所在地

〒668-0023
兵庫県 豊岡市 加広町6-68
 

お問い合わせ

電話 0796-22-7177
FAX  0796-22-7179
E-mail toyookasg_hs@pref.hyogo.lg.jp
 

学校感染症

学校感染症罹患報告書
2019-07-18 一部変更
(新元号 令和版)
ダウンロード(PDF)
 

日誌

ビクトリア研修報告2019
12
2019/08/17

3週間の研修を終えて

| by 旗谷
毎週末行われてきたお別れ会。
ついに豊総生も修了証を手にする時が来ました。

それぞれのクラスの先生から修了証をいただき、
握手と記念撮影。
また一人一人が思い出を語ったり、
写真を集めたスライドショーを見たりしました。


人の発表を聞くにも自分が発表するにも、
自分の英語力ではまだまだだと感じた豊総の生徒たち。
「もっと英語を勉強しないといけないと思った」と、
多くの生徒が言っていました。

ホストファミリーやクラスメイトとも、涙、涙のお別れ…。
別れを惜しんでなかなかバスに乗り込めず、
またバスに乗ってからも嗚咽が聞こえるほどでした。


3週間、本当に貴重な経験をさせていただいた10人の生徒たち。
英語だけでなく、人の温かさ、街の美しさに触れる中で
たくさんのことを感じ、考えたのではないかと思います。
これからの成長と活躍に、乞うご期待!

20:00
2019/08/17

研修最終日 〜ボウリングと水族館〜

| by 旗谷
ついに、最終日となりました。
最後の活動は全グループでのone-day tripで、
シドニーという街にある水族館とボウリングに行きました。

シドニーと聞くと、オーストラリア?と思ってしまいますが、
オーストラリアのシドニーはSydney、
カナダ・ブリティッシュコロンビア州のシドニーはSidneyなのです。

水族館はこぢんまりとしているものの、潜水艦のような入り口を抜けると
特大のイソギンチャクやいろいろな種類クラゲ、
また近海に住むクジラについての展示コーナーがあり、
水中散歩気分を味わうことができました。


その後はみんなでボウリング。
カナダのボウリングはピンが5本、ボウルも両手に収まるサイズの
その名もfive-pin bowlingが主流なのだそうです。
なんでも100年ほど前に、10本ピンボウリングよりも簡単に楽しめるものを、
と、カナダ人が開発したとのこと。
おかげで、前日にロッククライミングをして腕が筋肉痛の人も
なんとか投げることができました。


チームにはメキシコ人、ドイツ人、カナダ人、中国人、日本人が入り混じり、
言語や年齢の壁を越えて盛り上がりました!
18:31
2019/08/16

研修17日目 〜アイススケートと、Japanese piñata〜

| by 旗谷
今週の校外活動2つ目はアイススケートでした。
スケートは初めて!という人もいましたが、
慣れてくるとみんなで鬼ごっこをしたりして、
上手に滑っていました。



校内でも、授業に加えて様々な活動やゲームをします。
先生が、Japanese piñata やるよー!といったのですが、
piñata (ピニャータ)って、なに??

聞いてみると、メキシコで行われる子どもの遊びで、
お菓子の入ったくす玉を棒で叩いて割るというものだそうです。
じゃあJapaneseって??と聞いてみると、
「日本ではスイカをバットで叩いて割るって聞いたよ!」

…なんだか危険な遊びに聞こえましたが、ようするにスイカ割りです。
砂浜の代わりに校舎裏の芝生グラウンドで、
メキシコ人、中国人、カナダ人、そして日本人が入り乱れて
スイカ割りを楽しみました。

18:23
2019/08/14

研修15日目 〜授業とロッククライミング〜

| by 旗谷
今週の校外活動は、ロッククライミング、アイススケート、
ボウリングが予定されています。
ロッククライミングはこんな感じ。


最初はおっかなびっくりという感じでしたが、
慣れてくると新しくできた友達たちと競い合ったりして、
手が痛くなるまで挑戦を続けていました。


授業では、Story tellingを行いました。
ざっくり説明すると、先生が読み上げる物語を聞き取り、
自分の言葉でその内容を再生して読み上げる、というものです。

