2014年9月~

COUNTER307136

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

日誌

野球部
2020/04/20

野球部 2019年度の活動

| by 兵庫県立姫路聴覚特別支援学校管理者

 2019年度野球部は、前年八月に旧三年生六名が引退し、高等部二年生二名・一年生三名・中学部三年生二名・二年生一名の八名でスタートしました。最上級生がいなく、九名に満たない人数で、先行き不安を感じながらのスタートでした。
 そのような中、新主将の竹内君・新副主将の田中君・西村君を中心に、部員八名がよくまとまって、地道にこつこつと練習を続けてきました。
 また今年も部員不足の影響で近畿地区聾学校野球大会が開催されませんでした。そのため、一年間の活動の総仕上げとして、この夏休みに例年行っている白鷺中学校・城乾中学校との交流試合と本校卒業生・保護者の在籍するクロウズと練習試合を行いました。クロウズとの試合は、姫路球場で行うことができ、良い記念となりました。

練習試合の結果
◆ 八月七日    (於 白鷺中学校)
本校  6 対 2 姫路市立白鷺中学校 
〃  6 対 8    〃
この試合は本校が部員不足のため、白鷺中学校より四名の選手をお借りし、試合を行いました。第一試合は、攻撃面では、二回裏に西村君のレフト前ヒット等で3点を挙げ、四回裏には竹内君のホームランで2点を追加しました。投げては竹内君がストレートの走りが良く、相手チームを2点に抑え、6対2で勝利を得ました。第二試合では、田中君が投手として初デビューを果たしました。まだ経験不足であり、5四死球を出す等して、6対8で敗れました。
この試合、本校は白鷺中学校との混合チームになりましたが、その意味も含めて例年以上の交流を深めることができたと思います。

◆ 八月八日  (於 城乾中学校)
本校  3 対 9 姫路市立城乾中学校 
〃    6 対 3    〃
 この試合は、本校に城乾中学三年生一名と本校職員二名に入って頂き、試合を行いました。第一試合は、一回表に若菜君のライト前ヒット等で2点を先取するも、先発竹内君が前日の投球の影響で肩に違和感があり、ストライクが入らず四球から崩れ、一・二回で8点を取られてしまいました。三回から交代した田中君がその後相手チームを1点に抑えましたが、3対9で敗れました。第二試合は、連投になる田中君が良い投球をし、セカンドの中西君がバント守備でダブルプレイを取ったり、川﨑君が三塁打を打つ等して、6対3で勝ちました。

◆ 八月十日 (於 姫路球場)
本校   2 対 5 クロウズ
 この試合も本校職員三名にチームに入って頂きました。今年クロウズは若手戦力が充実しており、試合の方は六回まで2対2と接戦になりました。七回の表に、先発田中君が疲れからか四球を連発し、エラーも重なり3点を奪われました。その裏の攻撃が0点に抑えられ、2対5の敗戦となりました。今年の夏を象徴する炎天下の試合でしたが、本校生にとっては貴重な実践の場となり、また卒業生・保護者と交流を深めることができました。


10:54
2016/09/02

平成28年度近畿地区聾学校野球大会

| by 野球部

日時 平成28年8月31日(水)

場所 兵庫県立明石公園第二球場

結果 優勝(2年連続優勝)

最優秀選手賞 本校高等部2年 三原隆人

 

8月31日(水)に兵庫県立明石公園第二野球場で近畿地区聾学校野球大会が行われました。本校の中学部・高等部の部員14名が参加し、みごとに優勝を勝ち取りました。

 

<試合結果>

第1試合 姫路聴覚 11-0 神戸聴覚 4回コールド

初回から1番バッターの阿部君(高等部1年)が盗塁などで得点のチャンスを作り、2番バッターの竹内君(中学部2年)がレフト前のタイムリーヒットを打ち先制しました。2回の攻撃では田中蓮人君(中学部1年)がライト横に抜ける3塁打を打つなど、この回だけで一挙6点をあげました。

守備では先発ピッチャーの三原君(高等部2年)は、落ち着いた投球で9奪三振という好投をみせました。

全体を通して走・攻・守の三拍子が揃い、相手チームに1点も与えることなく勝利を収めました。

 

第2試合  姫路聴覚 14-6 京都聾

 2試合目は先発ピッチャーの一村君(高等部1年)、2番手の恒岡君(高等部1年)、3番手の荻野さん(高等部1年)の投手リレーで京都聾の攻撃を抑え込みました。

打撃では、恒岡君がこの日2本目となるランニングホームランを打つなど、この試合でも打線がつながりました。

 

今大会を通して、夏休みの課題であった守備面を強化し、少ない好機を逃さず自分たちのプレーをすることができたのは、部員一人ひとりが目標を持って練習に取り組んだ成果だと思います。最後になりましたが、明石まで足を運んでいただいた他の生徒のみなさん、卒業生、保護者の皆様、スタンドからの熱い応援をありがとうございました。応援とご協力があってこその結果であると改めて感謝申し上げます。

 

主将 高等部3年田中真悟君より

「中学部1年生の時に野球部に入部し、その時は下手でしたが、先輩の丁寧な指導のおかげで上手くなれました。昨年に続き2連覇を達成することができて本当に嬉しくて、良い思い出になってよかったです。私は引退しますが、3連覇目指して頑張って欲しいです。」





















11:24

令和2年7月29日追加


 

2月26日更新

 

1月28日更新

 

1月24日更新

 

12月24日更新

 

9月11日更新

 

9月6日更新

 

7月9日更新

 

6月14日更新

 

2018年10月10日更新