メニュー
校長室より73回生(3年次)74回生(2年次)75回生(1年次)学校紹介教育内容SSH事務室より行事予定学校行事の報告ふるさと貢献行事の報告ふるさとひょうご寄付金進路指導室より保健室より図書室より部活動についていじめ防止基本方針使用教科書について警報時の対応卒業生のみなさんへ71回生(卒業生)72回生(卒業生)PTAのみなさんへ学校評議員会学校評価奨学金転入学情報アクセス修学旅行ブログ海外研修国際交流学校行事動画

お知らせ

国際交流
2020/12/17

国際理解教育講演会(ストリートチルドレンとのオンライン交流)

| by 国際理解
 12月15日(火)5時間目に1年次生を対象に、特定非営利活動法人レインドロップ代表の北鳳満氏をお招きし、インドコルカタのストリートチルドレンについての国際理解教育講演会を実施しました。

 北氏は、コルカタにあるNGOCalcuttaSocial Project(CSP)と長年にわたり、交流や援助をされています。「なぜコルカタに60万人以上ものストリートチルドレンがいるのか」、「なぜ富裕層の人々は道端に子どもが倒れて寝ていても素通りできるのか」、「具体的にどのような支援をしているのか」など、事前学習で東高生が提出した質問に丁寧に答えていただき、問題の根深さや深刻さをより理解することができました。

 北氏のご講演のあと、生徒会と有志が英語でコルカタの子どもたちに質問をしました。「夢はありますか。」という質問には、「エンジニアになりたい」や「医者になりたい」などの回答があり、「学校は好きですか。」という質問には、大きな声で”Yes!”と答えていました。また、邦楽部、剣道部、応援団によるパフォーマンスを行い、日本の文化を披露しました。

 CSPからは、「コロナ禍で何をしていますか。」など生活に関する質問や「姫路城はどのくらいの高さがありますか。」などのこちらが紹介した内容に関する質問があり、本校生徒たちは言語の違いに戸惑いながらも懸命に答えていました。また、幼い子どたちが素敵なダンスや暗唱を披露してくれました。

 そして16日、本校生徒会がCSPへの募金活動を行いました。多くの生徒が協力し、22,678円が寄せられました。北氏を通じてCSPに寄付をしていただく予定です。

 以下は生徒の感想文より抜粋です。

 

・小さい頃から強制結婚させられ、妊娠したら捨てられる。国籍もないため保証などもない。時には死体があることが当たり前という場所もあるという。こんなことがあっていいのだろうか。映像で見た子供たちはすごく元気だったが、背景は外だったし、クラクションの音も多かった。まずはみんなが学校に行けるようになって欲しいし、なおかつ安心安全な生活が送れるようになってほしい。

・私は、事前学習のときは衝撃を受けたと共に「かわいそう」などの哀れみの気持ちになりました。しかし今回、実際にリモートで繋げて、楽しそうに元気よく返事をしている子供たちを見て、逆に衝撃を受けました。彼らは彼らなりに精一杯生きているのだなと感じました。

・ストリートチルドレンの支援のために私たちができることは、お金があるときにはお金を、お金がないときには時間を、時間がないときには理解を示すことであり、正しく理解し、共感し、行動することが大切だということを学びました。

・とても楽しい会でした。ストリートチルドレンの子たちは、私たちに比べ遥かに厳しい状況下に置かれているはずなのに、こちらまで幸せになるくらいニコニコしていて、今を全力で生きてやるぞという決意まで伝わってくるようでした。緊張しながらも精一杯のダンスを披露してくれた所も見ていて楽しめました。

・現地の子供たちとの会話が印象強く残った。私は、「大切なものは何か」という質問をした。彼らは「家族」と真っ先に答えた。自分が生きることで精一杯なはずなのに、家族のことを思いやっているとわかった。私の中でも家族は大切な存在だと改めて思った。

・今回の交流で国際理解を深めるには英語が大切ということが改めてわかりました。英語は世界で通用する言語なのでこれからも勉強していきたいと思いました。また今回のようにリモートで講演を聞いたり会議したりすることも国際理解を深めるために大切なことだと思いました。