単語の意味や物語のポイントの確認も、全て英語で、
わかる人がどんどん答えていきます。
改めて、英語を聞く力、そして自分から発言していくことの大切さを実感しました。


英問英答のところでは、先生がやってきて、
どうやったら答えの文が書けるかを教えてくださいました。
豊総の生徒も、一生懸命理解しようとしていました。
明日の授業では、この物語の内容について
みんなでディスカッションする予定だそうです。
18:22
2019/08/12

研修13日目 〜最終週に突入〜

| by 旗谷
長いと思っていた3週間のビクトリア研修も、
いよいよ最終週に突入しました。
8つあった班も、先週末に日本人と中国人の一団が
それぞれ帰って行ったので、
今日からは5班だけとなりました。
これまでの2週間で顔なじみや友達になった子も多かったので、
豊総生も心なしか寂しそうな週明けです。

午前中は新しい仲間や先生を迎えて、
自己紹介やアイスブレイキングのアクティビティ。


午後からはみんなで歩いてウィローズビーチという海に出かけました。

先週末は震えるほど寒かったですが
(酷暑と闘っている日本の皆様ごめんなさい…)
今日はすっかり晴天で、ビーチ日和でした。


ここまで振り返ってどうだった?と2年生の女の子に聞くと、
「最初はほんとに英語が聞き取れず、何言ってるかわからなかったけど、
最近は慣れてきてホストファミリーとのおしゃべりを楽しめるようになった!」
とのことでした。
この経験をきっかけに、英語、
そして世界のことを学ぶ意欲につなげてくれれば、と願っています。
18:53
2019/08/10

研修11・12日目 〜バンクーバー小旅行〜にしゅ

| by 旗谷
研修2週間目の最後は、ブリティッシュコロンビア州最大の都市、
2010年に冬季五輪も開かれたバンクーバーへの小旅行でした。
ちなみに日帰り旅行です(8班のうち4班が昨日、残る4班が今日出かけました)。

バンクーバーへはバスとフェリーを乗り継いで3時間強の道のりなので、
朝7時過ぎに学校に集合しなければなりません。
ホストファミリーが送ってくれれば問題ないのですが、
都合がつかずバスで来ないといけない人もいます。
加えて今日は土曜日だったのでバスの本数が少なく、
支持された時間に間に合わない!と焦る生徒もいました。
が、ここは海外クオリティ。

実は7:30までに集合できればいいのですが、
お国柄によっては時間通りに来ないのが普通、という生徒もいるので、
かなり早めの集合時間が設定されているそうです。

そうとは知らない、10分前行動が当たり前の豊総生たち、
遅れたと思って不安そうな顔で集まってくるのが少し不憫でした…

ともあれ、無事全員集合して、一路バンクーバーへ!

現地ではまずカナダプレイスという場所で
フライングオーバーカナダというアトラクションに乗りました。
カナダ全土の絶景を4Dで体験するというもので、
鳥になった気分になれました。



その後はパシフィックセンターという大型ショッピングモールで自由行動。
といっても、言ってしまえば普通のデパートなので、
カナダ!バンクーバー!という感じは味わえず少し残念…

でも、帰りのフェリーで見た夕日は絶景!
カナダらしい針葉樹と静かな海がオレンジに染まる中、
2週間目の活動が終わりました。

23:12
2019/08/08

研修10日目 〜授業の様子〜

| by 旗谷
体験活動の様子ばかりだと、
遊びに行ったのか!と怒られそうなので、
今日は授業の様子をお届けします。


左上の写真は、自分のことについて3つの英文を書くのですが、
そのうちの1つは嘘(たとえば、犬が嫌いなのに犬が好きと書く、とか)
なので、他の生徒はどれが嘘でどれが本当かを
質問をしながら推測していきます(写真右上)。
嘘を考えるって、けっこう難しいんです。

左下の写真はプラスチックゴミの分別についての授業。
カナダはリサイクル先進国なので、
ゴミの分別の仕方を覚えることが大事です。
どの単語がどんな意味か、わかりますか?

