていくのは、もう7年目です。
最初は生徒も行きました。そのときに大なべをみて、驚いていました。
京阪神の高校生は電車1本で行けるところですが、但馬からは3時間以上かかります。
最初のインターアクターが「何か、作って差し入れしましょう」と発案して、大根やジャガイモなどを作るようになりました。
インターアクト米でお世話になっている池上農園さんからも差し入れをいただいています。感謝。


今回は豚汁丼。

豚肉もちゃんと入ってました(笑)

手際の良い常連のボランティアの方。

今回は、おむ君も持って行き、飾っていただきました。
お正月も近いので、葉ボタンをあしらいました。これを見てひとりでも多くのかたが和んでくれたらと思いました。

10:28
2019/12/23

インターアクトクラブ 大根収穫

| by 岩本
インターアクトクラブ 大根収穫
雨の中、強行突破をしました。
約30kgの大根の収穫をしました。
翌日、西成の炊き出しに寄贈します。
葉っぱも持っていきます。






08:00
2019/12/21

インターアクトクラブ ひょうごユースecoフォーラム参加

| by 岩本
インターアクトクラブ ひょうごユースecoフォーラム参加
~ひょうご環境担い手サミット後継事業~
神戸市中央区小野浜町
デザイン・クリエイティブセンター神戸 KITTO
10:30~オープニング
11:10~12:25 口頭発表
12:25~14:45 ポスター発表
チーム2年が前半、チーム1年が後半で来場者にポスターを渡し、インターアクト米の稲作の説明をしました。





チーム1年は初陣で最初は質問されても沈黙をしていましたが、徐々に説明が上手になっていきました。将来が楽しみです。
14:15~16:15 グループディスカッション
高校生、大学生、教員、一般といろんな人が混じってのワークショップでした。
活発な意見を発言したと、みんな言っていました。


16:15~ クロージング
17:04
2019/12/15

インターアクトクラブ 第5回全国ユース環境活動発表大会 出場

| by 岩本
ンターアクトクラブ 第5回全国ユース環境活動発表大会 近畿大会出場

持続可能な社会を実現するためには、1人ひとりが考え、行動することが不可欠です。
特に、次の時代を担うユースが、環境問題の解決に向けて、豊かな想像力と行動力をもって、早くから解決法を見出していくことは重要です。
ユースは、柔軟性、順応性、創造性が高く、時に大人が気づくことの出来ない解決法を発見する可能性があります。
「全国ユース環境ネットワーク促進事業」は、ユースネットワーク構築を促し、そこで相互研鑽や情報共有を通じ、ユースの更なる可能性を引き出し、もって持続可能な社会の担い手を育む大きな流れを作ることを目的とするものです。
具体的には、日頃から環境活動に取り組むユースの活動事例を全国から募り、選考を得た上で全国大会を開催されます。
全国大会においては、志を同じくする仲間や先輩方との交流、活動を通じて得た学びの共有などを通じ、自身の活動を発展させるための機会を提供するとともに、優れた取り組みに対し、環境大臣賞、環境再生保全機構理事長賞をはじめとする様々な賞を授されます。
 ということで、いざ大阪へ出陣しました。まず梅田の会場に行き、発表の準備に集中しました。昼食もいただき、
13校が会場を埋め尽くしました。なんともいえない緊張感が会場に充満しました。



その後の13校の生徒がフルーツバスケットでグループワークも縷々語っていたようで安心しました。
結果は、優秀賞で入賞は逃したものの、堂々たる発表に安堵の念を抱きました。参加した1年生もこれに続けと思いまいした。
審査員が選ぶ最優秀も生徒が選ぶ最優秀も同じ学校で京都府立木津高校でしたが、見事なものでした。グーの音もでないとはこのことでした。今後の活動に大きな刺激となりました。




19:21
2019/12/14

インターアクトクラブ ラムサール発表会

| by 岩本
インターアクトクラブ ラムサール発表会
豊岡市民会館
●基調講演『ラムサール条約湿地の生態系』
・NPO法人コウノトリ市民研究所 上田尚志 氏
●各種団体の取り組み
・NPO法人但馬自然史研究所 本庄四郎 氏
・株式会社トーヨーエネルギーファーム 川内栄治 氏
●高校生によるラムサール湿地調査保全活動
・香住高等学校海洋科学科
・豊岡総合高校インターアクトクラブ

1、2年生13名全員セリフをシェアしました。初舞台の1年生もいて、非常に緊張していました。しかしながら、プレッシャーを押しのけ、凛として朗々と語りました。



17:04
2019/12/11

インターアクトクラブ 中国語講座

| by 岩本
インターアクトクラブ 中国語講座
城崎在住の稲垣先生から2回目の中国語講座です。今回は2年生のみで「おむ君の長い旅」の中国語バージョンのレッスンです。一朝一夕で中国語が話せるわけではないが、一生懸命に気持ちを伝えることが大切です。


