活動報告2018

インターアクトクラブ同好会
12345
2018/10/19

豊岡ひかり幼稚園 交流

| by 岩本
豊岡ひかり幼稚園交流
定期考査最終日。お弁当持参で豊岡ひかり幼稚園に行きました。
園児16名と一緒にお弁当を食べ、歯磨きも見届けました。
ごっこ遊びにお客さんになったり、一緒に工作もしました。
ホールでは、鬼ごっこやボール遊びをして、終始和やかなムードで交流が終わりました。虫取りや生き物観察もしました。
ウサギがイタチ(?)に襲われ、あと一羽となりました。サツマイモの蔓を今度持参しますので、食べて下さい。また、長井いツルでクリスマスのリース作りをする計画をしています。松ぼっくりの発注がありました。竹野の海岸清掃のときに拾い集めたいと考えています。






この木の素材は、本校の更紙を包装している紙です。再利用しています。



お別れは、ハイタッチ。
名残惜しく、門を出ても、「ありがとうございました」と連呼してくれました。
16:33
2018/10/10

インターアクト米 発送 配達

| by 岩本
発送準備



段ボールを作り、インターアクト米、寄せ書き、観光パンフレットなどを箱詰めをしました。女子高生にとっては、米を持ち運ぶのは重たい作業ではあるが、これを食べていただく方の美味しい笑顔を思い浮かべ頑張りました。
発送

豊岡千代田郵便局より発送しました。本局でなく千代田より発送しました。
千代田の地名は、旧豊岡市合併時に作った新しい町名で、おめでたい名前を付けた浦井があります。
配達

デイサービス「ハートの木」に配達しました。施設長の佐川さまに直接お渡ししました。イベントで使っていただけるそうです。

豊岡聴覚特別支援学校にも行きました。ここは寄宿舎があり、親元を離れて生活をしている子どもたちや各家庭から通学する子どもたちもいます。
従来から、夏祭りのニコニコ祭りなどでも交流し、インターアクトクラブの生徒たちは、簡単な手話を学んでいます。豊岡総合高校で作る野菜も寄贈しています。
昼食は、通学方法に関係なく学校で作る給食を食べます。
豊岡総合高校インターアクトクラブが作ったお米、キュウリ、ジャガイモ、大葉などを寄贈し、食べていただいています。特にキュウリは。♡や☆の形なので子どもたちから評判が良いと聞いています。
16:32
2018/10/08

インターアクト米 収穫祭

| by 岩本
豊岡市祥雲寺、豊岡市地域農業管理施設で収穫祭を行いました。
滝川中高校、滝川第二中高校、神戸山手女子中高校、神戸国際大学附属高校、芦屋学園高校、福知山淑徳高等学校のインターアクトクラブ。
神戸商業高校理科研究部。
RID2680ローターアクトクラブ、学友、OB
RID2680ロータリークラブ
NPO法人「にほんご豊岡あいうえお」
山陰海岸ジオパーク推進協議会
池上農園など70名が参加しました。





この収穫祭のコンセプトは、地産地消。
お米:インターアクト米(アイガモ米、無農薬)
肉:アイガモ(アイガモロース、ミンチ、岡ちゃんたまご、朝倉山椒)
豆腐:出石
ネギ:池上農園
たまご:岡ちゃんたまご(豊岡市加陽)
そば:いずし
梅干し:池上農園
そして、宮城県気仙沼向洋高校特製の「サンマ缶詰」が食卓を華やかにした。新校舎移転記念缶詰です。






生徒は5~6人で鍋を囲み、みんなで調理、食事、歓談をしました。
ともに汗を流し、泥まみれになって作ったインターアクト米は、格別の味だろう。
しかも、無農薬、自然乾燥の稲木に天日干し。
テーブルからは「美味い」という声とともに
お替わりに駆け巡る姿は微笑ましい。





デザートは
豊岡銘菓。「谷口」の今川焼。あん、クリーム、抹茶。

インターアクト綿菓子です。

日本の収穫祭は11月23日の新嘗祭ですが、相当前倒しで実施しました。
さあ、これから、発送準備だ!
16:31
2018/10/05

赤い羽根共同募金

| by 岩本
豊岡市社会福祉協議会




赤い羽根募金は、「じぶんの町を良くするしくみ。」です。

共同募金運動は、戦後間もない昭和221947)年に、「国民たすけあい運動」として始まりました。当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。 社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を支援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として取り組みが進められ、平成282016)年に創設70周年を迎えました。