右下は、チーム対抗でジェスチャーが何を表しているかを当てるゲームの、
打ち合わせの様子。
白人の男の子と女の子は、このグループのアシスタントスタッフです。
2人とも16歳前後ですが、
とてもしっかりしていて授業をサポートしてくれています。

生徒は全員、そんなに流暢に英語が話せるわけではないので
やはりこのような体験型の学習が有効なのだろうと思います。
最近は先生の英語での説明を聞いてもさっと動ける生徒が増えてきました!
18:02
2019/08/07

研修9日目 〜カヤック体験〜

| by 旗谷
今週は2グループごとに日替わりでカヤック体験をしています。
ビクトリアは海に面しているので、
カヤックやカヌー、水上タクシーでの観光が盛んです。

学校からバスで20分ほどの所にある体験施設へ。
1人乗りか2人乗りかは選ぶことができます。
怖がりな女子たちは2人乗りへ。
豊総生同士でのるのかな、と思いましたが、
新しくできた友達(残念ながら日本人)とそれぞれ乗り込み、いざ出発!

橋の下をくぐり、入江を一周して帰ってきました。
途中でカナディアングースの一行に出会うことができました!


「オールの使い方が難しかった!」
「塩水が乾いてズボンが塩まみれになった!」など、
楽しそうに話していました。
18:49
2019/08/06

研修8日目 〜Wild Playと授業と遠足と〜

| by 旗谷
昨日からわれわれの滞在も2週間目に突入し、
先週で終了したグループと入れ替わりに新しいグループが入ってきました。
とはいえ、基本的には各グループのメンバーは変わらないので、
先週よりもずいぶん打ち解けて活動できるようになりました!
ちなみに参加者の出身国はメキシコ、中国、日本などです。

今日は、2つの班がWild Playという野外活動センターに行きました。


神鍋にあるForest Adventure と同じ感じですね。
機材の扱い方は英語で(しかも外国人でもおかまいなしのノーマルスピードで)
されるため、聞く方も必死です。だって、落ちたらシャレにならないので…

ぎゃあぎゃあ言いながらも、無事に帰ってくることができました。


他の2班はカヤック体験と公園への遠足です。
とにかくその日になってからの予定変更や詳細説明が当たり前なので、
この1週間で生徒たちはものすごく対応力がついたのではないでしょうか。


あ!もちろん勉強もしていますよ!


と言いながら、明日はカヤックの様子をお届けします(^^;)
18:54
2019/08/04

ビクトリア大学訪問 & Symphony Splash

| by 旗谷
今日はビクトリア大学教授の野呂博子先生のお招きで、
ビクトリア大学の構内を案内していただきました。
野呂先生のもとで日本語を学んだ卒業生さんが案内役です。

図書館や学生寮はもちろん、
学生の自治会が運営するカフェがあったり、
なんと映画館まで構内にあるのです!
図書館の機材貸し出しでは、Play Stationも借りられるとか…
もちろん勉強もしっかりしているはずですが、
ちょっと羨ましいですね。

お昼は学食にて。


そして今日はビクトリア市でお祭がある日でした。
シンフォニースプラッシュと言って、
先日見学に行った州議会議事堂前の港に水上ステージが組まれ、
バンドやオーケストラの演奏が行われます。
生徒たちもそれぞれで街に繰り出し、雰囲気を楽しんでいました。


屋台での注文も、もう堂々とできるようになりました!
1週間の成長ぶりがうかがわれます。

明日からは、研修2週目に突入です!
22:44
12

日誌


2018/07/30

ヴィクトリア到着

| by 田畑

 日本からはるばる、電車2本、飛行機2本を乗り継いで、やっとヴィクトリアに到着です。土曜日の朝起床してから24時間近く経過しています。みんなさすがに疲れ気味でした。
  空港からバスで30分ほどして学校到着!Mr.Gこと、Garyさんが出迎えてくれました。
とてもfriendlyなGaryさんが明るく話しかけてくださり、ぐったりしていた生徒たちも元気が出てきました。バスやお金の説明などを受ているうちファミリーが迎えに来られ、生徒たちはそれぞれのお宅へと向かいました。
  月曜日まではファミリーとフリータイムです。がんばれよー!



05:56