ピンインは約400通りあります。母音が36個と子音が21個あり、これらが組み合わさって、約400の音になります。400と言っても、すべてを丸暗記する必要はなく、母音と子音の組み合わせで出来ているので、基本の音を覚えれば組み合わせで発音できます。

なお、中国語の音節において母音のことは韻母、子音のことは声母と呼びます。


中国語の標準語にあるイントネーション(声調)を表わす記号で、四声と呼ばれるものです。中国の標準語で使われる 4 つのイントネーションをマスターすることこそが、中国語学習者にとってとてもとても重要なのだそうです。というのも、日本語の文字で表記すれば同じ「マー」という音だとしても、中国語では声調が違うだけで漢字にするとまったく別の意味の文字になってしまうからだそうです。漢字一文字一文字に声調が決まっていて、それを覚えるだけでも大変そうです。ざっくりと説明すると……

 

第一声 :  ̄ : 高い音で平板に

第ニ声 :  ́ : 中ぐらいの高さで始めてさらに高く

第三声 :  ̌ : 中ぐらいの高さからいったん低く下げ、最後は尻上がりに

第四声 :  ̀ : 高い音から低い音に下げる


妈妈
= 母、お母さん

= 叱る、罵る

=

= (疑問文を示す助詞のようなもの)


妈妈骑马(お母さんが馬に乗る)の早口言葉

お母さんが馬に乗っているが、馬が遅いのでお母さんは馬を怒った。

mā ma qí mǎmǎ mànmā ma mà mǎ

妈妈骑马妈妈骂马

マー マ チィ マァ、マァ マン マー マ マァ マァ
となるらしい。これも練習しました。大笑いでした。


17:26
2019/11/30

インターアクトクラブ さつまいものお礼

| by 岩本
インターアクトクラブ さつまいものお礼
毎年、淡路島のモンキーセンターにサツマイモを送っています。池上農園の池上様からも安納芋を譲っていただき、一緒に送りました。



うちのイモは、ここのサルたちに大人気です。マルチシートを使いましたが、全くの無農薬です。来年も頑張りたいです。
17:21
2019/11/29

インターアクトクラブ 台湾学習会

| by 岩本
インターアクトクラブ 台湾学習会
RID2680パストガバナー丸尾研一様による台湾学習会を行いました。
台湾の歴史、民俗、文化など1時間半みっちりとためになるお話を頂戴しました。



最後にスタデーツアーで使うインターアクト帽子をいただきました。「これはあなたたちの命です。」と言って下さりました。インターアクトクラブの会長からお礼の言葉を述べました。台湾で知識を活用する日が楽しみです。


19:07
12345

活動報告2018


2019/03/16

海岸漂着物回収活動

| by 岩本
海岸漂着物回収活動を竹野浜海水浴場、誕生の浦で行いました。
豊岡ロータリークラブ、豊岡ローターアクトクラブ、RID2680ロータリークラブ・ローターアクトクラブ、RID2680インターアクトクラブ(芦屋学園高校、滝川第二中高校、蒼開高校、西脇高校、氷上高校、豊岡総合高)、神戸商業高校理科研究部、竹野観光協会、竹野の海美しくする会、濱上商店、地元の有志の参加者、たじま海の学校、()システムリサーチ、すずきさん家のカエル屋さん、グリーンバード姫路、但馬夢テーブル委員会、にほんご豊岡あいうえお、山陰海岸ジオパーク推進協議会(敬称略)の94名、うち高校生34名が参加をしました。
漂着物は、ペットボトル、カン、ビン、バケツ、ライターなどの家庭生活のもの、ロープ、発泡スチロール、竿、浮き、ブイなどの漁具、流木・竹などが流れつきました。簡体文字、繁体文字、ハングル文字など外国から流れついたものも回収されました。

ジオパークとは、科学的に貴重な地球活動遺産を有する『大地の公園』のことです。その貴重な地球活動遺産を教育、観光、産業などに活用することにより地域社会の活性化を目的とし、ユネスコの支援のもと、主に欧州やアジアで積極的に取り組まれています。山陰海岸ジオパークにおいては、京都府、兵庫県、鳥取県の民間団体や行政機関が連携し、様々なジオパーク活動を進めています。

