Menu

おしらせ中学生の皆様(学校案内動画・説明会)在校生の皆様卒業生の皆様(教育実習含む)県立須磨東高等学校エレベータ棟増築工事その他工事(入札公告)学校案内教育課程進路状況警報時の対応学校評価行事案内授業風景校長室から事務室PTA月間予定41回生修学旅行推進広報部

住所電話番号

〒654-0152 
神戸市須磨区東落合1-1-1
 
Tel 078-793-1616
Fax 078-793-1617
 
http://dmzcms.hyogo-c.ed.jp/sumahigashi-hs/htdocs/  
 

天気

 

日誌

サッカー部 >> 記事詳細

2018/06/30

神戸市リーグ戦(後期第2戦)

| by サッカー部
 本日午前11時から神戸甲北高校のグラウンドで神戸星城高校と対戦しました。前半は相手にボールを支配されることが多く、押され気味でしたがゴールキーパーを中心によく守っていました。攻撃面では裏でボールを受けるのか、足元でもらうのかの判断、互いにシグナルを出すタイミングも悪く、チャンスを作ることができませんでした。そうした中、前半終了間際に中途半端なプレーから失点してしまいました。
 ハーフタイムでは
   ①中盤のプレスを厳しくすること。そのためにもいいポジションをとること
   ②互いに声を掛け合うこと
   ③得点を取るためには、得点のチャンスシーンを作り出すこと。サイドから攻めること
       ゴール前で相手より先にさわることなどを確認
 後半に入り、少しずつペースを握り、セットプレーと流れの中から得点を重ね、逆転することができました。今までは失点をすると意気消沈し、そのまま敗れてしまうことが多かったように思いますが、今回は違いました。これも成長の証だと考えます。しかし、残念ながら終了間際に失点し、2対2の引き分けに終わりました。
▲2失点とも取られる時間帯がよくない。時間帯を考えてプレーをすること。(全員がスモールフィールドでも、フィールド全体でも、そして時間帯に応じたプレーをするためにも同じ絵を描けるようにならなければならない。そのためにも常に話し合うことが大切)
▲試合中、アウトオブプレーの時などに両手を膝にあてる選手が多く見られた。相手に弱みを見せてはならない。
▲基本的なプレー、特にボールを止める、蹴ることができていない。
〇キャプテンを中心にあきらめない、頑張るといった戦う上で大切なものを理解し、チームで実践しようとしている。
〇互いにカバーしあい、献身的なプレーが多く見られた。
〇体を張ってよく守備をした。負傷にも自ら立ち上がり、戦い続けることができた。

※格上相手によく頑張った。でも勝てたはず。次回も強いが最善を尽くそう。月曜日、火曜日、しっかり動こう。水曜日からは1時間だけトレーニング。効果的なものにしよう。
※当然、勉強をしっかりやること。  以上
14:11

須磨東高等学校