08:39 | 投票する | 投票数(1)
2020/11/12

第2回オーストラリアの学校とのオンライン交流

| by 国際理解
 11月11日(水)放課後に、西オーストラリアのKolbe Catholic Collegeの高校生たちとの2回目のオンライン交流を行いました。

 2回目ということで、生徒たちも落ち着いた様子で英語や日本語で受け答えをしていました。アクティビティとして、「ガソリンスタンド」や「カンニング」など、日本で使われている多くのカタカナ語が英語では何というのかを尋ねたり、”Demon Slayers”としてオーストラリアで知られている「鬼滅の刃」を漢字で紹介したりしました。

 タブレットの使用方法にも慣れてきて、本校生徒が教室の窓から見える姫路城を映して見せると、Kolbeの生徒たちは教室から世界文化遺産が見えることに驚いていました。また、Kolbeの生徒たちはタブレットを持って歩きながらキャンパス紹介をしてくれて、本校生徒たちはオーストラリアの学校の広さや綺麗さに感動していました。

 また、Kolbe Catholic Collegeで日本語を教えている日本人教師の方と話をする機会もあり、海外で活躍している日本人の方とライブで話をすることにより、多くのこと学んでいました。





08:44 | 投票する | 投票数(0)
2020/11/05

オーストラリアの学校とのオンライン交流

| by 部活動

 11月4日(水)放課後に、学校のタブレットとWifiを使用して、オーストラリアの学校の高校生とオンライン交流を行いました。

 新型コロナ感染症の影響により、オーストラリア海外語学研修に参加できなかった生徒たちや、ESS部に所属する生徒たちが参加し、オーストラリア・パース近郊のロッキンハムにある、Kolbe Catholic Collegeの生徒たちと、学校生活や趣味、あるいは将来の夢などについて英語で質問し、受け答えをしました。初めは緊張した様子でぎこちなさもありましが、徐々に笑顔も生まれ、自然と会話が盛り上がっていました。

 Kolbe Catholic Collegeの生徒たちは日本語を学習しており、こちらに質問をするときには日本語も交えながら話をしており、彼らの日本語能力の高さや日本に関する知識の深さに、本校生徒たちは大いに刺激を受けていたようです。また、インドネシアやシンガポールからオーストラリアに移住したという生徒たちもおり、異なる人種が同じ学校で学ぶオーストラリアの現状を知り、自分たちの過ごす環境との違いに驚いていました。

 外国に住む同じ年代の生徒たちと、英語を使ってコミュニケーションをとる楽しさを味わうとともに、自らを振り返る機会になったようです。次回は11日(水)を予定しています。





07:58 | 投票する | 投票数(3)
2019/09/06

県立歴史博物館で世界中の方と交流

| by 国際理解

9月1日~7日の日程で、国際博物館会議京都大会が行われています。会議には、世界110カ国以上から約4,000名が参加されています。そのうち約60名の方が、本日姫路に来られました。午前中は兵庫県立歴史博物館の見学でした。東高生約30人(ESS部、地歴部、海外語学研修参加者など)がその人たちと共に博物館内を見て回りながら、案内役を務めたり、インタビューをしたりしました。

生徒たちは、アメリカやイギリスやオーストラリアのような英語圏だけでなく、ロシア、イスラエル、オーストリア、フィンランドなどなかなか出会えない国から来られた方に出会え、大変刺激になったようでした。同じ人とずっと一緒に回った生徒もいれば、少しずつ色んな人たちに話しかけている生徒もいました。
素晴らしい機会を与えて下さった兵庫県立歴史博物館の皆様には改めて感謝申し上げます。






16:29 | 投票する | 投票数(0)
検索
カウンタ
1828097
      平成27年7月1日より
学校行事動画の紹介
活動風景
オンライン状況
オンラインユーザー10人

リンクリスト

Copyright(C) Himeji Higashi
Senior High School. 
All rights reserved.
このサイトの著作権はすべて
兵庫県立姫路東高等学校にあ
ります。画像・PDFなど、
サイト内にある全てのコンテ
ンツの流用を禁じます。