校章
兵庫県立加古川西高等学校 公式Webサイト
 
訪問者数1312079人目

日誌

茶華道部
12345
2017/12/13new

茶道部 聖夜茶会にむけて

| by:文化部
ようやく期末考査も終わった12/13(水)、
講師先生にお茶の稽古をつけていただきました。

12/22(金)に予定している聖夜茶会にむけて
部員一同、お点前のお稽古に励みました。

本日のお軸は「無事是吉祥」です。

生徒相互にお点前の作法をチェックし合います。

今日は、「和」菓子もクリスマス仕様です。
ご銘は、左から順に、サンクロース、聖夜、リースです。

お抹茶も上手に点てられました。お口も心もホッと一息・・・和みます。


改めまして、聖夜茶会のご案内です。
12/22(金)11:30~13:30 (於:作法室)、開催いたします。
一席20分ですが、お席の出入りは自由におできになります。
当日券もございます(ただし、枚数に限りありです)が、
12/12~12/15の3日間、前売券(250円)の販売をいたします。
できれば、どうぞ前売券をお買い求めくださいませ。

17:00
2017/11/23

11/23(木)秋の呈茶inランチタイムコンサート

| by:文化部
11/23(木)勤労感謝の日、ふれあい地域貢献事業の一環として、
茶道部では「秋の呈茶会」を持たせていただきました。

昨日のうちにお席のしつらえを完了し、
今日は9:30に集合して、呈茶の準備です。
10:30には準備万端整い、お客さまをお待ちするばかり。
本日の短冊は、「紅炉一点雪」(コウロイッテンノユキ)。
茶花は、土佐水木(トサミズキ)と紅妙連寺(ベニミョウレンジ)の2種です。

本日の和菓子は、加古川西ゆかりの「つくに」です。
なかにクルミが入っています。
お抹茶は「九重昔」(ココノエノムカシ)です。

早くも茶券をお買い求めのお客さまがいらしてくださいました。

本日は11:00~、11:50~、12:30~の
三席(限定50名様)を持たせていただきます。
部員が、お点前サン・半東サン・水屋・お運びを交代で務めます。



おかげさまで茶券50枚、完売いたしました。
ありがとうございました。
来年もまたどうぞ足をお運びくださいませ。
14:23
2017/11/22

11/21(火)、華道クリスマス・アレンジメント

| by:文化部
11/21(火)、第11回目のお花のお稽古でした。
今回は、講師先生のご好意で、
お花や飾り物グッズをいろいろご用意いただき、
クリスマス用のアレンジメントにチャレンジしました。

これは講師先生の作品。見本です。
花材は「和」なのですが、
なんとなくクリスマステイストです。

それぞれの感性を生かして、
部員たちも和気藹々と、それぞれの作品を仕上げていきました。
生徒作品1           生徒作品2

生徒作品3            生徒作品4

生徒作品5            生徒作品6

生徒作品7

同じ花材を使っても、それぞれの個性が出るのが
おもしろいです。
一足早く、クリスマス気分に浸れたひと時でした。
14:54
2017/11/22

11/10(金) 国際交流呈茶

| by:文化部
11/10(金)、中国からの留学生29名(ほかに引率・通訳)をお迎えして
国際交流の一環として、作法室に呈茶を体験していただきました。
大勢でしたので、2回に分けてお迎えしました。

まずは1席目。部長が歓迎のご挨拶を述べます。

お席の始まりです。せっかくの機会なので、
正座していただくことになりますが、
あえて平点前をご披露しました。

正客・次客につづいて、
水屋から和菓子・お抹茶をお運びします。

「茶の湯は初めて」と戸惑うお客さまに
半東役の生徒が丁寧に食べ方・飲み方を
ご案内しました。
みなさん、とっても興味津津に聞き入ってくださいました。

もちろん、記念撮影もいたしました。
お席のあとは、いろいろと熱心に質問が相次ぎました。

本日のお軸と茶花です。
講師の後藤先生にわざわざお持ちいただきました。


続いて、2席も同じように和やかに進めます。
生徒たちも、前日のシュミレーション通りに
落ち着いてそれぞれの役を務めています。


2席目も最後に記念撮影です。


異なる文化を持つ国の高校生が一堂に会し、
和やかな交流の時間を持たせていただいたこと、
部員一同、大変うれしく思います。
また準備期間も含めて「おもてなしの心」を深める機会
を与えていただき、感謝しています。
14:32
2017/11/02

茶道部「炉開き」風景

| by:文化部
11/2(水)、茶道の後藤先生のご指導のもと、
「炉開き」をミニ体験させていただきました。

「炉開き」とは、茶の湯で、風炉(フロ)の使用をやめて炉を使い始めることを言い、
陰暦10月の初亥の日に開く、茶道のお正月ともいうべき茶事のことです。
部員一同、毎年楽しみにしています。