共同募金のシンボル=「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。「赤い羽根」には「たすけあい」「思いやり」「しあわせ」の意味が込められています。運動の期間は、厚生労働大臣が定める10月1日から3月31日までの6ヶ月間で、全国一斉に行われます。12月中は「歳末たすけあい募金(地域歳末たすけあい・NHK歳末たすけあい)」も合わせて行います。

また、平成24年度から兵庫県共同募金会マスコット「あかはねちゃん」が誕生しました。あかはねちゃんは、大きな赤い羽根を持って県内で共同募金のPRを行っています。
インターアクトクラブの生徒も6名参加し、活動しました。
豊岡市民のお志をいただきました。集まった募金は、豊岡市社会福祉協議会にお渡ししました。
ありがとうございました。


16:31
2018/10/04

ビオトープ生物観察・調査

| by 岩本
こうのとりの郷公園のビオトープに行き、生物観察。調査をしました。
補習の関係で参加者は少なかったが、コウノトリ市民研究所の高橋所長、上田先生、大槻先生のご指導のもと活動をしました。
草がある所とない所のそれぞれに70×70の枠に網を入れ、すくい上げ、生き物をバケツに入れ、パレットに分類しれ分けました。
草がある方が生き物が多く、草の陰に隠れていることが分かった。
草なし。



草あり。



分析状態。



調査結果。

最後はビオトープに戻しました。バイバイ!またねー








19:03
2018/09/26

北海道東部地震 義援金募金活動

| by 岩本
ープこうべ前において、北海道東部地震義援金募金活動をしました。
豊岡市民の心温まる志を別紙のとおり、神戸新聞厚生事業団に委ねました。
被災者の日常生活への復帰を祈念いたします。




11:12
2018/09/08

生物調査

| by 岩本
豊岡市田結に生物調査に行きました。
生憎の天気でしたが、地元の案ガールズのかたに湿地の案内をしていただきました。

コウノトリ市民研究所の上田先生の指示のもと川に入り、タモで水中生物を調査した。
香住高校と豊岡総合高等学校インターアクトクラブの高校生、県民局の方々と傘を差しながら行った。雨もだんだん小降りになり、さまざまな生き物が出てくると顔がほころび、楽しくなってきた。




モクズガニ、手長エビの甲殻類、カワニナ、タニシなどの貝類、ウグイなどの魚が生息していることが分かった。このような調査は結構楽しかったので、ハチゴロウの湿地でもできたらいいな。



17:02
2018/09/07

種まき

| by 岩本
大根の種まきをしました。
西成のホームレスの炊き出しの差し入れのため、5年前から学校のデッドスペースを利用して、野菜を作っています。タイミングがよければ近隣の幼稚園児に収穫をしていただいています。12月まで水遣り当番を決めて活動をします。




16:53
2018/09/06

古切手整理

| by 岩本
古切手の整理をしました。
・使用済み切手の端の面積を小さくするためにハサミで削除します。
・外国切手は別扱いにします。
・未使用はがき、年賀状も集めます。
様々なNGOやNPOにお渡しして、活動に役立てていただいています。
16:59
2018/09/02

インターアクト米 稲刈り

| by 岩本
5月に田植えをして、合鴨放鳥、環境活動、生物観察活動を経て、稲刈りとなりました。
米は、88の生育で穂が育ちます。漢字の「米」は、漢字の「八」、「十」、「八」が重なったものだといわれています。

参加者は、中高校が6校、22名。
ローターアクトクラブ関係が28名。
ロータリークラブ関係が6名。
小学生が5名。
NPO法人「にほんごとよおかあいうえお」からは8名。
総勢56名が、ご参加していただきました。

前日に雨が降ったものの、地面は少し柔らかい程度で、台風の前なので稲穂も倒れることなく、順調に稲刈りが行われた。稲を刈る人。藁で束ねる人。稲木にかける人などに役割分担をした。
RCの役員の方やインターアクトの代表などから挨拶いただき、開会も閉会も豊岡総合高校インターアクトクラブで進行した。







