2016/03/25

第1学年修了式

| by bun01
3月23日(水)分教室第1学年修了式が行われました。



生徒一人一人が「この1年間で、一番がんばったこと!」を発表しました。
WORK『ビルクリーニング』について、「最初は興味がなかったけれど、やっていくうちに清掃が楽しくなってきた」「アビリンピックに挑戦するために、昼休みや放課後も毎日自主練習し、銀メダルを獲得できた」「ポリッシャーやバキュームなどの機械操作が難しかったけど、安定して動かせるようになってきた」などの発表がありました。
また、体育委員の役割では、体力つくりや体育の授業で「声が出るようになった」「指示を出すのが難しかったけれど、少しずつできるようになってきた」「みんなにうまく伝えられるよう、ことばづかいをもっと気をつけていきたい」との発表がありました。
他にも、「重いものもみんなと協力して運べるようになった」「色々な発表や交流及び共同学習などを経験して、コミュニケーション力がついた」「現場実習で、失敗もあったけれど、一所懸命働いた」「漢検合格に向けて、毎朝勉強した」「食品加工や家庭科で、洗いものを頑張った」「美術で、細かく色を塗るのが難しかったけれど根気強く頑張った」「ものづくりでは、売れる商品を作るのが大変だとわかった。たくさん売れた時はものすごくうれしかった」等々、この1年間、たくさんの発表を経験してきたためか、よく声も出て、スラスラと、しかも自分の言葉で、気持ちを伝えることができました。

代表が、第1学年の修了証を受け取って、大きな声で校歌を歌い、分教室の1年は無事終了しました。



式の中で、教頭先生が『桜梅桃李』というお話をされました。
さくら、うめ、もも、すももは、同じバラ科の植物で、似た花を咲かせますが、色も形も成る実も少しずつ違います。
それぞれが独自の花を咲かせ、実をつけ、 桜は桜、梅は梅、桃は桃、李は李と、そのままの姿で個性を生かしきっていくのがいいとのお話です。
「ありの~ままで~」と歌ってくださいました。
自分の色や形は大切に、そして、最大限にその良さを発揮できるよう、2年生でも分教室の仲間や武庫荘総合高校の皆さんとともに、切磋琢磨していきましょう!

この1年間、本当にたくさんの方が分教室のWebページ(ホームページ)を見てくださいました。
分教室生たちの学校生活や様々な取り組みをみなさんに知っていただき、応援していただけたことを感謝いたします。ありがとうございました。
来年度も、どうぞ分教室生たちの活躍をご覧ください!
09:00 | 儀式
本校ホームページ
分教室だより
保健室より
分教室の日々
2015年3月までの交流及び共同学習

進路より
 

分教室  WEBサイト内

2015.5.28~

COUNTER235743

<リンク>兵庫県教育委員会 事務局

特別支援教育課へのリンク
 

無断転載禁止:当校ホームページ内に掲載の写真・文章等の無断転載を禁じます。

 
Copyright (c)2015 
兵庫県立阪神特別支援学校 
All rights Reserved.