お軸は「松風伝古今」(ショウフウココンニツタフ)で、
お花は照葉と初嵐(白椿)の2種です。

お香合は「松かさ」です。

「炉」を囲んで着座します。

本日のお菓子は「亥の子餅」です。
干菓子はジャック・オー・ランタンの形をしていました。

亭主が、濃茶を練り上げます。
濃茶は、薄茶の3倍の濃さです。

なめらかに練りあがりました。

なかなか落ちてきません。


さあ、茶席のあとのお楽しみ!
後藤先生お手製の白味噌のお碗とぜんざいをいただきます。
皆で配膳準備をお手伝いします。

では、並んで「いただきまぁす!」
ここからは「食欲の秋」です。


日本の秋を、十二分に満喫しました。
13:40
2017/11/01

第10回茶道研鑽会(県大会)で優秀賞!

| by:文化部
10/29(日)、大雨・強風の中、尼崎双星高校体育館にて
第10回茶道研鑽会(県大会)が行われました。
加古川西高校茶道部は、今年も優秀賞をいただくことができました。

開会式の全景です。

審査員の先生方


いよいよお席(審査)のスタートです。
まずは第3席(亭主:高砂南 客:加古川西)の様子です。
本校は客として席入りします。
正客と次客のみ、お床の拝見をします。

高砂南の半東さんがお菓子を運んでくれます。

三客以下は、お水屋からのお点出しになります。

お席は、A~F席(全6席)同時に進行しています。
各席の四隅では、審査員の先生方が厳しく審査をしておられます。

お席が終了しました。両校そろってご挨拶します。


続いて第4席(亭主:加古川西 客:尼崎双星)の様子です。
亭主側として、水屋の準備を整えます。

半東が、お軸をかけます(お床に扇面を据えます)。

半東が、お客さまにお菓子を勧めます。

亭主がお点前をはじめ、半東が問答をします。

亭主が正客さまへのお茶を点て上がりました。

半東が、正客・次客さまのもとへ碗を運びます。
同時に、水屋は三客さまへのお点出しの準備をします。

終わりの挨拶も、6席で同時に行います。


すべてのお席が終了しました。
審査委員会の間に、全員で畳やお道具を片付けて、閉会式に臨みます。
いよいよ結果発表と閉会式です。

今年も優秀賞をいただきました。
伝統を積み上げることができて、ほっとすると同時に、
日々のお稽古の成果を認めていただけたことを、大変うれしく思います。
これを機に、ますます研鑽を積んでまいりたいと思います。

10:25
2017/10/28

県総合文化祭開会行事(呈茶)

| by:文化部
10/28(土)、明石西部市民会館にて
県総合文化祭開会行事が開催されました。
茶道部門では2Fフロアで呈茶を行いました。

12:00の会場に備え、10:00に集合して呈茶の準備をしました。

会場1Fには、ハロウィーンのディスプレイがしてありました。

加古川西高校茶道部は第2席を担当。
来賓の県教育次長さま・明石教育次長さまに
お点前を披露させていただきました。
半東を務めたのは1年生ですが、一生懸命お答えしていました。

本日の茶花とお軸です。

本日のお菓子「なごりの秋」。和菓子コンクールで入賞した作品です。


たくさんのお客様に呈茶を楽しんでいただけました。
また、さまざまな分野の代表となった文化部の発表を
拝見でき、「文化の秋」を堪能した一日でした。

20:11
2017/10/25

いよいよ研鑽会目前!

| by:文化部
10/25(水)、研鑽会前に
茶道講師の先生にご指導いただく最後の機会です。
規定の30分以内におさめられるよう、
また、お点前や水屋の手順、問答など、
最後の確認を入念に行いました。

本日の茶花と、扇面で「白硅尚可磨」です。
石州流のお家元にお願いして書いていただいたものです。

水屋のお道具も本番そのままに並べます。

細かいところまで入念におさらいしました。

10/28(土)は県総合文化祭開会行事にて、
呈茶を務めさせていただきます。
10/29(日)は、第10回研鑽会(県大会)です。
両日とも加古川西高校茶道部として
がんばってまいります。
19:57
2017/10/23

茶道のお稽古

| by:文化部
去る10月4日に茶道のお稽古をつけていただきました。

本日の茶花です。
シュウメイギク、ススキ、ダンギク、ハマギク、オウケタデの5種。
花入れは有馬籠です。


水屋担当の面々です。
お道具の扱いを丁寧に・・・


研鑽会まであと少し、気を引き締めて練習を重ねていきたいと思います。
18:23
2017/10/03

お花のお稽古(第10回)

| by:文化部
昨日からの雨がやみ、風の涼しさに、また季節が進んだと気づかされます。
今日も講師の後藤先生にお花のお稽古をつけていただきました。
花材はホトトギス、リンドウ、マトリカリア(ナツシロギク)です。

奥行き、長さ、花の茎の扱い方などに気を付けながら生けていきます。





先生の指導をいただいているところです。


本日の作品です。
17:08
12345