平成2012月、日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」として認定を受け、平成2210月には世界ジオパークネットワークに加盟認定されました。ジオパークは世界遺産と異なり、環境が保全されていないとその名称が剥奪されます。このように地道な清掃活動を継続してしなければなりません。7月にはひょうご環境創造協会のご支援によりインターアクトクラブなどでこの近辺やカヌーで漂着物回収活動をしました。
最初は雨、風が強かったが、次第に雨が上がり、好天となった。参加者は海岸から拾い上げた漂着物を階段を上がり、駐車場で配置したコンテナに運びました。回収物は約15立方メートルでした。生徒の感想として
今回漂着物回収作業のボランティアに参加させていただいて貴重な経験ができました。海岸での作業は季節の問題もあるけど、すごく寒かったです。それに沢山の漂着物があって重いものや外国のもの、特に韓国からの漂流物も多くあり、大変でしたけど、やりがいがある作業でした。何が流れてきているのを気にしながら作業するのは楽しかったです。ゴミをなくすためにゴミを出さない人になりたいと思いました。それを広げられたらいいなと思いました。」

今後もこのような活動を通じて、海岸美化・啓発や交流が果たせられればいいと思いました





最後に
ビフォアー


アフター





08:20

活動報告2017

インターアクトクラブ同好会
12
2018/04/30

表彰報告

| by 岩本

豊岡総合高等学校インターアクトクラブ
2017年 受賞関係

・4月 円山川を美しくする会 「河川美化愛護活動功労賞」
・5月 但馬ソロプチミスト 「ドリーム賞」
・11月 ボランティアスピリットアワード 「コミュニティー賞」
・3月 RID2680地区 「ガバナー賞」
15:15
2017/11/06

豊岡市展ボランティア

| by 岩本

第68 回 豊岡市美術展 豊岡市美術展が 展覧会期 平成 29 年11 月1日(水)~ 5日(日)、会 場 豊岡市立総合体育館(大磯町)で開催されました。
毎年、インターアクトクラブではこの豊岡市展の準備、受付、片付けのボランティアに参加しています。今年も活動しました。

作品の展示の準備をしました。児童、生徒の作品の展示作業は、デリケートなので緊張しました。どれも力作ばかりで、感動しました。



ハロウィンを味わってもらおうと、子どもたちにプレゼントを渡しました。


受付では、パンフレット配布、入場者数のカウント、生け花の説明などをしました。


表彰式の会場準備もしました。表彰台の設置、椅子の運びだし、椅子ならべなど非常に重いものもありましたが、かつて受賞した馴染みのある豊岡市展のためなら・・と、全部員で一生懸命頑張りました。


08:12
2017/11/04

第19回 全日本身体障害者野球選手権大会のボランティアにいきました

| by 岩本

今日は但馬ドームで行われた全日本障害者野球選手権大会のボランティアに参加しました。
開会式は地元小学校の鼓笛隊の演奏。開会セレモニーに地元保育園の歓迎の太鼓演奏がありました。
身体障害者の障害区分は上肢、下肢、体幹、療育、聴覚など様々で、名簿にも記載されています。ルールも打者代走、盗塁やバンドはなし。パスボールやワイルドピッチなどはキャッチャーのミットに触れた時点でボールデッドになるなどの違いはあります。しかしながら、3アウトチェンジ、3ストライク1アウトは通常の野球と同じです。



インターアクトクラブのメンバーは但馬ドーム応援隊『ファンクラブ』の方と一緒に、豚汁の振る舞いの補助。また、喫茶コーナーではフランクフルト、コーヒーの製造、販売そしてインターアクトクラブ恒例の綿菓子の振る舞いをしました。




ケチャップやマスタードをかけたり、コーヒーをくんだりとちょっとはやい学校祭のようでした。



今年度は初めての綿菓子つくりでしたが、非常に上手にできて、子どもたちに好評でした。






スタッフ間で即興手話講座が始まりました。
朝昼晩のあいさつ。「ありがとう。おいしい。好き。そして、自己紹介」を覚えました。今後の活動や日常生活で生かすことができます。
17:40
2017/10/27

開花しています

| by 岩本

学校祭に出展したプランターの花が満開です。
ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)とビゴニアです。
10月22日の台風でも倒れることなく大丈夫でした。
インターアクトクラブのメンバーが毎日水やりをしています。


11:20
2017/10/20

幼稚園での交流

| by 岩本

お弁当持参で近くの豊岡ひかり幼稚園に伺いました。

園長先生や園児たちにあいさつをして、ホールに入りました。
今年度は初めて訪問させていただきましたので、生徒たちはワクワクでした。

園児たちと一緒にお弁当を食べ、話しをながら和気藹々な雰囲気で過ごせました。
食事の少しゆっくりした園児たちを最後まで見届け、歯磨きのお手伝いもしました。

園庭で鬼ごっこ、かけっこ、ブランコ、竹馬、砂場遊び、虫取りなど・・・一緒に楽しみました。
最後は、ハイタッチでお別れ。
定期考査終了後にもかかわらず、生徒たちは終始笑顔いっぱいの交流でした。






08:51
12