2018/03/09

卒業式

| by bun02
 3月8日(木)、分教室1期生の卒業式が、阪神特別支援学校で行われました。
 それぞれに本校に登校し、控室で胸に「卒業おめでとう」の記章をつけてもらい、開式までの時間を過ごしました。

 

 式が始まり、ひとり一人、校長先生から、証書を授与されました。
校長先生からは、「いつもメモを取り、何事にも前向きに取り組んでいた姿は、後輩たちに引き継がれていくことでしょう。」と
お言葉もいただきました。
 
 
 
 在校生からの言葉に続き、卒業生の挨拶がありました。
「明日から、進む道は違いますが、分教室で学んだことを忘れずに、前を向いて、胸をはって、歩んでいきます!」
心のこもった挨拶に対し、参列していた皆さんから温かい拍手が送られました。 
 

 在校生、教職員、保護者、来賓の方々からの大きな拍手を受けて、会場を後に、巣立っていきました。


 式後は、クラスで記念写真を撮り、友だちとの別れを惜しんでいました。


 分教室1期生が卒業していきました。
1年生の時は、16名で約1000人の武庫荘総合高校生との生活を送りました、何もかもが初めての中、すべてのことに全力で取り組みました。アビリンピックにも果敢に挑戦し、わずか半年でメダルをとることができました。
2年生では、後輩を迎え、上級生としての自覚が芽生えました。現場実習では、分教室生として、それぞれの場所で力を発揮してくれました。修学旅行では、自分たちで計画・立案し、東京の街を自由に散策し、楽しみました。
3年生になると、進路実現に向けて、それぞれが努力を重ねました。授業では、リーダーとして下級生の指導に当たることもありました。外部施設への活動も、意欲的に行いました。
 このように1期生ということで、毎日が初めての連続だった分教室で、周囲を信じ、自分を信じ、力いっぱい取り組んでくれました。1期生の姿が、この3年間の分教室を作り、後輩たちの礎となりました。1期生の頑張りに、感謝申し上げます。ありがとう、よくがんばってくれました!
 また、何もかも初めての分教室に対し、ご理解・ご協力を下さいました多くの皆さま、ありがとうございました。みなさまのお力添えがあり、無事に卒業の日を迎えることができました。心より感謝申し上げます。また、今後も1期生の未来を応援してくださいますよう、よろしくお願いいたします。
13:00
本校ホームページ
分教室だより
保健室より
分教室の日々
2015年3月までの交流及び共同学習

進路より
 

分教室  WEBサイト内

2015.5.28~

COUNTER234694

<リンク>兵庫県教育委員会 事務局

特別支援教育課へのリンク
 

無断転載禁止:当校ホームページ内に掲載の写真・文章等の無断転載を禁じます。

 
Copyright (c)2015 
兵庫県立阪神特別支援学校 
All rights Reserved.