頭を垂れた黄金色の稲穂が14アールのインターアクト米圃場に一面に広がる中、参加者は手鎌の「ザックッ!」とした心地用響きに酔いしれた。
東北、熊本の被災地に支援米として送るとともに、地域のデイサービスや特別支援学校にもおくります。被災地の食卓にインターアクト米が並び「おいしい」と言っていただけたら嬉しいです。
16:08
12345

活動報告2017

インターアクトクラブ同好会
12
2018/04/30

表彰報告

| by 岩本

豊岡総合高等学校インターアクトクラブ
2017年 受賞関係

・4月 円山川を美しくする会 「河川美化愛護活動功労賞」
・5月 但馬ソロプチミスト 「ドリーム賞」
・11月 ボランティアスピリットアワード 「コミュニティー賞」
・3月 RID2680地区 「ガバナー賞」
15:15
2017/11/06

豊岡市展ボランティア

| by 岩本

第68 回 豊岡市美術展 豊岡市美術展が 展覧会期 平成 29 年11 月1日(水)~ 5日(日)、会 場 豊岡市立総合体育館(大磯町)で開催されました。
毎年、インターアクトクラブではこの豊岡市展の準備、受付、片付けのボランティアに参加しています。今年も活動しました。

作品の展示の準備をしました。児童、生徒の作品の展示作業は、デリケートなので緊張しました。どれも力作ばかりで、感動しました。



ハロウィンを味わってもらおうと、子どもたちにプレゼントを渡しました。


受付では、パンフレット配布、入場者数のカウント、生け花の説明などをしました。


表彰式の会場準備もしました。表彰台の設置、椅子の運びだし、椅子ならべなど非常に重いものもありましたが、かつて受賞した馴染みのある豊岡市展のためなら・・と、全部員で一生懸命頑張りました。


08:12
2017/11/04

第19回 全日本身体障害者野球選手権大会のボランティアにいきました

| by 岩本

今日は但馬ドームで行われた全日本障害者野球選手権大会のボランティアに参加しました。
開会式は地元小学校の鼓笛隊の演奏。開会セレモニーに地元保育園の歓迎の太鼓演奏がありました。
身体障害者の障害区分は上肢、下肢、体幹、療育、聴覚など様々で、名簿にも記載されています。ルールも打者代走、盗塁やバンドはなし。パスボールやワイルドピッチなどはキャッチャーのミットに触れた時点でボールデッドになるなどの違いはあります。しかしながら、3アウトチェンジ、3ストライク1アウトは通常の野球と同じです。



インターアクトクラブのメンバーは但馬ドーム応援隊『ファンクラブ』の方と一緒に、豚汁の振る舞いの補助。また、喫茶コーナーではフランクフルト、コーヒーの製造、販売そしてインターアクトクラブ恒例の綿菓子の振る舞いをしました。




ケチャップやマスタードをかけたり、コーヒーをくんだりとちょっとはやい学校祭のようでした。



今年度は初めての綿菓子つくりでしたが、非常に上手にできて、子どもたちに好評でした。






スタッフ間で即興手話講座が始まりました。
朝昼晩のあいさつ。「ありがとう。おいしい。好き。そして、自己紹介」を覚えました。今後の活動や日常生活で生かすことができます。
17:40
2017/10/27

開花しています

| by 岩本

学校祭に出展したプランターの花が満開です。
ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)とビゴニアです。
10月22日の台風でも倒れることなく大丈夫でした。
インターアクトクラブのメンバーが毎日水やりをしています。


11:20
2017/10/20

幼稚園での交流

| by 岩本

お弁当持参で近くの豊岡ひかり幼稚園に伺いました。

園長先生や園児たちにあいさつをして、ホールに入りました。
今年度は初めて訪問させていただきましたので、生徒たちはワクワクでした。

園児たちと一緒にお弁当を食べ、話しをながら和気藹々な雰囲気で過ごせました。
食事の少しゆっくりした園児たちを最後まで見届け、歯磨きのお手伝いもしました。

園庭で鬼ごっこ、かけっこ、ブランコ、竹馬、砂場遊び、虫取りなど・・・一緒に楽しみました。
最後は、ハイタッチでお別れ。
定期考査終了後にもかかわらず、生徒たちは終始笑顔いっぱいの交流でした。






08:51
12