トップページ > 部活動> 運動部> バレーボール部(女子) 

バレーボール部(女子)


須磨友が丘高校女子バレーボール部のホームページへようこそ



 私たちは、「学習と部活動の両立」と「礼儀正しく、規則・規律を守る誰からも応援してもらえる高校生らしいチームであること」をモットーに活動しています。バレーボールではもちろん、それ以外の「制服をきちんと着る」「授業、行事を大切に」なども心がけ、卒業後に社会で通用する行動が取れるように心がけています。



活動内容

・平日の放課後は週3~4日体育館でボールを使った練習、体育館が使えない日はトレーニングか休養に当てます。土日祝日は半日の練習や練習試合に充てることが多くなりますが、月に2回程度は休みをとります。
・長期休業中は半日練習が基本で、練習会に参加する場合は全日の活動になります。週1回程度は休みを取り、お盆の時期と年末年始は3日~6日の休みを取ります。 



必要経費

 入部時に日本バレーボール協会選手登録費1200円、ユニフォーム維持費3000円、遠征用ジャージ、ポロシャツ、ゲームパンツ代約21000円が必要です。その他、個人で使用する練習着、バレーシューズ、肘や膝のサポーター、ソックスが必要になります。練習試合や公式戦で他校に行く時には交通費がかかります。 




 

中学生の皆さんへ

よくある質問に主将が答えます。

Q1.勉強と部活の両立はできますか?
A.部員全員がきちんと両立しています。練習終了後は早く下校し、家庭学習の時間を確保してメリハリのある生活を心がけています。テスト期間中練習は休みで、勉強に専念します。

Q2.練習は厳しいですか?朝練はありますか?
A.強くなるためにはしんどい練習もありますが、むやみにしんどいのではなく基礎練習、チーム練習、トレーニングなどをバランスよく取り入れています。また、レギュラーだけの練習は少なく、部員全員が同じ練習をしています。誰もがレギュラーを奪える位置にいて日々、競い合うおかげでチーム全体のレベルが上がっています。朝練はありません。

Q3.部の規則はどうですか?
A.「身だしなみ」「礼儀」「言葉づかい」「時間厳守」などの部則は当然ありますが、無意味な上下関係などは存在しません。

Q4.友が丘のバレー部は強いですか?

A.平成27年度に県総体ではベスト16に入り、創部以来初の近畿大会出場果たしました。今年度の県総体では4回戦まで勝ち進むことができました(ベスト32)。また、兵庫県選手権大会神戸地区予選を突破して県大会出場を果たしました。秋季リーグ戦で2部に昇格を果たしたので、来年度春季リーグ戦での1部昇格を目指して頑張っています。


Q5.友が丘のバレー部の一番の魅力は何ですか?
A.「やるときはやる」というメリハリをつけて活動していることです。「勝つ」ことを目指しながらも、先輩後輩の関係も良好な笑顔の絶えないチームであることです。

 

2018/06/14

県総体結果報告

| by バレーボール部(女子)

6月2日に兵庫県高等学校総合体育大会バレーボール競技が行われました。
2回戦の川西明峰との試合は、序盤こそ緊張感からペースが掴めませんでしたが、2セット目には堅さも取れ、本来の実力を出して危なげなく勝つことができました。
3回戦は、県新人戦準優勝の氷上との対戦でした。今大会の目標はこの試合でベストパフォーマンスを発揮することでした。格上の相手に対して、身体を張ったレシーブ、渾身の力をこめたスパイクで得点をもぎ取りました。結果は敗れましたが、今までで最高のゲーム内容でした。これから3年生は希望進路の実現に向けて、1,2年生は新チームでの飛躍に向けてそれぞれ頑張っていきます。たくさんの応援ありがとうございました。

 2回戦  須磨友が丘2(25-14 25-6)0川西明峰
 
 3回戦  須磨友が丘0(11-25 13-25)2氷上


10:25

兵庫県立須磨友が丘高等学校